無煙映画を探せ  

映画のタバコシーンをチェック。FCTC(タバコ規制枠組条約)の遵守を求め、映画界のよりよい発展を願うものです。

ある天文学者の恋文

2016-12-31 | 2016外国語映画評


「ある天文学者の恋文」 ジュゼッペ トルナトーレ監督 伊 ◯

 「ニュー・シネマ・パラダイス」「鑑定士と顔のない依頼人」の名匠トルナトーレ監督がデジタル時代だからこそのリアルなファンタジーを描きました。
 天文学者のエド(ジェレミー アイアンズ)と教え子のエイミー(オルガ キュリレンコ)は恋人関係にありました。2ヶ月ほど出張に出たエドでしたが、エイミーの元へ突然訃報が届きます。現実を受け止められず、エイミーはエドを探しますが、そんなエイミーのもとにエドからの手紙やメッセージを録画したDVDが届くのでした。エイミーはエドの痕跡を追ってその謎を解こうとするのでした。
 イタリア映画ですが、英語の作品なのがなんとも残念です。興味深かったのはエイミーが映画のスタントのアルバイトをしていることで、いきなりアクションドラマになったり、さまざまな細工の様子が見られたり、ストーリーとは直接(間接的には関係が実はあるのですが)関係ない場面が面白かったです。
 手紙のトリックなどはなんとなく察することができるので驚く仕掛けはありませんでした。前作の「鑑定士と顔のない依頼人」が面白かったので期待していましたがちょっと拍子抜けでした。
 タバコは、なし。無煙です。87番ではずっとタバコを吸っていたジェレミーが今作では無煙でした。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 奇蹟がくれた数式 | トップ | 土竜の唄 香港狂騒曲 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む