なにがあっても。

なにがあっても(ときどき再開編)。
カンボジアと影絵芝居にまつわるあれこれ。

浜松その1。

2016-10-13 | そのほか
昨日。
浜松に早めに着いたので、展望台に上がってみた。
新幹線に乗っている間から雲の様子が美しかったのだが、夕方になったらまた素晴らしく、時間を追ってここから、



こうなってきて、


陽が落ちるところは、燃えるように真っ赤になり、


余韻をもって沈んで行きました。


あ、余計な標示が(^^;。



45階の展望。レクチャー&コンサートを聞く前にいいもの見た。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お盆のご飯。 | トップ | ダイアモンド・アイランド@... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。