鍼灸如何に学ぶべきか~科学的鍼灸論の構築のために~

鍼灸の理論と術にかかわる初歩的・基本的な問題を中心に、科学的=論理的に唯物論を把持して説(解)いて行きたいと思います。

T先生実技試験の課題について〜真犯人=真因を探せ〜

2017-07-16 19:31:21 | 鍼灸学校での学び・国試勉強・受験勉強
T先生の実技試験の課題について考えて行くと、症状とは全身の歪みが現象したものと捉えるべき、と思える。

実技試験の課題、「頚部痛」「肩部痛」「腰部痛」「膝部痛」の圧痛部位の確認をして、それをそれぞれ「SFL」「肩甲胸郭関節」「SPL」「SHM」の問題として、圧痛部位とは別の部位への施術によって治していくということを考えていくと、そしてそのことの実践が往往にして大きな成果を発揮するということを経験し続けて行くと、前期のT先生の実技授業でT先生が述べたかったことが、視えてきたように思える。

それは端的には、症状というものは、その原因は二重構造を持つであり、症状のある部位がその症状の原因であるだけでなく、症状のある部位以外にその原因のあるという場合が往往にしてあるのであるから、単純に現象としての症状のある部位への施術を行うだけでなく、「SFL」「SPL」等の全身の繋がり、人間体の一般的なつながりの構造ということを知識としてでも分かって、それを手掛かりとして、しっかりと対象の構造に分入っていくことで、症状の真犯人=真因を探っていっての施術でなければならない、ということである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« T先生実技試験対策(頚部痛・... | トップ | 夏の冷えについて〜(自身の)... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。