Kaeruのつぶやき

日々のつぶやきにお付き合い下さい

一夜漬け「単純再生産」

2017-01-25 21:27:10 | kaeruの『資本論』

必要悪とでも言うべき事ですが、報告義務を果たすため一夜漬けの報告書づくりをなんとか済ませて講読会に出席しました。内容は資本論第2部第20章「単純再生」第1節から第5節まで、B5六枚のレポートにしました。

付け焼き刃であることは自覚しているのですが、やってみて良かったと言う点は章全体で13節のうち50頁ほどの分の第5節までが大づかみに掴めたことでしょう。

本文の全体は殆ど読んでいません、不破さんの代々木『資本論』ゼミナール・講義集の該当部分と宮川彰さんの類書を手引きに本文に当たって書き写したというのが実態でした。一応の理解をレポートにもとづいて報告してみて、この部分を理解する手蔓は掴めたかなという感じです。

それにしても参加者の真面目な勉強ぶりにこちらが反省させられました。キチンとノートを取り整理してきた人からは一夜漬け報告者の曖昧さが突っ込まれます。特に不破さんの整理した数式をそのまま引用しておいたのですが、それに対して自分で本文にもとづいて数式をノートして論じられると頭を下げるだけです。

報告に当たっていない時いかに自分が怠けているか、そんな姿勢で理解ができるような資本論ではない、と言われてたように思いつつ帰って来ました。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 写真だけです。 | トップ | 『九十歳。 何がめでたい』 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おつかれさま (鈴音)
2017-01-26 01:20:15
真面目すぎると疲れてしまいます。
でも それをやめられないんですよね。
稀勢の里さんの口上を聴いて思いました。
素直な青年だなぁ^と。
四字熟語などというむつかし気な言葉を
連ねなくてもいいのです。
ただ素の自分で精進する・・・それが
一番効いていました。あっぱれ~♬
あっぱれ (kaeru)
2017-01-26 09:48:36
あっぱれ〜、誠にあの日の白鵬との勝負、
土俵際の逆転勝利が象徴している横綱昇進
でした。

その基本は自分を信じ鍛える、実直に精進
することなんでしょう。それにしても体力
との勝負の世界ですから限界があります。
一対一の勝負であるだけに最後は自分との
勝負で勝つことが最大の勝利だったでしょ
う。

コメントを投稿

kaeruの『資本論』」カテゴリの最新記事