おしゃべりSheep

おもにライブとお出かけの記憶帳。記憶はかなりあいまいですのでご容赦を

ACIDMAN@NO NUKES 2017

2017-03-20 21:02:48 | ACIDMAN

今回のNO NUKESは
なんとのお誕生日LIVE
ずーっと誕生日のACIDMANに行きたかったから
今回イベントとはいえ
この意義ある機会を一緒に過ごせるなら嬉しい♡

今回はトリ
サウンドチェックが長ぁ~く感じて
終わりの時間が気になりつつも

お兄さんがノブオさんのマイクチェックで
眉間の辺に何度もマイクの高さ合わせてるのが可愛くてw
そこ口・・・・♡
って感じで見つめてた

アーティスト登場の前にちょこっと映像流れるんだけど
ACIDMANの前には「アレクセイと泉」のことだったから
シンクロしてる~って思った

SEもなく
いっちゃんが登場してドラムをたたき始めて
そこに二人が登場するスタイル
これめっちゃかっこ良かったな
時間短縮スタイルなんだろうけど
またどこかで採用してほしいな

to live
波、白く
最後の星
ある証明
世界が終わる夜

ちょー短い
しかし
ちょー濃かった

最高の夜、特別な夜にしましょう
特別ってのがなんか個人的にぐっときました

時間がないのであんまりしゃべれないって言いながらも
大木君は今年も正直な想いを伝えてくれた

原発反対じゃなくてもかまわない
でも
ホントに原発が必要なのか
今日を考えるきっかけにして欲しい

毎年311は福島でライブやってる
自分も福島で電気が作られてるなんて知らなかった
福島の人に申し訳ない気持ちもあった
前はガイガーカウンターもピーピー鳴ってたけど
一昨年あたりから鳴らない
でも
汚染土はたくさん積まれている
廃炉には40年といわれてるけど
倍はかかるんじゃないか

あの日誰もが
原発は危ないって思ったはず
でもやめられない
土を汚してまで豊かさはいらない

勿論理想論です
でも
ミュージシャンが理想論を言わなくてどうする
震災の時200億支援してくれた台湾は脱原発を決めた
理想を現実に変えたい

勿論反原発ではあるけど
中指立ててファックとか
過激なことは言わない
みんな世界を良くしたいと思っているはず
ほんのちょっとの考え方の違い

箇条書きですが覚えてる限り

限られた時間の中
大木くんの言葉はとてもわかりやすくてシンプルで
あの場にいたみんなにちゃんと届いたと思う
一緒に考えていこう
一緒に進んでいこう
そういうところがやっぱり
大木くんらしい

最後の星は
聴くたびにもっともっと好きになる
アンセムって言ってたけど
本当にこの曲は
切なさ、喜び、美しさ
全てを感じることができる
大好きな曲だなっていつも思う

ある証明はぐぅーーーーんなかったんですよ
ちょっと喉キツかったのかな?
でも最後まで声は出てたんですけどね
そしたら
世界が終わる夜の時サトマがドラムの台?のとこ座ってて
私はふと見たら座ってて
ラストのサビ前ですくっと立って
演出なのかちょっとカッコいいって思ったんですけど
具合悪そうっていう人もいたんで
どうなんですかね
みんなツアーの疲れ出てるのかな?
とりあえずは
ちょっと休めるのなら充電してほしいですね
あっ
Bowlineのリハがあるのかな

毎年
まだこんな名前のフェスがあるって言ってる
今年なんかトリまでやらされちゃってとか

いつまで続いていくのかわからないけど
続く限りはNO NUKESのACIDMANを見たいって思った

しかし
三人がハケてアンコの手拍子続く中
こういう役はいやなんだけど
って言って出てきた渋谷さん
音止め10時でこれから出来なくなっちゃうんでって
10分前くらいだったかな?

でも
それなかったら途中退場だったかも~
豊洲不便だよぉ
大きいハコは交通の便のいいとこにあって欲しいと思う地方民
結構みんなでダッシュして
スマホの画面が経路検索だったりしてたww

難しいな




(この日もらったパンフの中にあったメッセージ 追記)


『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ACIDMAN×The BONEZ@金沢EIGH... | トップ | NO NUKES 2017 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL