散文的で抒情的な、わたくしの意見

たぶん歴史の話が多く、それからドラマの話など書くと思います。コメントやトラックバック、対応できませんがご自由に。

高橋和夫著「中東から世界が崩れる」を読んで。

2017年06月18日 | 日記
高橋和夫さんの最新作といっても1年前なので状況は変化しているのですが、とにかく最新作「中東から世界が崩れる」を読んでみました。

アメリカでシェールガス革命がおこった結果、というよりアフガン、イラク戦争でアメリカが疲弊した結果、アメリカは中東への興味を急速に失いつつある。その結果、中東での覇権争いが起きている。これは「新たな列強の時代」とでもいうべき状況である。
キーとなる「人間集団」はイラン、サウジアラビア。そしてロシア、トルコ、イラク、クルド、中国などである。

特にイラン、サウジアラビア、トルコ、クルドに多くのページをさいています。

イランとトルコは中東といっても特殊な国だという指摘があります。トルコはかつてオスマントルコという大帝国でしたし、イランはペルシャです。

ペルシャとはつまり古代の中東の覇者です。ササン朝ペルシャ、アケメネス朝ペルシャ。言語はペルシャ語でアラブ語ではない。他の中東の国とは本質的に違う国だという認識が必要だと書いてあります。

トルコも似ています。しかもオスマン朝トルコは近代の国家です。「古代の栄光」ではなく、近代においても栄光ある国家だったのです。

他の中東の国はエジプト、イスラエル以外は「国もどき」なんだという指摘もあります。あ、でもイスラエルが「国民国家だ」とは書いてありません。中東には「国民国家」はイラン、トルコ、エジプトの3つしかないと書かれています。

現在の中東の覇者と思われているサウジアラビアも実は国もどき。国民国家ではなく、国民は労働すらせず石油で暮らしている。労働は外国人労働者が担っている。アメリカは武器を買ってくれるので重宝に扱っていたが、近ごろは副皇太子がはりきって「その武器を使おうと」している。「国もどき」が武器なんか使いはじめたら、来るものは「混乱」しかない。

最近でもカタールがいきなりサウジアラビア等から国交断絶されましたが、理由は「イランと仲良くしているから」です。

サウジアラビアとイランの覇権争いは年々激化しており、そこにトルコ、ロシア、中国がからんでくる。国をもたない世界最大の民族クルドがあり、イスラエルがあり、さらにISの存在がある。エジプトは今は混乱しているが本来はアラブの盟主となりうる国である。少なくともサウジアラビアのような「国もどき」の人間集団ではなく、「国民国家」である。

というわけで中東の大幅な再編成がやってくると予想しています。中東における日本の評価は今は「とにかく正直な国」というものである。日本人は騙さない、このイメージを損なう行動をとらなければ、アメリカなんぞより日本の方がよほど中東において大きな役割を果たすことができる。

一回読んだだけですが、まあそんなことが書かれていると感じました。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヨハネ黙示録とかノストラダ... | トップ | 2017年7月 Netflix, Hu... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。