散文的で抒情的な、わたくしの意見

たぶん歴史の話が多く、それからドラマの話など書くと思います。コメントやトラックバック、対応できませんがご自由に。

敗戦は戦後世代にとっては非常に幸福な出来事だった。

2016年12月20日 | 日記
敗戦。

1945年の敗戦です。連合国に負けました。アメリカ、中国、ソ連、欧州なんかに負けたのです。

あの戦争がなかったら、と考えると恐ろしくなります。

日本があの戦争を起こさずに、負けもしなかったら。

大土地所有制度がまだ残っています。財閥も当然残っている。韓国のような超格差社会になってしまう。

流石に女性参政権は実現したでしょうが、1960年ごろまでかかったのではないか。

何より高度成長が起こりません。

「戦前の社会」がいまだに強く残っている社会になるのです。

だからあの戦争は「良かったのだ」とはならない、ところが複雑です。

私の母などは戦中子供でした。で苦労した。でも戦後は70年も平和な社会に生きています。人生の圧倒的時間が「平和」なのです。

生き残った戦中派にとっても、敗戦は結果としてこの上ない「幸福」をもたらしました。

かわいそうなのは死んだ人々です。日本だけでなく、アジア、欧州、米国、オーストラリア等の死んだ人々。

でも我々戦後派にとって、あの「敗戦」はこれ以上ないようなラッキーな出来事でした。

すべて結果論だとしても、歴史の不思議さです。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 真田丸 最終回 知っている... | トップ | 真田丸  長澤まさみ「きり... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。