かごめかごめの真実とは

空海様が私に教えてくれた秘密の暗号

神河町にあるパン工房 丸藤さんからは、卑弥呼が暮らしていた山と陵墓が見える心やすらぐスポットです

2017-07-31 11:13:52 | かごめかごめの真実とは

2017年7月31日

 29日(土)、市川慎さんと薪窯パン工房 丸藤さんへと行ってコーヒーを飲みながら、卑弥呼さんの陵墓と、女王卑弥呼が暮らしていた場所を見ながら、その時代にタイムスリップしていました。

丸藤さんの縁側からその両方が見えるのです。

丸火鉢があって、今は蚊取り線香の煙も小さく揺れて・・、おお~縁側の外にはイグワナの赤ちゃんのようなトカゲがあっちへ行ったりこっちへ来たりと、私を眺めていたようでした。

いよいよ・・、卑弥呼の陵墓から尾根を通って、卑弥呼が暮らしていた場所まで行って、調査をしたいと思っています。

日程はこれから決まって行くと思いますが、その時、一緒に行ってちょっとでもお手伝いしたいと思われる方は、住所と連絡先とお名前をお知らせください。

当日、参加できる人数には制限があると思いますが、是非ともボランティアで参加したいと思われる方は、メールででもお知らせください。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 京都・東京でのセミナーのお... | トップ | 行基さんは、重要な場所に重... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む