鍼灸如何に学ぶべきか~科学的鍼灸論の構築のために~

鍼灸の理論と術にかかわる初歩的・基本的な問題を中心に、科学的=論理的に唯物論を把持して説(解)いて行きたいと思います。

河原の全力疾走〜集団力は個人の限界の突破を可能とする〜

2017-06-13 17:33:24 | 日記
石だらけの河原での走ること行なった。人間は社会的な存在であるということ痛感する。

本日の昼休みの鍛練、石だらけの河原を全力で走ること行なった。これまで、走ること行なってはいたのだけれども、かつ主観的には全力での走ることであったのだけれども、本日の走ることに比べれば、随分とセーブしての走ることであったと思える。

では何故にと言えば、本日は職場の同僚のY先生が見に来ていたということでしかないのであるが、そのことで自身の認識は、「これ以上の速さで走ると怪我をする」という消極的なものから、「もう少し、もうちょい」というように一回走るごとに、「前回よりも少しでも速く」という、せっかく見に来てくれたのであるから、自身の限界を突破しての走ることを見せたい、との積極的な認識へと変わっていたから、と思う。

人間というものは、そこまでしても他人から賞賛されたいものなのだ、と我がことながら呆れてしまうのだが、人間がそのような性質=社会性?を持つものならば、それを利用しない手は無く……集団での学びの意義はそういう事でもあるのだと……。
もう少し気温が上がれば、河原の石も暑く熱を持つので、いよいよ足裏鍛練の本格的な季節である。本日の出来事で今夏は一層の成果が期待される。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 鍼灸の理論と実践の乖離につ... | トップ | 河原を走ることの効用〜足裏... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。