かごめかごめの真実とは

空海様が私に教えてくれた秘密の暗号

古代の王家の方々のお墓参りは続いています

2017-04-06 10:55:29 | かごめかごめの真実とは

2017年4月6日(木)

 4月1日(土)に伊勢へと行って、翌日2日(日)に重要な場所へと行きました。

それは、那須で起きた雪崩事故が教えた重要な祭祀場と古代の王家の人の墓でした。

重要な祭祀場は、見事に富士山の剣ヶ峯に向かって遥拝するように造営されていました。

そしてその場所から南の方へとわずかばかり車を走らせた場所にお墓はありました。

日本列島を縦断する南北ラインの重大な霊ライン上にその場所はあり、でも今は誰も入らない藪の中に存在していました。

見事に、呼ばれた場所へと行くと、一段盛り上げて造られたお墓の後が見て取れました。

毎回そうですが、そのお墓参りをした後で又、次々と古い時代の秘密を教えられることになりました。

仙宮神社の秘密もそうでしょう。 でもそこからもっともっと重大な秘密を教えられることになりました。

教えられた古代の王家の方々のお墓へと行くことで、次の古代への扉を開けてくれます。

今、どんどんとより古代へ古代へと、歴史の扉が一つ一つ開かれ行く様を実際に目で見るように実感する私です。・・そこから次にどんな重要なことを教えられたのか・・と、いうような話は・・つづきます。

さ~~ん! 元気!?

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 双葉葵はハートの形 | トップ | 「応神天皇・桓武天皇の隠さ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む