鍼灸如何に学ぶべきか~科学的鍼灸論の構築のために~

鍼灸の理論と術にかかわる初歩的・基本的な問題を中心に、科学的=論理的に唯物論を把持して説(解)いて行きたいと思います。

耳鍼の減量効果について、若しくは耳鍼効果の二重構造について

2016-09-19 15:42:15 | 覚え書
 耳鍼研究の目的について。本来ならば、その方法論との絡みで決定してこなければならないのであろうが、グループ研究ということになるので、そこがなんとも難しい。

  現代日本社会において肥満(とそれにともなう生活習慣病)は大きな社会問題となっておりその対処が求められている。それゆえ国家・社会レベルでも個人レベルでも様々な取り組みがなされている現実がある。
 しかしながら、肥満の問題は原理的には食と運動の歪みであるとされるものの現実的には確たる解決の方法は未だに無い、と思える。

 本研究は、そのような問題である肥満の解消ということに対しての鍼灸としての解決の方法である「耳鍼」の有効性の先行研究の成果に触発されての追試であり検証である。
 それとともに、先行研究で報告されている「耳鍼によって、太っているグループのものは痩せ、痩せているグループのものは太ることで両グループともに標準体重へと近づいていった。」という耳鍼の効果の二重性が、耳鍼の効果の構造と本質を明らかにしてくれるものであろうと捉えられたので、その追試と検証をも目的とした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 耳鍼研究の目的〜いくつかの... | トップ | 耳鍼の先行研究について〜究... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。