カエルが楽しく笑う庭

両生類を主体として彼等を取り巻く都会の自然環境と、投稿者のつれづれなる思い

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

<big>諸行無常</big>

2014-10-17 10:33:38 | 日本の美
☆秋深くなって

気温・湿度が快適な頃合いになると、フッと高校生の時に目にした古典文学が想い出されます。

「平家物語」の出だしが口をついて出てきます。

「方丈記」も然り。

美文調と内容の濃さに惹かれ、若い脳で暗唱した文章を記憶から引き出しながら空んじます。

それにしましても、今日も美しい秋晴れ。

栄養指導で示された朝食献立一式を揃えて食し、腹八分目を満たした心地好さ気分でPCに向かいました。

この境地を感謝せずにはいられない思いです。

生活上の煩雑さに毎日追いかけられ、カーッと頭に血が昇ることは屢々ですが、

「待てよ」と自分に言い聞かせて調息します。

「ここが、我慢のしどころ」と肚を括くります。

「秋の快適さを忘れずに、前進しよう、前進あるのみ」、と決意します。



 

 ☆   ♪


往来に面した御子守地蔵尊前の板切れ裏に今朝も居た小ヤモリを、意を決して御地蔵様の裏にソオッと移しました。

私の手に張り付けた小さな吸盤の感触を、一瞬感じました。

細くて体長3センチばかりの小さいヤモリの赤チャンです。

自然が呉れた嬉しい経験。見ても可愛い、触っても可愛い、小ヤモリちゃん。

諸行無常感に脳を占領されていた私が、思いがけず頂いた無上の仕合わせな感触でした。

自然現象よ、有り難う! 小ヤモリちゃん、有り難う! 

これからもアタシは頑張って生きて行きますから、オマエも頑張って生き続けて頂戴ね。











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<big>つもり違い 十二訓集</big>

2014-10-09 18:47:04 | 日本の美
☆衝撃的な訓戒集です




   1  高いようで    低いのが     教養

   2  低いようで    高いのが     気位

   3  深いようで    浅いのが     知識

  4  浅いようで    深いのが      欲皮

   5  有るようで    無いのが      反省

   6  無いようで    有るのが      七癖

   7  多いようで    少ないのが     分別

   8  少ないようで   多いのが      無駄

   9  厚いようで    薄いのが      人情

  10    薄いようで    厚いのが      面皮

  11  強いようで   弱いのが      根性

  12  弱いようで   強いのが      意地


                        
                             仏教大学 宗教部 







兵庫県宝塚に御住まいの85歳を超えた教養人から送られた写です。

この12訓集を読んで、心が痛いくらいの衝撃を受けました。

反省させられることが多い内容に、襟を正して読み入りました。

何か心の中を見透かされるような感じがしました。

心したいものです。




 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<big>下水道工事の有り難みを認識 その三</big>

2014-09-11 20:45:10 | 東京都豊島区池袋
☆工事風景は次々に変わります


Dsc_4435_2Dsc_4437_2Dsc_4439Dsc_4443_4Dsc_4444_6*           *

全工程終了ご、成人男性一人が裕に入れる深さの穴は手際よく埋め立てられました。

私は長い間、アスファルトの下の土壌は「一体どうなっているのかしら?」と気になっていました。

こうなっていたのですね。

道路に雨水は沁み込まないのです。道路は雨水を何処かへ流すだけです。

住民のための下水道管を保護するため、トン単位の車両通行に耐えるため、都市の道路表面は強化されています。

現代社会下の生活の成り立ちを、まざまざと見せつけてくれた下水道管工事観察でした。

結論として、雨水用のマンホールが必要になります。

角地で下降地に位置する我が家近くに、測量と工事を担当する経験豊かな責任者は、雨水を誘導する新たな排水孔を作成してくれました。

口数少なく、黙々と優秀な工事をこなすT総責任者は頼もしい存在として傑出していました。

地域住民に嫌われる道路工事を、今年の猛暑の中で天命であるがごとき平然とした態度で行っていました。

前歯が何本か抜けていたのが、却って昔の自然人らしく好感が持てました。

昔のサムライは50を超えたら歯の一本や二本、欠けていたに相違ありません。

現代人よ! ヤカマシクてハタ迷惑な下水道や道路工事を嫌悪してはイケマセン!

あなた達の生活を成り立たせている大元の基本が、ここにあるからです!

偉そうなことをマクシタテル政治家や、自己愛ばかりの権力者を、間違っても崇拝しないようにして下さい!








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<big>下水道工事の有り難みを認識 その二</big>

2014-09-10 14:01:17 | 東京都豊島区池袋
☆ 真面目で仕事力が高い日本人たち

Dsc_4391_2Dsc_4392_2Dsc_4417_3Dsc_4422_3Dsc_4434*           *

現場の下水道管業務に精通した職人さんから、若き後輩達は技術を学ぼうとしています。

それにしましてもアスファルトの下に、こんな世界があろうとは・・・・・・。

皆様は御存知でしたか?

下水道工事の現場風景は、私にとって興味が尽きない別天地です。

電力を利用する様々な現代技術を駆使して、効率よい工事方法が工夫され実行されています。

下水道工事は20年間隔でおこなわれるとか。

古い焼き物製の立派な土管が、次々に掘り起こされました。

20年前のものはズシリと重たい手焼きの、ネコが歩いて通れるような太い焼き物です。

生まれて初めて目にする巨大な土管に、私は文化を感じました。

現代化学の粋である硬質プラスチック製下水管が使用されるようになって、土中から折り起こされた優雅な土管は無惨にも次々に叩かれて壊されました。

此の風景は、見ている私の心を砕いて余り有るものでした。

写真を撮るのが憚れるほどの悲しい出来事でした。

無傷のもの大小二個を所望して、裏庭に運んで貰ってあります。

これらは、正に日本の文化財です。

新たに屋外に建てる大型ネコ小屋の地面に置こうと考えています。

細い古土管数本は、既にヒキガエルの隠れ場所として裏庭で使用しています。

私の腕力では運べない重量あるものを、この目で見たのは今回が初めてです。

古い大型の下水土管を垣間見て「昔の人は偉かった!」と呟くように言った工事関係の若者がいました。

私も、大いに同感です。












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<big>下水道工事の有り難みを認識 その一</big>

2014-09-08 23:44:20 | 東京都豊島区池袋
☆下水道完成に携わる職人さんたち


Dsc_4378_25Dsc_4372_2Dsc_4384_4Dsc_4386_44_3今年の7月26日は猛暑日でした。

炎天下の中、区民の生活に寄与する下水道工事に携わる職人さんたちの働き振りは驚いて余りありました。

焼け付くような日差しを身体に受けながら、誠心誠意を込めて作業をする律儀さは驚嘆に価しました。

聞く所によりますと、殆どの人々は下水道工事を「早く終わってくれれば好い」と横目で見ているそうです。

たまたま我が家の片側を通る公道20年振りの下水道管取り替え工事一部始終は、私にとって見過ごせないものでした。

工事をツブサに見てからというもの、排水を流すとき下水道工事の恩恵を決して忘れることは出来ません。

屈強の若者たちが仕事とは云え過酷な条件下で、真摯に働く様子に感動させられました。

その一部を紹介いたします。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<big>粋な計らい その二</big>

2014-08-26 18:47:45 | インポート
☆豊島区行政に御世話になっている私


Photo夜の帳が下りる頃から発光する物体と、人工光線に照らされると光る物体二点の写真です。

豊島区及び警察署の記載がある赤い「スピードを落とせ」の注意書と、手前は太陽光発電装置を持つ保安用品です。

写真には写っていませんが、暗くなると三角物体の先端部分がキラキラと連続的に虹色に点滅します。

手前の新式保安用品は、通行車両の被害を受け易い我が家の御地蔵様保護のため下水道工事関係者が好意的に工事終了まで御地蔵様前に置いて下さっている製品です。

お願いした訳ではないのに、何て粋な計らいなのでしょうか。

公道沿いの路肩工事のため、私が保護用に並べてあった鉢植え植物類は全て工事関係者が裏の敷地に移動して下さいました。

角家は車両に対して無防備ですし、

特に夜間は危険度が倍増しています。

「御地蔵様を疎かにすると、祟りがあるから」と心配して下さっている工事の警備員隊長さんが居られます。

近辺に車両事故がないように護って下さる御子守地蔵尊を御守りしている私にとりまして、願ってもない御好意です。

『亡くなって御地蔵様になったお父さん! 優しい気持ちの人々が御地蔵様と我が家を助けて下さっています。本当に有り難いことだとアタシは感謝の気持ちでイッパイです』






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<big>粋な計らい</big>

2014-08-13 21:28:28 | インポート
☆巽の角と言えば聞こえはいいのですが


Dsc_4569わが豊島区は、目下のところ大掛かりな下水道管の取り替え工事中です。

20年振りだそうです。

都会では下水・雨水は地中を流れるようになっています。都会生活の基本ともいうべき基礎的な工事です。

近代文明は車両を優先するクルマ社会です。

車両運搬の利点は欠かせませんが、住民達が傍迷惑を蒙ることも多大です。

4メートルに満たない公道を走る車両はペット・両生類・昆虫類を殺傷することがあります。

我が物顔で走る車両の被害で角家でT地路に面する我が家の塀と外壁はキズだらけ。

区役所と関係筋に防衛策を依頼した結果、驚くべき粋な計らをして下さいました。

他では見た事がない洒落た注意書きを創作され、電信柱に貼って下さいました。

短文で目立つ配色、洒落たデザインに私は目を丸くしました。

門切り型の御役所仕事ではなく、かってない粋な防衛策に私は喝采を叫びました。

豊島区は東京の田舎区?、という私の先入観念は何処かへ素っ飛んでいきました。

この粋な御処置に、私の区政に対する評価が一変しました。

「豊島区政に協力しよう」、という気持ちがコンコンと湧いてきたのです。

                             
                               つづく















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<big>美しい朝焼け空</big>

2014-08-10 23:06:29 | 美しい自然
☆暫く振りに遭遇した豪華絢爛な一瞬でした





Dsc_4540_no_1Dsc_4559_6私は夜明け前に起きる習わしです。

朝は一日のうちでも最も気持ちの良い時間帯なので、見逃す訳には行きません。

都会の喧噪のなかに暮らしていても、朝の気配に触れる事ができますから。

8月8日は、私にとって時別な日です。私が、この世に産み落とされた日だからです。

一昨日の朝4時57分に見た東の空は圧巻でした。

写真は真実に近いけれど、同じではありません。

人工的な送電設備器材を背景にしても、空模様の見事さを写し出していますでしょ。

二日後に台風接近を控えた空模様は、一種の妖しさを感じさせました。

二枚目は5時06分に写したものです。

自然の壮大な変化の贈り物を目の当たりにして、私は自然美を堪能しました。

そうです。その時点で私は突如として、「私は天に財宝を持っているのだ!」と確信しました。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<big>私庭のカエルさん猛暑対策</big>

2014-08-03 00:00:52 | 「カエル笑む庭」
☆実は、私が少し手助けしています



Dsc_4495Dsc_4489Dsc_4484同じ行水皿に交互に浸かった3個体です。

私は出来るだけコマメに水を換えてやります。

時には待っていました、とばかりにドンブリに飛び込む個体もいます。

浅ドンブリの中で、頻りに手足を伸ばしたり、両手で顔を洗ったりする仕草の可愛らしいこと!


Dsc_4485_4Dsc_4496Dsc_4482_3ズウタイの大きい人間が凝視しているのを無視して、カエルさんは水の中で長居することがあります。

感に耐えないように、じ~っと静止することもあります。

この暑さですから、生き返ような気がするのでしょうか?

カエルは土の子なんて言っていられません。カエルは水の子ですよ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<big>手負いのツマグロヒョウモン♀</big>

2014-08-01 12:32:36 | インポート




☆原因不明のキズ




Dsc_4431_2Dsc_4426どこで翅を傷めたのでしょうか?

破れかぶれの翅を持ったツマグロヒョウモン♀が我が家の植込みで休んでいました。

道路に撒いた残り水に暫く留まっていました。

産卵は終えたのでしょうか。

あの毒々しい幼虫が家のスミレに出現したら、此の子の子供かも知れません。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<big>4tトラックの運転手は若い女性でした</big>

2014-07-30 20:18:28 | 東京都豊島区池袋
☆大それた女性には見えない御淑やかな方


Dsc_4368_2Dsc_4369Dsc_4370_3我が家の玄関先に垂れ下がっているキュウリの葉を透かして、大型トラックを運転している女性の姿が見え隠れしました。

実は、我が家が面している公道の下水管工事が大々的に施行されているのです。

土を運んで来たり土を運んで行ったりする作業が、大型トラックで頻繁に行われているのです。

あんな大きなトラックを運転するのは、イカツイ女性に違いないわ......。

近づいてみて、ビックリ!

うら若き、繊細な女性でした。

賞賛の言葉を掛けましたら「近頃は女性の運転手さんが増えつつある」と教えてくれました。

東京の街中の自転車操業にさえ怖じ気づいている私には、とても頼もしい存在です。

まともに御顔を写したかったのですが、恥ずかしそうに御顔を隠された仕草が、またまた女性らしくて感激しました。

女性が色々な分野に進出することは、いい事ですねぇ。

同姓として誇らしく思います。

猛暑の中、冷房無しの車内で頑張っていたオレンジ女性さん、お母さんになってもオバサンになっても運転を続けて頑張って下さいね。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<big>今年はキュウリの当たり年</big>

2014-07-27 23:15:18 | 自然生活
☆新鮮で美味しいキュウリを味わいました



Dsc_4320_22Dsc_4323_2_18Dsc_4345_9キュウリの成長力に感嘆させられています。

次々に花をつけ、実を生らし、実はアレヨアレヨという間に長く太くなります。

たった一本の竹をドンドン伝い登って、まるで天にも届くかと思うくらいな勢いです。

ヘボキュウリなんて云って馬鹿に出来ません。

痛いトゲトゲのまま冷やして、御味噌だけで食べても美味しいキュウリさん。

何と言っても新鮮という美味しさに代わるものはありません。

水やりの難しさを痛感しています。

過剰でも、過少でもダメ。

朝一番の点検はキュウリの葉の形と変色を見定めることから始まります。

栽培している農業者の苦労が分りかけている此の頃です。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<big>野良猫「キク」よ</big>

2014-07-27 10:00:16 | インポート
☆私は夜7時半に家を出て、9時半に帰宅しました


Dsc_4349_2Dsc_4351_2今年4月半ば、野良老猫「ムミー」が姿を消しました。

最後に見掛けたのは我が家の近くで、私はずーっと現れるのを心待ちにしていました。

ムミーの連れ合いも姿が見えなくなり、彼等の♂子ネコ二匹が取り残されました。

何となく近所の野良猫家族状況に詳しくなったころ、白ネコ「キク」が出現したのです。

鳥肉とマタタビが好きで、毎日のようにやって来ます。

白菊という雰囲気ではないけれど、全身すすけた白の♂ネコ。

せっせと胸肉を買い込んでは蒸して、ほぐして、我が家の敷地内で与えています。

産まれて初めて味わったであろうマタタビの粉が大層お気に入りで、貰えるまで居座るのが習わし。

昨日は超猛暑日であったので、私は珍しく昼間少し寝て夜間に出掛けました。

鶏肉だけを貰って不服そうに玄関の斜め前に居たキクに「スズメさんの餌を買いに行くので出かけるわよ」

と7時半頃とくとくとキクに言い聞かせました。

約2時間過ぎの帰宅途中、我が家の近くを歩いていた白ネコがキクのようだったので声を掛けたら従いてきました。

ずうーっと私を待っていた様子でした。

マタタビの効果は大!

キクは、後で分ったことですが視力があるのは右目だけ。

懐中電灯で照らすと光るのは右目だけなので、左目は光りを失っている様子。

♂たちとの争いを避けている理由を納得しました。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<big>上部内視鏡(胃カメラ)に於ける私の事情</big>

2014-07-24 23:21:23 | 自然生活
☆検査の不快感が大幅に減少される実施例を体験しました。都内大手の大学病院でのことです。

実は、毎年一回の上部内視鏡検査を避けられない私。

でも、何かの口実を拵えては常に逃げ回っていました。ですから毎年続けているのは、この5・6年です。

かってピロリ菌除去をした痕跡が胃炎になっているせいで、とうとう昨日7月23日に決まってしまいました。

強度な神経質で恐がりな私は、受診時に必ずやさしくて優秀な先生を希望します。

昨日の担当医は20代後半と思われる歯が真っ白で、爽やかな美形で、優れた医師でした。

直径9ミリの管の操作が滑らかで御上手なのです。

大した不快感もなく、自分でも驚く程の短時間内に終了しました。

終わって、両手を合わせたくなるくらい感謝しました。その医師も胃カメラ操作が御得意のようでした。

口を利けない患者に、経過説明と呼吸法を指導する誘導方法が自然で粋で垢抜けているのです。

笑顔を絶やさず、まあなんて感じが良い青年医師さんなのでしょう。

書類の御名前を見ましたらY.D. という新進気鋭の医師。

出来ましたら、また来年も是非お願いしたい心境です。







*胃カメラ検査の場数(ばかず)を踏んだ私は、前々から気になっていたことを検査受付の女性に訊ねました。

非常事態が起こった際の病院側の対応に就いてです。

3月11日の東北大震災時には、検査中の場合は管を抜いて中止にしたそうです。

そうでしょうとも。

あんなに長くて大きな横揺れでは続行できる状態ではありませんよ。

それに病院の建物は揺れ易くする耐震構造になっているとか。

立っているのもヤットの大型船酔い状態が長く続いては、医師だって心中穏やかではなかったでしょう。

当日予定だった胃カメラ検査は全て中止にしたそうです。

経緯を聞いて安心しました。

地震もなく、全て順調に運び、検査終了2時間後には水も飲め、挙げ句の果てには病院食堂で「減塩定食」なるものを美味しく頂けることが出来ました。

検査当日4時間後の受診結果は相変わらずで、一年後の来年受診することだけを担当医師に言われ気分爽快な一日でした。

私は胃カメラ検査慣れしたのでしょうか?

検査医師に依って、予後体調がこんなにも変わるものとは!

技術は勿論、カメラ操作医師と看護師さんの優秀な技術と心温まる対応で、私の胃カメラ概念が一変しました。

余計なことですが、私は検査前の肩注射は受けません。注射嫌いの私は初回注射ご体調を崩したことがあるからです。

だいたい胃の蠕動運動を人工的に抑えるなんて、胃にとっては迷惑千万。

私の胃は下垂気味で働きが弱いのです。それに此の注射は自由選択試できますので断っています。

注射無しでも、写真は鮮明に胃内を写し出していましたよ。

胃カメラ検査を受けたのは猛暑日でしたのに、こんなにも快調だったなんて、万物に感謝イッパイの一日でした。




















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<big>今年は種を沢山つけたアオシダレ</big>

2014-07-21 22:18:32 | インポート
☆と、毎年咲くオニユリ


Dsc_4299Dsc_43002_3Dsc_4306_5今の時期、春の出芽が信じられない赤色だったアオシダレは梅雨の雨で新緑のように青々しています。

新緑の時期との相違点は、小さく単一な枝豆のような可愛らしい種を彼方此方に持っていることです。

品があって雅(みやびやか)なアオシダレの葉先に、おどけたような種を見る度に私は失笑を禁じ得ません。

Dsc_4305Dsc_4304_2いつも此処に居て下さる御子守地蔵尊です。

昨夕ここを通り掛った知人が「お地蔵様を見掛けるたびに懐かしい気分になります」と云って下さいました。

ここに御尊体を招聘して「入魂してある御地蔵様だ」と誇らし気に繰り返し宣言していた亡父を想い出します。

ことしは毎年恒例のクロアゲハ乱舞を見ることは出来ませんでした。

代わりに、近くの小公園の一角に固まって咲いていたオニユリの周りで大規模な乱舞を偶然に見掛けましたよ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加