Kaeruのつぶやき

日々のつぶやきにお付き合い下さい

11月の句会 ー メール句会。

2016-11-02 19:50:03 | 五七五の気分。

   今日は定例句会の日ですが、メール句会になったので5日までのびました。そういうことが少し前に分かっていたので今日現在一句も詠んでいません。さて今夜明日明後日で八句、自由題で五句一字読み込みで三句の計八句です。

一応の参考季語として「11月の季語」が、この三つです。

秋麗(あきうらら・しゅうれい)

秋の好晴である。秋日和・秋高しという季語もあるが、春の「麗らか」を思わせるような風もなく、心が解けるような安らかさを伴った日和。これから厳しい冬に向って季節は移ってゆくはずであるのに、そんなことを忘れさせてくれるような一日もあるものである。

   呟きのやうに句生れ秋うらら      益田 清

   秋うらら二寸に満たぬ出土仏        藤本欣也 

 

虫選(むしえらび)

虫を選ぶ、虫狩り、虫採り、虫吹く、虫合(むしあわせ)、虫尽(むしづくし)
平安時代に殿上人が嵯峨野など、京の郊外に出かけ,鳴声のいい虫を捕り、宮中に奉ったことをいう。

   啼き絶ゆる虫もあるらん虫合      河東碧梧桐

   箒もち寒山拾得虫狩に         児玉信子

 

檸檬(れもん)・レモン

インド産の柑橘類。秋に実る過日は紡錘形で,香気を減じないように青いうちに採取して、いわゆるレモン色に色出しをする。

  いつもでも眺めていたりレモンの尻   山口青邨

  檸檬転がり今宵の曲はブルースで      赤尾恵似子

 

  詠みこみ一字 大・葉・雲・岩・竹・田 この中から一字を詠みこんだ句を3句併せて8句を5日までに。                             

 

   今日の寒さのなかで秋麗を詠むのはかなりの想像力が必要です。虫も鳴いていませんし、檸檬もありません。冷蔵庫をあければあるかもしれませんが開ける気もしません。参考季語は虫し、ではない無視して秋の季語なら寒くても涼しくても「夜長」でしたら無難でしょう。

「資本論」開いて閉じて夜長かな

こんな調子でしょうか。

  そういえば次回の「資本論」講読会は報告担当でした。

   第2部第15章「資本前貸しの大きさにおよぼす回転時間の影響」、なんのことやらという感じなのですが、不破さんのゼミ本を頼りにこれも一週間の宿題です。

   俳句の方は四苦八句で、資本論は頭の回転が問題のようですが、なんとかなるでしょう。川柳の方にも頭を向けなければ……、秋の夜長も心静かにとはいきそうもありません。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自分の地域をもっと知りたい。 | トップ | 「てんがらもん」241回 「文... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
秋の夜長・・ (屋根裏人のワイコマです)
2016-11-02 20:24:04
このところ、秋の夜長どころでもなく
夜の10時になると自然と眠くなってきて
読みたい本もいつも枕元で積まれたまま私には資本論どころか俳句も
川柳も縁もなく、なのに一日がアッと言う間に過ぎ去っていきます
そうはいきません。 (kaeru)
2016-11-02 21:15:08
資本論、俳句は別にしても川柳は縁を切
れませんよ。お師匠さんと直に顔をあわ
せるのですから。
そうでした・・ (屋根裏人のワイコマです)
2016-11-03 07:22:01
忘れていては・・叱られますね
今月くらいは、ちとしっかりと
え~と・・お題はナンでしたっけ
てな調子ですから困った団塊です
何でしょう? (太陽の陽子)
2016-11-03 22:40:25
何だか呼ばれたようで・・・
(*^^*)
地球の裏側 (kaeru)
2016-11-03 23:00:10
陽子さんは地球の裏側においでになるは
ずで聞こえるはずはないと思うのが素人
でした。
地獄耳ではない極楽耳、これから陽子先
生のことを話す時は電波を使わず、以心
伝心法でいきましょう、ワイコマさんへ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む