鍼灸如何に学ぶべきか~科学的鍼灸論の構築のために~

鍼灸の理論と術にかかわる初歩的・基本的な問題を中心に、科学的=論理的に唯物論を把持して説(解)いて行きたいと思います。

T先生実技試験対策(頚部痛・増補)〜本日の症例〜

2017-07-15 21:44:39 | 鍼灸学校での学び・国試勉強・受験勉強
「頚部痛」の症例。

本日の症例、60代女性、K・Sさん、頚部右側の痛みで来院。右前斜角筋に痛み、側方伸展・屈曲ともに痛みあり、回旋、全後屈では痛み無し。右肩関節の前方偏位があるので、小胸筋の短縮を疑い、指圧を加えると首の痛みが軽減した、ので主に肩関節、加えて手関節、指関節の矯正を行なったところ、右側頚部痛は消失した。

「問診:痛み、可動域制限の聴取」
右頚部痛。側屈時(左右とも)に痛みがある。

「患部の観察:圧痛、可動域確認」
頚部、側屈時(左右とも)に右前斜角筋に痛みあり、回旋、全後屈では痛み無し。
その硬結が
「徒手検査」
ジャクソン、スパーリングともに陰性。

「損傷部の理解」
僧帽筋、肩甲挙筋に緊張、圧痛あり。右胸鎖乳突筋に緊張あり、圧痛無し。

「治療方針:SFL」
右胸鎖乳突筋の筋筋膜の繋がり(SFL:スカーフ様ループ)を触診していって、緊張があり圧痛もあった小胸筋への刺鍼を行なった。

もう一例。60代女性、Y・Yさん。右首の付け根から肩にかけてのコリで来院。右僧帽筋に強いコリがある。首右回旋に制限がある。

「問診:痛み、可動域制限の聴取」
右首の付け根から肩にかけてのコリ。可動域制限特に無し。

「患部の観察:圧痛、可動域確認」
右僧帽筋上部繊維首から肩にかけて張り、肩井に圧痛、左右差でみると右回旋に制限あり。

「徒手検査」
ジャクソン、スパーリングともに陰性。

「損傷部の理解」
右僧帽筋上部繊維に圧痛、コリがあり、右胸鎖乳突筋の短縮、緊張があるので、右胸鎖乳突筋の短縮、緊張が右僧帽筋上部繊維の運動を妨げた結果としての、右僧帽筋上部繊維のコリ、圧痛であると考えられる。

「治療方針:SFL」
右胸鎖乳突筋の筋筋膜の繋がりをSFLによって辿って触診して行くと、胸骨体右側に硬結・圧痛部位が存在したので、その硬結部位が右胸鎖乳突筋の短縮・緊張を引き起こしていると考え、胸骨体右側の硬結部位に刺鍼する。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« T先生実技試験対策(膝部痛)〜... | トップ | T先生実技試験の課題について... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。