同胞(はらから)

将棋に関するあれこれ
糖質制限ダイエット備忘録
B級グルメ探訪記

igoよろしく

2011-03-05 08:56:17 | 囲碁
囲碁を始めました。(笑)

何故か??? 囲碁の世界も楽しそうだから、ちと興味が沸いて来たのと、隣の日本棋院アマ四段の先生の、お相手が出来れば○○防止にも・・・・。

ここ1年くらい、将棋を強くなりたい子の為にラーニング・システムを考えて来ましたが、学習の高速道路の先の大渋滞を読んでから、自ら教室の子に薦める事は、封印して暖めご飯にしてお蔵へ入れる事にした。

でも、折角研究したのだから使いたくなるのも人情で、他の人に迷惑にならない様に自分の学習方法にすれば良かとね・・・となった。

一応、目標なるものを徐に浮かべてみた。

参段くらいになって、囲碁仲間に入れて頂いて楽しい時間を過ごせれば良いな~~。

これくらいな単純な目標で、楽しみながら進む事にした。

隣の四段の先生に、六子(将棋で言えば2枚落ち)で、格好が出来たら高山の囲碁大会級位戦に出てみよう。

そこで、今の学習レベル。

1.詰碁
 
趙治勲先生の「ひと目の詰碁」を毎日解く事からだが、当然解けないので、イメージで一手決めてから答えを見る。
これを最初のページから反復行う事にした。
 
 将棋でも10枚や8枚で、飛車・角が成り込んでも詰ます技術が無ければ勝てない。
 ここは、終盤の国から来てる子をお手本に、先ず詰碁から始める。

2.9路盤でソフトと対戦

日本棋院のHPから、GOGame9をDL、将棋でいえばハム将棋に勝ってから、また「どうぶつしょうぎ」で基本を勉強するのと同じで、9路だから3分くらいで一局が終わるので、手軽に感覚を磨く。

3.プロの実戦を観る

棋譜並べは基本だが、19路なんて追えないから、9路盤のプロの実戦を観ることにした。
囲碁女流9路棋戦「妙花」のHPへ行って、実戦の流れを観る事にしたが、手の意味がまったく理解不明。(笑)

4.実戦

隣の四段氏と、六子でガンガン。
1,000回負ければ、初段になれるかも。(笑)


Comment
この記事をはてなブックマークに追加