かごめかごめの真実とは

空海様が私に教えてくれた秘密の暗号

今だからこそ出願できる「聖地神河」、私だからこそ守れる「聖地神河」

2017-11-12 03:05:36 | かごめかごめの真実とは

2017年11月12日(日)

 「神河町は世界の聖地なのです」と私が話せば、「よそ者は排除する」という、人から笑われる今だからこそ、「聖地神河」の商標出願が可能なのです。

神河町の確かな輝く未来が私には見えます。

神河町の農業を守るには、強固なブランドの確立と、それを守る特許戦略が欠かせません。

聖地神河のお米 

聖地神河のお味噌

聖地神河の醤油

神河町でとれた農作物と、それらで加工された商品には全て、「聖地神河」の文字がつきます。

作っても売れないから政府の減反政策に甘んじる。

でももうその減反政策も2018年で廃止。

減反政策は、転作を促す政策でしたが、転作しても売れない。

売れないから・・食べていけない。

だから・・、泣く泣く「お前は都会へ行って暮らせ」となり、過疎化し、限界集落には良き時代のあの綺麗な棚田が見られなくなっていく。

でも・・、神河町は奇跡の町となって甦ります。

都会へ出て行った息子や娘さんたちが孫を連れて帰ってきます。

お盆や正月にだけ帰ってくるという話ではないですよ。

都会での疲れた生活をやめて、お父ちゃんとお母ちゃんが暮らす、自分の故郷で生き生きとした生活を求めるようになります。

「聖地神河」の世界的ブランドがそれを可能にしてくれます。

だって神河町は、本当にこれから世界の聖地となっていくのですから。

先人たちが残してくれた人類的世界遺産や、邪馬台国の女王卑弥呼やイエス・キリストの本当の陵墓と、その親族たちの墓が神河町には集中しています。

七福神様たちが眠られている町なのです!

都会へと行った子供たちが帰ってこないはずがありません。

いえいえ、子供たちの友達だって神河町へと移り住みだします。

こうやって過疎化の町は甦っていきます。  

めでたし、メデタシ。

今日も、粟賀の事務所でPM1:00から神河町にある遺跡の試写会を行います。

お気軽にお越しください。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 11月11日の今日は、神河町で... | トップ | 刑部明神と卑弥呼おばさん »
最近の画像もっと見る

かごめかごめの真実とは」カテゴリの最新記事