鍼灸如何に学ぶべきか~科学的鍼灸論の構築のために~

鍼灸の理論と術にかかわる初歩的・基本的な問題を中心に科学的=論理的に唯物論を把持して説(解)いて行きたい、と思います。

卒業研究で学ぶ統計学(2)〜統計学の実際〜

2017-02-21 17:29:01 | 卒業研究(耳鍼,統計学)
「常には黙して語らぬ数字も、有識の人にのみは口を開く」(グスターフ・リューメリン)

冒頭の言葉は、『統計学という名の魔法の杖』(本田克也 浅野昌充 神庭純子著 現代社)で紹介されている言葉であるが、耳鍼の実験?データが出そろっての現在、データは何も語ってはくれていない、と思える。

具体的には、被験者(男8名、女7名)の耳鍼前のBMI と耳鍼を2週間施した時点でのBMI は、その平均値も標準偏差も、ほぼ同じであり、担当教員からは概略、「データの取りかたが悪かったからか、耳鍼前後でBMI の平均値も標準偏差もほぼ同じで、統計学的には(と言えるのか?……ブログ筆者)耳鍼の効果は認められない。後は、アンケートから解釈していくしかない……」との示唆があった。

しかし、である。そう簡単にデータに語らせることを諦めて、事実の解釈に終始して良いものであろうか?それで研究と言えるのだろうか?まずは、データに語らせる努力をしっかりかつじっくりと行うべきではないか?グスターフ・リューメリンが説くごとく、データというものは、「有識の人にのみは口を開く」のであろうから……統計学的なアタマの働かせかたで、しっかりとデータを視ていきたい、と思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 卒業研究で学ぶ統計学〜デー... | トップ | 卒業研究で学ぶ統計学(3)〜統... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

卒業研究(耳鍼,統計学)」カテゴリの最新記事