散文的で抒情的な、わたくしの意見

たぶん歴史の話が多く、それからドラマの話など書くと思います。コメントやトラックバック、対応できませんがご自由に。

「花神」の中の大村益次郎・村田蔵六 序章

2017年03月06日 | ドラマ

小説の方の「花神」(司馬遼太郎さん)は、「あれは恋だったのか」というテーマからはじまります。

あれ、というのは村田蔵六(大村益次郎)とシーボルト稲の関係です。

ここでちょっと村田蔵六(大村益次郎)の高校生向けの解説。

幕末から明治初年まで生きた長州の戦略家、軍略家です。もともとは蘭学者です。百姓(医者)身分の出身です。一言でいうと「彰義隊を滅ぼした人」です。
長州征伐では幕府をしりぞけ、戊辰戦争では旧幕府勢力をしりぞけ、明治維新の実現を軍事面で支えました。「明治維新の仕掛け人が坂本龍馬なら、仕上げ人は大村益次郎」などと言われたりもします。
「花神」とは「花さかじいさん」のことです。明治維新がもし「正義であるとするなら」、その花を咲かせる仕事をした、と司馬さんは言っています。
三谷幸喜さんは「好きだった大河ドラマの主人公の筆頭」として村田蔵六を挙げています。

これから私が書く村田蔵六(大村益次郎)とは「ドラマの中の人物」です。史実とはたぶん少し違うでしょう。まあ「史実って何だ」とわたしはいつも思うのですがね。難しい問題。

司馬さんは明治維新を3段階で考えています。思想家の時代、革命家の時代、技術者の時代です。それぞれの時代の代表者が、思想が吉田松陰、革命は高杉晋作、技術者が村田蔵六です。

坂本龍馬はどうなんでしょう。革命家で技術者かな、私は勝手にそう思ってます。

思想家、革命家、技術者は次のようにも表現できます。アジテーター、ロマンティスト、リアリスト。テクノクラートの本質はリアリズムです。

つまり村田蔵六は技術者テクノクラートであり、リアリストです。そのリアリストを描く長編を書くにあたって、司馬さんは「あれは恋だったのか」というテーマからはじめるのです。

そして物語の展開の中で、蔵六と稲の「不思議な恋」を描いていくのです。

流行作家だから、と言ってしまえばそれまでですが、私が最初に小説を読んだ時は、この「あれは恋だったのか」というテーマが強く心に残りました。

村田蔵六は妻帯者で琴さんという夫人がいます。でもシーボルト稲に命をかけたような恋情を「もたれて」(つまり惚れられて)しまうのです。

彼はブ男です。気合いの入ったブ男です。シーボルト稲さんは大村益次郎という男の「才能」「人間性」「彼の本質」に惚れます。死をみとったのもシーボルト稲です。

「近代的合理主義の権化」のように思われることの多い大村益次郎ですが、少なくとも「花神」の中の彼は「それだけの人間」ではありません。

郷土愛に満ちたパトリオットですし、何より彼もまたシーボルト稲に深い恋情を抱きます。

しかし、「そういう複雑な関係を自分は持てない人間だ」「琴があまりにかわいそうだ」ということで、自制に自制を重ね、シーボルト稲を突き放します。

最後は涙まで流して「今生では無理だ」とあきらめようともがくのです。

むろん彼は村人が「暑いですね」と挨拶すると「夏だから暑いのは当然です」というような人間としても描かれます。

強いロマンティズムを内包しながら、テクノクラート、リアリストであることに徹しようとした「複雑な人間」、それが「花神」の中の大村益次郎、村田蔵六です。

司馬さんが評価するのはリアリストですが、本当のリアリストはあまり描きません。たとえば「峠」の河合継之助。ガトリング砲を買ったりするのはリアリストの行為です。軍事力は増大しますから。

でもそれで長岡藩と言う小藩を「独立勢力にしようとするのは」、「夢」ですね。ロマンティズム。このおかげで随分と長岡藩は犠牲者をだし、死後、彼は長岡では憎しみの対象にもなりました。

こういう変なリアリスト。ロマンティズムを秘めたリアリスト。司馬さんがよく描いたのは、そういう人物です。

二章につづく。

『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 下天のうちを比ぶれば、、ま... | トップ | 教育勅語、軍人勅諭と山縣有朋 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。