散文的で抒情的な、わたくしの意見

たぶん歴史の話が多く、それからドラマの話など書くと思います。コメントやトラックバック、対応できませんがご自由に。

聖書学の面白さ

2017年06月16日 | 日記
「聖書学」ってのは面白い学問です。

徹底的に聖書を「相対化」するのです。コーランに対してこれはできません。でもキリスト教聖書にはできる。

もともと

聖書がなくても、キリスト教は成立するのです。キリスト教がユダヤ教から分化して200年ぐらいは実際、なかったわけですし。まとまった本としては。

戦国時代、キリシタン大名とかが出てきますが、日本版の戦国聖書なんてものはない。聖書がなくても伝道は成立するのです。

だいたい、字が読める人間なんて近代になるまで非常に限られたエリートだったわけで(日本はやや識字率が高かったのですが)、聖書があっても中世の民衆には読めません。

聖書がないほうが、バチカンはやりやすい。指導者の言葉が真実だってことにすればいいわけです。「聖書にはそんなこと書いてないぞ」と言われなくてすむ。

これは宗教改革がバチカンへの反抗としてはじまり「聖書のみ」を重視した歴史からも明らかです。

というわけで、聖書を「相対化」してもそれほど教会主流は困らない。で、堂々と「聖書研究」ができるのです。

もっとも、それでも、護教的な聖書学者と、護教から自由な聖書学者はいます。後者の方がむろん面白い。

私は信仰なんて持てない人間ですが、聖書学は知的関心事項としてとても面白いと思います。

まあ、よくも細かく調べるもんだなと思います。しかも、古べブライ語、古アラム語、古ギリシャ語が読めないとできない。

日本人でもそれができる人間がいる、というだけで、語学嫌いの私には驚きです。

マルコが最初に書かれました。それからマタイ、ルカ、ヨハネ。パウロの手紙。

手紙はともかく福音書の筆者が誰かは分かりません。とにかく全部ギリシャ語です。イエスはアラム語ですから、生きていたとしても新約聖書が読めるのか?読めないという説もあります。

マルコを読んだルカという人とマタイという人が、「これはちょっと違うじゃないか」とそれぞれ別個に考え、自分なりの福音書を書いた。

この3つは同じようなことが書かれているように見えて、ちょっと分析すれば、まったく違うものだそうです。ヨハネはまた別の意味で全く違った福音書です。

全然違う4つの文書が一つとされて、読む方は統一的理解をしようとする。でも統一性なんか元々ないから、結局「なんだかよくわからない」ってことになるようです。
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 40代後半のリンダブレア(... | トップ | 死海文書はただの古い文章 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。