散文的で抒情的な、わたくしの意見

たぶん歴史の話が多く、それからドラマの話など書くと思います。コメントやトラックバック、対応できませんがご自由に。

ヨハネ黙示録とかノストラダムスとか終末論とか

2017年06月18日 | 日記
ヨハネ黙示録の作者は分かりません。ヨハネなんでしょうが、そんな名前は極めて一般的な名前で、どこのヨハネかはわかっていません。

この著作はローマ帝国の崩壊を予言したものです。もうちょっと書くと「ローマなどこうやって破滅してしまえ」という作者の強烈な願いが書かれた本です。

直接にはローマと言わずバビロンとか言っています。つまり「全世界の未来」のことを書いているのではなく、現実のローマに対する不満と願望的予言を書いている著作です。

そういうことが忘れられて、今は「未来に全世界にこういうことが起きるぞ、でも信仰があれば救われるぞ」という感じの著作になっています。

ヨハネ黙示録を新約聖書に含むかは反対意見もありました。が結局含まれることになったようです。

キリスト教も基本的には終末論宗教なのです。もっとも今はすべてのキリスト教徒が終末を「待望」しているわけではなく、キリスト教原理主義者だけが望んでいるという状況かと思います。

ユダヤ教もキリスト教も「基本的」には「終末がきたほうがいい」という宗教だということです。世界には終末待望者が結構いるということが日本ではあまり理解されていないような気がします。

終末とは神による「世直し」です。今の悪い世界を滅ぼして、新しい善の世界が作られる、信仰があるものはその善の世界に行くことができます。

日本では終末論は「このままじゃ終末が来るから、人間の努力によって未来を変えよう」という流れの中で言われることが多いですね。

たぶんキリスト教圏でも穏健なキリスト教徒は同じなんでしょうが、新興宗教なんかは終末論を利用して信者を増やすことも多いようです。大川の「ノストラダムス戦慄の啓示」とかがそうですね。

ヨハネではちょっと古すぎるので、ノストラダムスを利用します。1999年に世界が滅びるなんてノストラダムスは書いてませんが、日本では書いていることなっている(五島勉の著作によって)ので、ノストラダムスを利用します。でも1999年が過ぎてしまいました。

終末論者が自分で終末を引き寄せようとした例としてはオウム事件があります。ただ地下鉄にサリンをまいても終末にはならないわけで、結局むごい人殺し事件を起こして罪なき人を殺しただけでした。

五島勉は今はアメリカの同時多発テロが「恐怖の大王だった」と言っていますが、1999年8月には「謝罪」をしています。

文明への警告だった、迷惑をかけたなら謝罪するとかいう内容だったかな。まんざら嘘でもないというか、実際70年代には世界の破滅が迫っていると感じさせる「冷戦という現実」「核開発競争」がありましたから、多くの人が「ありうる」と考えたのにも理由があったのです。

五島勉を擁護する気持ちは全くありませんが、「このままじゃまずいぞ」という土壌があったから、あのインチキ本はあれほど売れたのだと思います。
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 田川健三「キリスト教思想へ... | トップ | 高橋和夫著「中東から世界が... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。