かぎろひのうた

無系譜の短歌集団として50年の歴史をもつかぎろひ誌社に参加して、かぎろひ誌社と旭川歌人クラブの活動をお知らせしたい

前号合評 2017年3月号1

2017-03-21 17:35:44 | 仲間の歌
    抄出  丹呉ますみ

ひいふうみい三輪までを限りとし冬の朝顔ちから尽きたり        清水紀久子

販売車の吹雪がちぎる楽の音を捕ふと耳になりゐる真昼         佐藤嘉江子

すずめ様ご一行にて本日の櫟の宿は満室となる             柊 明日香

凍て著き街も眠らむ遠く聞く入れ替へ貨車の転結の音          河原由美子

ダイヤモンドダスト流るる早朝をみどりご抱きて歩きし記憶       鎌田 章子
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 20173年月歌会の歌 | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL