鍼灸如何に学ぶべきか~科学的鍼灸論の構築のために~

鍼灸の理論と術にかかわる初歩的・基本的な問題を中心に科学的=論理的に唯物論を把持して説(解)いて行きたい、と思います。

雪駄の歩きかた〜進歩はまた退歩でもある〜

2017-06-22 21:37:07 | 日記
雪駄には雪駄の歩きかたがあるということ、痛感される。

ブログでも取り上げた、靴の歩きかたそのもので歩いていた浴衣美人のそのおかしさに気づいて以来、自身の雪駄での歩きかたを雪駄の構造に合わせるということに取り組んでいる。結果として、雪駄で歩くだけでは無しに雪駄で走ることも可能となって来ている。

それは滑る大理石の上でも同様であり、ゴールデンウィークの頃に、いつ滑って転倒するかと戦々恐々として大理石の床の上を歩いていたことが嘘のような現在である。

しかしながら、それは歩く実力の向上=進歩であると直接に、雪駄での鍛練と考えると……。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 月よ我に七難八苦を……。〜自... | トップ | 五要穴と五行穴(2・増補2)〜... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事