カガラ山の仙人

日常の 出来事、感じたことを 
  思いつくままに 写真を 中心に 掲載します。

☆ 武田山 登山 - 2

2017-12-18 | 日記

・急坂を 武田山 山頂を 目指して 登っています。

 

・武田山 山頂への 案内板です。

 

・やや 広く なりました 山道を 登って います。

 

・展望広場に 着きました。

 

・展望広場より 安田女子大学 周辺が 綺麗に 望めます。

 

・権現山も 望めます。

 

・荒谷山も 綺麗に 望めます、休憩を 兼て 眺望を 楽しみました。

 

・展望広場でも 記念の 写真を 撮ります。

 

・展望広場の 周囲にも 自宅より 100本位 持参した ツツジの 苗を 丁寧に 植えました、

 何本 つくかは 解りませんが 植えています。

 

 

 

・温度は 低いのですが 苗を 植えることに 頑張り ましたので 汗が 出て 来ましたので 

 ジャンバーを 脱いで 身軽にして 武田山 山頂へと 登ります。

 

・分岐点まで 登って 来ました、左折しますと ファミリーコースを 利用して 登れますが 

 今日は 直進して 急坂道を 利用して 山頂へ 登ります。

 

・直進コースは、近道には なりますが 急坂道に なります。

 

・急坂道を 頑張って 登って います。

 

・くるわ の 跡 の 標識柱まで 登って 来ました。

 

・急坂ですので 虎ロープが あります、虎ロープを 利用して 登ります。

 

・続いて 急坂です、虎ロープを 利用して さらに 登ります。

 

・歩きやすい 尾根道まで 登って 来ました。

 

 

・大きな 岩です、この岩が 見張台です、むかしは ここより 太田川が 望めたそうですが 

 現在は 木々に 囲まれて 望めません。

 

・山道を 犬通し 方面に 進みます。

 

・犬通し の 説明版です。

 

・館跡 方面に 進みます。

 

・竹に 囲まれたのが 見えましたので 近づきますと 竹で 囲んだ中に 植木を 

 保護しているようですが 始めて 見ますので 良く解りません。

 

・階段道を 登りますと 岩が 見えて 来ました、ここで 転んでしまい カメラが 壊れて 

 撮影が 出来なくなりました、撮影は 辞めて 武田山 山頂へと 登ります。

 

 

☆カメラが 壊れて 撮影できせんので ここからは 携帯電話の カメラで 撮影した 写真を 

 掲載します。

・武田山 山頂に 着きました、銀山城跡の 説明版です。

 

・山頂広場の 三等三角形です。

 

・私が 作成した 武田山の 標識です。もう一年位 この場所に あります。

 

・武田山の 標識前にて 記念の 写真も 撮ります。良い天気ですので 素晴らしい 眺望が 

 出来ますので 眺望を 楽しみます。

 

・山頂で 眺望も 楽しみましたので 銀山城跡の 案内板の前で 写真を 撮り 登ってきた 

 山道を ピストンで 降りて行きます。

 ☆ カメラが 壊れ 山頂での 撮影が 出来なかってのが 残念です。

 

                                      ・終わり・・・。

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

☆ 武田山 登山 - 1

2017-12-17 | 日記

・本日は 予定が ありませんので 単独で 久々に 武田山へ

 登ります、武田山 第二公園の 登山口より 登ります。

 

 

・武田山 4号 砂防ダム前に 着きました。

 

・この 階段を 登りますと 武田山の 登山口です。

 

・ヒノキ林が 見えて 来ました、ここが 武田山の 登山口です。

 

・草道を 進みますと ヒノキ林の 入口に なります。

 

・ヒノキ林の 山道を 登って 行きます。

 

・吹通し 広場の 案内柱に 着きました。

 

・休憩を 兼て 吹通し の 案内柱の 前で 写真も 撮ります。

 

・右折して 武田山 方面に 登ります。

 

・武田山 周辺の 案内地図版も あります。

 

・この周囲に 自宅で 挿し木した 沈丁花の 苗木を 植えます。

 

・この 山道を 武田山を 目指して 登ります。

 

・山道は 草も 刈られて 綺麗に 整備されている 道を 

 登ります。

 

・自宅に植えている 竜の ひげを 持参しましたので 山道沿いに

 植えます。

 

・ツツジの 苗も 植えます。

 

 

・やや 急坂道に なりました、温度は 低いようですが

 汗が 出てきます。

 

・ここにも ツツジの 苗を 植えます。

 

・分岐点まで 登って来ました、左折しますと 憩いの森 方面に

 なります。直進して 武田山 方面に 進みます。

 

・武田山への 案内柱です、急坂道ですが 山頂を 目指して

 頑張って 登ります。

 

                ・明日まで 続きます・・・。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

☆ スナックエンドウの 現況

2017-12-16 | 日記

・スナックエンドウは、10月末に 種を 蒔きましのを 畑に 植えてますと ここまで 大きく

 なりました。残った苗は 近所の方へ配布しましたら 喜んで 畑に 植えたようです。

 

・10月末に 種を 蒔いた スナックエンドウは このように 大きく なっています。

 

・11月末に 約200個の 種を 蒔きました、何時も 12月末までに 200個を ポット鉢が 

 出来るのですが 今年は まだ 芽が やっと 出たばかりです。

 

・11月末に 蒔いた スナックエンドウです、まだ 小さな 芽です、この芽が 3センチ位に 

 なりますと 200個の ポット鉢に 植え替えて 根が 安定すれば 畑に 植えれます、

 残りの 160鉢は 何時も 皆さんに 配布してます。

 例年は 12月中旬に ポット鉢に 植えた苗が 200個 出来ていましたが

 今年は 種の植え方が 悪かったのか、寒さのせいか 良く解りませんが 芽が 大きく なりません。

  この状態ですと 苗が 出来るのが 1月中旬に なりそうです。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

☆ ブロッコリーの 収穫時期に なりました

2017-12-15 | 日記

・ブロッコリーを 借り農園に 沢山 植えています、葉っぱが 虫に 沢山 食われていましたので 

 そのままに していました、 久々に 借り農園に 行きますと 立派な 実が 着いています。

 

・沢山 植えてますので こんなに 沢山の 実が 着いて いるのには ビックリしました、

 葉には 虫が 着きましたが 実には 虫が 着いて いませんので

 早速 収穫しまして 皆さんに 配布しました。

 

・10月末に 種を 蒔いた スナックエンドウも 借り農園にも 植えています、順調に 

 大きく なっています、来年 3月ごろから 収穫出来ます。

 

・借り農園にも 白菜を 沢山 植えています、ネットを していましたが 

 消毒を しませんので 虫が 沢山 着いてますので 収穫は 無理と 思いますが。

 

・白長ネギも 大きく なってますので 収穫が 可能の ようです。

 作るのが 趣味ですので 収穫は 妻に 任せていますので そのうち 収穫すると 思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

☆ 高八山 登山 - 2

2017-12-14 | 日記

・道なき道の 山の 傾斜を 赤テープを 頼りに 山頂を 目指して 登り続けましたら 山頂に

 着きました。

 

・三角点 と あさきた里山マスターズの 標識前で 記念の 写真も 撮ります。

 山頂と 言っても 林の中の 一部ですので 眺望も 出来ませんので 写真を 撮り 休憩して 

 下山します。

 

・三角点に タッチして 下山します。

 

・赤い テープを 見つけ ながら 降りて 行きます。

 

・急坂ですので 木の枝を 掴みながら 安全に 降りて います。

 

・山道らしい 道は ありませんが この林は やぶこぎでは ありませんので 服も 破れませんので

 道なき道に しては 楽です。

 

 

・テープを 見つけながら 降り 続けてます。

 

・大きな 木も あります。

 

・無事に 車道の 登山口まで 降りて 来ました。

 

・ゲートボールの グランド場を とうり 降りて 行きます。

 

・この ゲートボール場も 立派な コースです、この  すぐ下には グランドゴルフ場も あります。

 

・広い 車道を 車を 止めている 駐車場へと 降りて 行きます、また 左手には 立派な

 老人ホームも あります。

 

・この セメント階段道を 降りますと 駐車場方面に なります。

 

・山道を ミニ 金閣寺を 見ながら、藤の棚の 下を 歩いて 降りて 行きます。

 

・グランドゴルフ場まで 帰って 来ました、この  グラントゴルフ場の 前に 車を 

 止めていますので 車に 乗り 帰ります。

 今回は 道なき 山道を 赤テープを 見つけながらの 山登りを 楽しみ ました。

 

                                ・終わり・・・。

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

☆ 高八山 登山 - 1

2017-12-13 | 日記

  

・高八山へ 登るために 車で 三国の 花みどり公園へ 向かい 公園の 一番 高い 場所に 

 みくにグランドゴルフ場が ありましたので ゴルフ場の 前の 広場に 車を 止めて

 登山口に 移動します。

 

・公園の 藤の棚の 道を 登ります、ここが 高八山の 登山口 と 思います。

 

・道を 登っていますと 右手に 金閣寺の ミニ建物が 見えて 来ました、この ミニ建物を 

 見ながら 登って 行きます。

 

・アスファルト道を 登って行きますと 立派な 老人ホームも 右手に 望めます。

 

・椿の木を 植えている 横道を さらに 登ります。

 

・アスファルト道の 左手に  草原広場に 登山口の 道が ありました。登山口の

 標識は ありませんが ここより 登ります。

 

・山道を 登り 始めますと 倒木が 山道に ありますので 潜り 抜けて 進みます。

 

・赤い テープを 見つけましたので テープを 頼りに 急坂の 道を 登ります。

 

・山道というより 林の 斜面を 登っている 状況で 山道を 登っている イメージは 

 ありませんが とにかく 山頂 方面に 登って います。

 

・道なき 斜面を 登り 続けて います。しかし やぶ漕ぎ道では ありませんので

 助かります。

 

・斜面を 登っていますと 赤いテープが ありましたので 山道だろうと 判断し 山頂方面に 

 登り 続けますと 山頂の ような 広場が 見えて 来ました。

 

・三角点が ありましたので ここが 山頂 と 思います。

 

・あさきた 里山 マスターズの 高八山の 標識が ありますので 間違えなく 山頂でしょう。

 標高 429.7M です。

 

                             ・明日まで 続きます・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

☆ 腐葉土を 大・中・小に 分別します

2017-12-12 | 日記

・先日に 腐葉土を 持ち帰りました、ほとんどは そのまま 利用 しますが 一部は 

 大・中・小に 分別して 利用します。

 

・腐葉土を 持ち帰って 一週間 置いて 乾燥しましたのを ふるいに かけます。

 

 

・乾燥させた 腐葉土を とうし にて ふるいを かけて 分類します。

 

・腰掛けに 掛けて とうし に 腐葉土を 入れながら 分類しますので 時間が かかりますので 

 腰かけに 座ってから 作業を します。

 

・3種類に 分類します。

 

・これが 小の 腐葉土です、種を 蒔く時に 利用します、この腐葉土を 利用しますと 芽が 

 沢山 早く 出ます。

 また この 腐葉土と 土を 混ぜて ポット鉢へ 苗を 植える時にも 利用します。

 毎回 沢山の 苗を 造りますので この 腐葉土 小が 沢山 必要です。

 

・これが 中の 腐葉土です、畑に 直接入れて 利用します。畑が 柔らかく なります。

 

 

・これが 大に 分別した 腐葉土です、畑を 耕した時に 深く掘り 一番したに 引きます、

 大きい枝は 大根、人参を 植える時は 大きい枝が 畑の中に ありますと タコ根に

 なりますので 畑を 深く掘った 場所へ いれると 良いようです。

 手間は かかりますが 分類して 利用 しますと 便利ですので ご参考にして 下さい。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

☆ 白菜の収穫時期

2017-12-11 | 日記

・今年も 庭の畑 と 借り農園に 白菜の苗を 100本 植えました、途中で 虫が 

   つかないように ネットも かけましたが 残念ながら 沢山の 虫が 着きました

 やはり 消毒を しませんと 収穫は ほとんど 出来ませんね。

 

・このように 大きくなり 収穫を していますが 虫が 沢山 着いているようです。

 

・ほとんどが 虫がついていますので 収穫は 1/3位に なりますが 二人で 食べるのですから 

  充分あります、また 虫が 着いていますので 近所の方に あげる事は 出来ません、

  作るのが 趣味ですので 出来ただけでも 満足です。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

☆ 新米を 購入しました

2017-12-10 | 日記

・新米を 30キロ袋を 4個 購入しました、二人ですが 子供が 取りに 来ますので まとめて 

 購入します。家に 置きますと 狭く なりますので 私が 利用している 空家に 持ち込みました。

 

・30キロの 玄米を 10キロにして 袋に 入れます。

 

・秤で測って 10キロにして その都度 近くの 精米所へ 持ち込み 100円で 

 精米してもらいます。

 その都度 精米したほうが 美味しいとの 事で 手まですが 10キロ毎に 精米所へ 行ってます。

  この作業は 私の 担当で 頑張っています。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

☆ 滝山 登山 - 3

2017-12-09 | 日記

・滝山 山頂に 着きました。

 

・滝山 山頂で 記念の 写真も 撮ります。

 

・Nさん 自家製の 干し柿を 持参してくれました、干し柿は

 私の 大好物ですので 良く食べますが この 干し柿は

 ユズを 利用して 種も 取り除いた 手間を かけて造った

 干し柿のようです、この様な 干し柿は 始めて 食べます

 美味しい 干し柿を 戴き 満足です。

 何時も 自家製の 食べ物を 持参して 戴き ありがとう。

  

・三角点の 上に 置いて 特製 干し柿を 写真に 納めます、

 従来の 干し柿より 柔らかく 種もなく 味が ありました。

 

・山頂の 木の 枝には 山頂記念の 標識板も あります。

 

・山頂の 中心に 三等三角形が あります、山頂は 木々に

 囲まれて 眺望は 望めません、休憩して 下山します。

 

・登って来た 山道を 降りて 行きます。

 

・綺麗に 手入れされた 杉林の 山道を 降りて 行きます。

 

・分岐点の 案内柱まで 降りて 来ました。

 

・杉林にも 日光に 照らされて 明るい 山道を 進んでいます。

 

・尾根道でしょうか 山道は フラットで 歩きやすいです。

・分岐点の 案内柱を 左折して 登山口を 目指して

 降りて 行きます。

 

・杉林を 眺めながら 早い ペースで 降りて 行きます。

 

・登山口の 案内柱まで 降りて 来ました。

 

・ここかは 車道を 降りて 行きます、道の横には 船、

 自転車が あります、ゴミ捨て場に なっています。

 

・車道を 軽快に 降りて 行きます。

 

・東屋が 庭にある 民家の 横まで 降りて 来ました。

 

・民家の 横には 癒される 名文のコメント 案内板が あります、

 また 近いうちに 来たくなる 名文ですね。

 

・水車の里の 案内板まで 降りて 来ました。

 

・民家の 庭に 水車、鳥居も あります。

 

・第2 水車の ある場所まで 降りて 来ました。

 

・もみじ の 紅葉です、大きな もみじで 紅葉が まだ

 綺麗です。

 

・第3水車の里まで 降りて 来ました、以前 この階段道を 登って

 滝山へ 登ったと 思いますので ここが 登山口と 思って

 いました、 ここより 車道を 降りた所に 車を 

 止めていますので 車に 乗り込み 広島市へと 帰ります。

                  

                   ・終わり・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加