“科学技術書・理工学書”読書室―SBR―                 科学技術研究者   勝 未来

科学技術書・科学書・技術書・理工学書/ブックレビュー・書評/新刊情報/科学技術ニュース   

★科学技術ニュース★NICT、「ナショナルサイバートレーニングセンター」を設置及び若手セキュリティエンジニア育成プログラムを創設

2017-04-21 10:57:02 |    情報工学

 情報通信研究機構(NICT)は、実践的なサイバートレーニングを企画・推進する組織である「ナショナルサイバートレーニングセンター」を4月1日付けで設置した。 これを受け、4月3日から、同センターにおいて、若手セキュリティエンジニアの育成を目的とした新規プログラムである「SecHack365(セックハック サンロクゴ)」の受講生の募集を開始する。

 現在、わが国全体として、多様化・悪質化するサイバー攻撃に対抗し社会の安全を守っていくため、その担い手となるサイバーセキュリティ人材の育成を一層加速していく必要に迫られている。

 このような背景を踏まえ、NICTは、平成29年度総務省予算の成立を受け、実践的なサイバートレーニングを企画・推進する組織である「ナショナルサイバートレーニングセンター」(センター長 園田 道夫)を、4月1日付けで設置し、以下のような取組を推進していく。
 
   ① CYDERの開催規模の大幅な拡充(47都道府県で100回3000人実施予定)

   ② 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の適切な運営に向け、大会開催時を想定した模擬環境下で行う実践的なサイバー演習「サイバー・コロッセオ」の実施予定

   ③ 若手セキュリティエンジニアの育成を目的として、NICTが若年層のICT人材を対象に、セキュリティの技術開発を本格的に指導する新規プログラムである「SecHack365」の創設

ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ●科学技術書<新刊情報>●「2... | トップ | ★科学技術ニュース★「猿橋賞... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。