蛙の日記

散歩して 風呂に入って 酒を飲む

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本堤 大林

2007-09-21 14:40:06 | 居酒屋
まずは。

○ 風にそよぐ 品書き 蝿取り
 (落款のつもり)



廿(二十)世紀浴場でひと風呂浴びて、ここの、どぜう汁をビールでやっ
つけるのが好きだ!
日本堤の名居酒屋、大林です。
壁一面に貼り出された、白い短冊状の品書きが、風にそよいで一斉にパタ
パタと揺れています。
と、ふと窓際のほうに目をやると、外の庇に、ここまでやるかというくら
い何本も吊るされた蝿取り紙も、そよぐ風に揺れています。
これでは蝿一匹たりとも、通り抜けてくることができませんね。
ご主人の潔癖症の表れでしょう。
とにかくこの店はキレイなんです。部屋の隅々までみがきあげられ、酒瓶
もビールケースも整然と片づけられ、テーブルには埃ひとつ落ちてはいな
い。
あんまりキレイなものだから、山谷にありがなら、蝿のみならず、たちの
悪い浮浪者たちも恐れ多くて足を踏み入れることができません。
お客は、いい人ばかり。
いい店は、いい客を呼ぶのですねえ。







ジャンル:
お酒・お茶
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 浅草 初小川 | トップ | 日本堤 廿世紀浴場 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

居酒屋」カテゴリの最新記事