おしゃべりSheep

おもにライブとお出かけの記憶帳。記憶はかなりあいまいですのでご容赦を

ACIDMAN×The BONEZ@金沢EIGHT HALL

2017-03-06 21:59:00 | ACIDMAN

ACIDMAN 20th Anniversary 2man tour

最初の先行で唯一取った金沢
待ち遠しかった~

3月だし
3日だし
あの曲聴けちゃったりするのかなぁ~
などとワクワクしながら
初めての金沢へ



物販だけ先に買いに行ったら
JESSEがファンの子と熱く話してて
写真撮ったりすごく優しいのね~
中に入って買ってたらちょうどACIDMANはリハ中で
音が聞こえてきたりしてテンション上がった
なんかいい感じでその時を待つ感じ

初めてのハコだったけど
コンパクトで
階段上がってフロアとカウンター
BONEZはおとなしくと思って後方の壁に
でも充分近いんですよね
やっぱ小さいとこっていいわ


始まったらなんの音だろって轟音がずっと鳴ってて
BONEZの音聴くのが楽しみだったのにちょっと残念だった
端だけなのかわからないけどあれはダメなレベル
JESSEはACIDMANが最高のライブをできるようにって
会場の雰囲気を盛り上げてくれました
なかくんは
「ACIDMAN好きです」
「普通にファンです」
ってニコニコの笑顔で言ってくれて嬉しかった~
JESSEは
「俺はACIDMAN嫌い」
とか言っちゃって
でもその後で
「努力が見える人が好き(ACIDMANは見える)
ACIDMANは毎年アルバム作って
三人で高み目指して頑張ってる(手で三角形作ってた)
だから錦織圭も好き」
って言ってたw

ずっと三人も二階からBONEZのステージ観てた
楽しそうだった~

転換の間に前方に行ったけど
この日は男子率が高くて女子は端の方が多かったかな
紛れて私は前行っちゃいましたけど・・・
ここからほぼノブオしか見えなかった
最初から熱かった、いつにもまして気持ちがこっち向いてて
序盤は激しい曲だったから
客もそれなりにいってましたね
激しく→聴かせて→泣かせて→盛り上がって終了
みたいな流れのセトリ(最後に載せます)
最高だった~
でも
いっちゃんのMCは気の毒なくらいでw
ブルゾンちえみ風味のwith BONEZも失笑
「どんまい」とか声かかってた
大木くんもスルーだし
あっという間に曲いってたw

大木くんは金沢は街並とか凄く好きで
川越に似てるなってちょっと上からな感じだったけど
北陸新幹線が通ってあっという間に抜かれちゃいました
って言ってた
後は
いつもと変わらない
正直な想いを伝えてくれた
素直に心に響く言葉
しかし終わってしまえばうろ覚え
相変わらずの頭で辛い
でも
「ライブで一つになることは何にも代えがたい美しいこと」
って言ってたのだけはずっと心に残ってる
「美しい」って言葉が似合う人

「目標なんかなくていい生きてることそれだけで奇跡」
この言葉にはいつも甘えちゃうんだけど
嬉しいんだよね、やっぱ

JESSEのことは人間力が素晴らしいと
BONEZとRIZE
世界観の違う二つのバンドを上手くまとめていける
それは凄いことで彼の人間力がなせることだって

最初
このツアーがワンマンじゃなくて
ちょっと残念だって思ったけど
2マンとても素晴らしかった
ワンマンじゃ感じることのないパワー
そこから生み出される力
やっぱりそれは「愛」なんだって思った
それは
お互いをリスペクトするMCにも溢れてた

最高の時間を過ごす事ができて幸せだった

金沢ありがとう♡




最後の国

to live
波、白く
migration 1064
赤橙
プラタナス
ラストコード
彩-SAI-(前篇)
Dawn Chorus
最後の星
ある証明
飛光
世界が終わる夜

愛を両手に
Your Song

そうそう
サトマは最初からBONEZのキャップかぶってたんだけど
大木くんはアンコールで白Tにお着替えしてきたの
最近こーいうの見てなかったから眩しすぎた〜ちょい萌えw

ちなみにこちらでした
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二月も終わりますね | トップ | ACIDMAN@NO NUKES 2017 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ACIDMAN」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL