鍼灸如何に学ぶべきか~科学的鍼灸論の構築のために~

鍼灸の理論と術にかかわる初歩的・基本的な問題を中心に、科学的=論理的に唯物論を把持して説(解)いて行きたいと思います。

取穴実技(二限目)〜脊椎と肩胛骨の触診〜

2016-10-17 08:43:02 | 鍼灸術・手技療法術
取穴実技の二限目。督脈の取穴のための脊椎、併せて肩胛骨を触って確認。

先日の取穴実技二限目。督脈の取穴の前提として、脊椎棘突起を一つづつ触れる様に、併せて脊椎棘突起の指標となる肩胛骨、腸骨稜上端=ヤコビー線(腰椎4,5棘突起間)、肩胛骨上端(頚椎7,胸椎1棘突起間)肩胛骨下端(胸椎7,8棘突起間)肩胛棘(胸椎3,4棘突起間)を触れる様にとの授業であった。

これまで、自身では脊椎棘突起を触っても分かりにくい苦手。との先入見あったのだが、教わった人差し指と中指で挟んで触って行く。という方法で行うと難なく触れること出来た。

取穴すること自体にも方法=文化遺産があるのだと、その学びの必要性実感された。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 詰めと必至〜将棋に学ぶ二つ... | トップ | 卒業研究の為の統計学の学び... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。