かごめかごめの真実とは

空海様が私に教えてくれた秘密の暗号

双葉葵はハートの形

2017-04-05 14:55:43 | かごめかごめの真実とは

2017年4月5日(水)

 4日(火)、事務所に武部さんがやってきました。

「またハートの山を見つけました」と。

それでイエス・キリストの陵墓の横に造られているハートの丘と、仙宮神社近くに見つかったハートの山と、有田の海岸にあるハートの山の三点を結ぶと、ほぼ綺麗な二等辺三角形を描きます。

そして、仙宮神社近くのハートの山は、見事に兵庫県神河町にあるイエス・キリストの陵墓の方向にピタリと向けて造られています。

これらは偶然でしょうか。 いえいえそうではありませんよ。 意図して造られています。

 木嶋坐天照御魂神社の神紋は、双葉葵ですが、そこの神社にある、石組みの祠にあるお稲荷さんで手を合わすと、見事に、神河町にあるイエス・キリストの陵墓に向かって手を合わす設計になっていました。

事務所の双葉葵の葉は大きくなって、見事なハートの形になりましたねぇ。

そして、仙宮神社の宮司さんの説明によると、神社のどこかにハートが刻まれていると描かれていましたが、行く機会があれば探してみたいものです。

神社やお寺の飾りに、瓢箪やハートの形が刻まれていますが、瓢箪は「モーセ」で、ハートは間違いなく「イエス・キリスト」を表現しています。

この国の礎を造った人、モーセとイエス・キリストを神社やお寺では祀る中心にしています。 そろそろ、そのことに我が国の人々は気づかなければなりませんねぇ。

木嶋坐天照御魂神社の神紋

事務所のフタバアオイも綺麗なハートの形に育ちましたぁ

上は仙宮神社近くのハートの山

上は有田のハートの山

上はイエス・キリストの陵墓横のハートの山

神社やお寺の飾りにもハートが印されています

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仙宮神社の磐座は、モーセの... | トップ | 古代の王家の方々のお墓参り... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む