鍼灸如何に学ぶべきか~科学的鍼灸論の構築のために~

鍼灸の理論と術にかかわる初歩的・基本的な問題を中心に科学的=論理的に唯物論を把持して説(解)いて行きたい、と思います。

取穴実技(六限目)〜心経、小腸経、心包経〜

2016-11-14 17:22:33 | 覚え書
取穴実技六限目。手の少陰心経、手の太陽小腸経、手の厥陰心包経。併せて上肢の体表指標。(以下、電車内での記憶に頼っての内容なので、不正確な部分は後日訂正し、訂正毎に更新します。)

「体表指標」
円回内筋、橈側手根屈筋、長掌筋、尺則手根屈筋(以上、上腕骨内側上顆起始)

上腕二頭筋(長頭、短頭)

腋窩横紋、肘窩横紋、手関節横紋(掌側、背側)

手根骨(舟状骨、月状骨、三角骨、豆状骨、大菱形骨、小菱形骨、有頭骨、有鉤骨)

「手の少陰心経」
極泉(腋窩横紋中央、腋窩動脈拍動部)、青霊(肘窩横紋上2寸、上腕二頭筋内側)、少海(上腕骨内側上顆内方)、霊道(手関節掌側横紋上1寸5分、列欠と同じ高さ)、通里(手関節掌側横紋上1寸)、陰郄(手関節掌側横紋上5分)、神門(手関節掌側横紋上、豆状骨近位)、少府(手を握って小指のつく位置)、少衝(小指橈則爪甲角)

「手の厥陰心包経」
天池(第四肋間、乳頭外側1寸)、天泉(腋窩横紋下2寸、上腕骨二頭筋分岐部)、曲沢(肘窩横紋、上腕二頭筋腱内方)、郄門(曲沢〜大陵、手関節掌側横紋上5寸)、間使(曲沢〜大陵、手関節掌側横紋上3寸)、内関(曲沢〜大陵、手関節掌側横紋上2寸)、大陵(手関節掌側横紋上、長掌筋腱と橈側手根筋腱の間)、労宮(第二第三、または第三第四中手関節近位陥凹)、中衝(中指先端、または中指橈側爪甲角)

「手の太陽小腸経」
少沢(小指尺則爪甲角)、前谷(第五中手関節遠位陥凹、赤白肉際)、後渓(第五中手関節近位陥凹、赤白肉際)、腕骨(第五中手骨底〜三角骨、赤白肉際)、陽谷(三角骨〜尺骨茎状突起、赤白肉際)、養老(尺骨茎状突起溝、陽谷上1寸)、支正(陽谷〜小海、陽谷上5寸)、小海(上腕骨内側上顆〜肘頭、肘部神経溝)、肩貞以下略。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ガングリオン治療その後 | トップ | 覚え書の加筆修正について »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

覚え書」カテゴリの最新記事