無煙映画を探せ  

映画のタバコシーンをチェック。FCTC(タバコ規制枠組条約)の遵守を求め、映画界のよりよい発展を願うものです。

僕の妻と結婚してください

2016-11-12 | 2016日本語映画評


「僕の妻と結婚してください」 三宅喜重監督 ◯

 織田裕二が4年ぶりに主演しました。
 放送作家の三村(織田裕二)はバラエティ番組の放送作家で忙しく過ごしていました。ところが、突然余命数ヶ月と宣告されます。三村は「さまざまな出来事」を「楽しい」に変換することを番組作りの基本にしていました。ガン宣告後は、愛する妻(吉田羊)と息子が笑って楽しく暮らせるように「最後の企画」として自分に代わる男性を求め結婚相談所に出かけるのでした。
 登場人物は数人でこじんまりとした作品です。その反動かエンドロールで息子の陽一郎が生まれるまでを時間を逆にして紹介する場面は織田と吉田が少しずつ若くなっていて丁寧に撮影され、かなり編集で削ぎ落とされたことが伺えました。場内が明るくなるまで席に座っていましょう。
 タバコは、なし。無煙です。ひとつ三村の膵臓がんの原因としてセリフの中に「飲み会は三次会まで付き合いましょう。」という言葉があり、たぶんそういった席での受動喫煙が原因となっていたのではないでしょうか。飲み会は禁煙の居酒屋を選びましょう。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ぼくのおじさん | トップ | この世界の片隅に »
最近の画像もっと見る

あわせて読む