“科学技術書”読書室―SBR―                      科学技術研究者   勝 未来

科学技術書・科学書・技術書・理工学書ブックレビュー・書評/新刊情報/科学技術ニュース   

★科学技術ニュース★慶應大学、レアメタルを使わないでスピントロニクスデバイスの性能を飛躍的に向上

2016-10-20 06:25:38 |    電気・電子工学

 科学技術振興機構(JST)の戦略的創造研究推進事業の一環として、慶應義塾大学 理工学部の安藤 和也 准教授らは、ありふれた金属の酸化というこれまでの常識を覆すアプローチにより、スピントロニクスデバイスの性能を飛躍的に向上させることに成功した。

 今回、同研究グループは、古くから広く産業で用いられてきた銅を自然酸化させるだけで、最も高性能なスピントロニクス材料の1つである白金に優るスピン軌道トルクを生み出せることを明らかにした。

 この発見により、レアメタルを使わずにスピントロニクスデバイスを実現する道が初めて開けた。

 これまで注目されてこなかった金属の酸化によって生まれるスピントロニクス現象の基盤研究が進み、超高速・低消費電力のデバイスの開発、およびそれを用いた情報化社会の実現への道が開けることが期待される。

ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ●科学技術書<新刊情報>●「... | トップ | ★炭素ニュース★産総研、石炭... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。