鍼灸如何に学ぶべきか~科学的鍼灸論の構築のために~

鍼灸の理論と術にかかわる初歩的・基本的な問題を中心に科学的=論理的に唯物論を把持して説(解)いて行きたい、と思います。

「たたらを踏む」ことの致命的欠陥、ということ〜『武道空手學 概論』に学ぶ〜

2016-11-08 01:09:50 | 覚え書
『2 闘いの場で「たたらを踏む」ことの致命的欠陥とは』(『武道空手學 概論』)で、「隙」について説いて(解いて)いただいている。

そこに説いていただいていること、そのままに手技療法においてもまた人生の凡ゆる問題についても真理である。と思えて、心の底から「凄いことが説かれている。」との思いで、「第五章 特別編・上達への道-達人を志す諸君に」を何度も読み返している。

「そもそも、武道の闘いに関わっての「隙」というのは、闘う場面で闘う武技を用いるのに必要なことを素朴に実行すればいいのに、どうしても闘う場面の肝心なところで、無駄な身体的動作や精神的活動(諸々のココロの動き)を為してしまう、すなわち、関係のない他のことに身心をなんとも無駄に(自分では有意義だとして)働かせてしまう、ことである。これこそを武道における「隙」と称するのである。」
と説いていただいている。

これは、自身の手技療法の実践を振り返っても、自身のまた他人の人生の諸々の事実を振り返っても、まさにその通りだ!と思える。

引用文を自身の手技療法の事実で読むと、「治療・施術に必要なことを素朴に実行すればいいのに、どうしても施術の場面の肝心なところで、無駄な身体的動作(技ならぬ人間技での施術)や精神的活動(世話になっているから、知人の紹介だから等々の思いから必要以上に焦って効果を求める)を為してしまう。すなわち、治療・施術に関係のない他のことに身心をなんとも無駄に(自分では有意義だとして)働かせてしまう。」となり、そのような状態での施術は往往にして失敗してしまうという経験からも、武道における「隙」として説いていただいていること、自身の事実で納得させられる。

例えば、生きることに必要なことを素朴に実行すればいいのに、グルメに走ってみたり、睡眠不足で遊んでみたり、部屋にこもってTVやPC三昧になったり、と無駄なことを為してしまうからの病気への道である。ということにも、武道における「隙」として説かれることから、気づかされる。

武道における「隙」として説いていただいていること要するに、対象の構造に見合った働きかけを!ということであり、人類は歴史的に、多くの分野の対象の構造に見合った働きかけかたを創出して来ているのだから、それを自身の実力として対象に関わっていくことが、失敗しない=負けない方法である。ということだと捉えた。

また、この「隙」ということを識って、「我未だ木鶏足り得ず。」の言を考えて、初めて双葉山というのは大横綱であったのだ。とその凄さが本当に分かるのだ。とも思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 指圧整体の型〜型を如何に施... | トップ | 島バナナ〜自然な食品、の困... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

覚え書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。