Kaeruのつぶやき

日々のつぶやきにお付き合い下さい

「子宮の日」と「地球の日」

2017-04-20 23:27:18 | 「てんがらもんラジオ」

「てんがらもんラジオ」264回、

http://www.ustream.tv/recorded/102309153

ゲストは、児島淳子さん 鹿児島県民総合保健センター健康増進部長

この人の話を聞いたおかげで毎年4月9日は「子宮頸がんを予防する日 子宮の日」として啓蒙活動を強める大切な日だと理解しました。「子宮の日」で検索してみましたら、

http://www.studio-yoggy.com/blog/pr/74370/

にこんなことが書かれています。

「日本では毎年約1万人の女性が新たに子宮頸がんにかかり、1日に約10人の方が亡くなっているそうです。子宮頸がんの特徴としては、20歳代後半から30歳代後半の方が発症しやすく、早期に発見し治療行えば、治る確率は高いそうです。しかし、驚くのは子宮頸がんの検診受診率。アメリカは85.9%の一方、日本は24.5%とかなり低いのが現状のよう」

児島さんの話にも厚労省の受診率目標は70%だとありました、児島さんたちの努力もこれからだという思いがします。そのためにも「子宮の日」キャンペーンが意義あることでしょう。因みに76歳の妻に「4月9日は子宮の日って知っていた?」と聞いたのですが、知りませんでした。

私が6月で80歳になることを思えば、80年前の今頃はまさに母親の子宮に守られていたわけで「子宮の日」は自分の命を見つめる日になる、と思うのです。すると言葉が似てることもあり「子宮と地球」が自ずと繋がり、人間をはじめすべての生命を守る母胎としての地球の存在が身近になります。

4月22日が「アースデイ・地球の日」です、これについては、

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/アースデイ  で。

二つの大切な「日」を自分の命を母胎と地球に引きつけて、思いを深めることの意義を知った2時間でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『資本論』目から鱗 2 「賃... | トップ | 目で見る「資本論」と麻雀。 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
早速のまとめありがとうございます (chidori)
2017-04-21 06:36:48
カエルさん流のまとめ方に脱帽です。

なるほどアースの日ですね。

ありがとうございました。
同じ きゅう でも (屋根裏人のワイコマです)
2017-04-21 10:11:58
なんか キュウ きゅう して
ピコピコ救急車・・なんて冗談は
失礼でしたね。
子宮と 地球を・・うまく絡めましたね
いずれにしても育てる・・大切な
ことですね
命の現場 (kaeru)
2017-04-21 16:22:49
日常のなかで一番大切なことを脇におい
てしまいがちです。命の大切さは当たり
前すぎて軽視され無視されています。

そういう時「子宮の日」などという命の
原点に立った話が、そういう状況を気づ
かせてくれます。

児島さん達の仕事はそういう原点を守る
現場でしょう。我々のような忘れっぽい
者へ、現場の声を届けてもらえることは
大変ありがたいことです、引き続きの登
場を期待します。
自愛の基本。 (kaeru)
2017-04-21 16:31:24
自愛といってもここでは「自分を愛おし
む」という意味なのですが、基本は自己
保存という本能性を意味するでしょう。

そこを意識した時、子宮と地球は自ずか
ら結びつく筈です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む