鍼灸如何に学ぶべきか~科学的鍼灸論の構築のために~

鍼灸の理論と術にかかわる初歩的・基本的な問題を中心に、科学的=論理的に唯物論を把持して説(解)いて行きたいと思います。

北朝鮮の核・ミサイルについて〜事実で考えるということ〜

2017-04-20 07:11:36 | 日記
北朝鮮の核・ミサイルが非難されている。アメリカ・中国が言うなよ、とも思う。

北朝鮮の核・ミサイルの問題、迷惑至極な話であり、拉致問題等も含めてもういい加減にしろ!となってしまうのが日本人の当たり前の感情であると思う。

しかしながら、一方で核保有国であるアメリカ・中国が言うなよ!とも思う。これは事実で考えてみれば分かっていただけることと思う。

例えば、ある職場で遅刻欠席サボりの常習者がいたとする。その彼が、他の社員がサボることを非難する図を思ってみていただければ、「お前が言うなよ!」となる、のは納得いただけると思う。

もっとも、そのベテラン?社員を真似て同じくにサボるのをみれば、その主体性の無さに呆れてしまうし、ましてそれが仕事もろくに出来ない新入社員であれば、「十年早い!」とも思えるのであるから、アメリカ・中国の心情も分からないではない。

また、何よりもきちんと仕事をしている社員からすれば、サボっている社員も、それを真似て「〇〇さんもサボっているから!」とサボる社員も、「お前ら全部馬鹿ばっかり!」となって当然なのであるが。

そう考えると、北朝鮮の核・ミサイルを非難していいのは日本なのだが……。
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
« 鍼灸学校初年度如何に学ぶべ... | TOP | Τ先生鍼灸実技授業〜解剖的鍼... »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。