鍼灸如何に学ぶべきか~科学的鍼灸論の構築のために~

鍼灸の理論と術にかかわる初歩的・基本的な問題を中心に、科学的=論理的に唯物論を把持して説(解)いて行きたいと思います。

条口↔︎承山透指〜条口→承山透刺の実践〜

2017-03-21 09:18:11 | 鍼灸術・手技療法術
指圧による条口→承山透刺を試している。その効果に驚かされている。

条口→承山透刺を自身で試して効果実感出来たので、腕が上がらない、痛みがある、痺れがある首が回らない、痛みがある等の患者に対してその効果試している。現在、5例に対して試して4例には、痛くて上がらなかった上肢が上げられるようになった等の効果があった。

また、効果があった患者の共通性として、コリ・ハリの流れ、分布がほぼ同じということ、条口、承山に圧痛があるということがある。引き続き試していきたい。
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
« 卒業研究終了(6)〜生理学的な... | TOP | 『実験医学序説』に学ぶ(増補... »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。