90才まで生きてやる!

毎日楽しく生きる日刊ブログ

渋滞!

2015年11月30日 | 日記
昨日はチョットしたことからトンダめにあいました。

くつ下を買おうと夕方になって突然に思い立ち、ニトリモールにあるユニクロに向かいました。小雨が降っていました。

本線に出ると、車の流れが悪いことに気づきました。ん? ゴルフトーナメントのせいかな? ちょうどトーナメント帰りの時間帯に出かけたのです。しか~し、それが原因でないことはすぐ分かりました。トーナメントの帰りは反対車線だからです。

のろのろどころではありません。止まったままなのです。事故か? しか~し、2車線道路ですから、大きな事故でないかぎり渋滞するわけはありません。大事故か? ダンプカーの横転事故?

そのうち、のろのろが始まりました。事故の気配はありません。フシギだぁ~と思いかけた時にようやくその原因に気づきました。原因は自分たちだったのです! あ、いや、ニトリモールに向かう自分たちだったのです。ニトリモールに入る車が多すぎて左車線をふさぎ、それがもとで2車線とも渋滞していたのです。

ニトリモールに入るところからも完全な渋滞でした。あちゃ~つかまったな~ 今日はやめとこうかな~と思いつつも、もうどうしようもありません。文字どおりつかまっちゃたのです。進むしかありません。

駐車場に入ると、出る車と入る車がごっちゃまぜになって何が何だかわからない状態でした。待っているところが出る車の列らしいことに気づき、通路変更! 何十分間かのロスの末やっと車を止めることができました。

安心するのはまだ早い! ユニクロにお目当ての靴下がなかったのに加え、出る時には入る時よりもさらにカコクな時間が待っていたのです。帰りは最悪! 1mmも進みません。車間距離1mくらいでどの車もくっついています。割り込みを避けるためです。人間の本性がニョジツにあらわれていました。

ここでも機をみて、通路変更! 流れのよい方へか向かいました。出口にまっすぐな方向です。それでも渋滞は続きます。アクセンクト~・・・

ケッキョク、出るのに1時間かかりました。あの短い距離に1時間! もったいない時間をムダに捨てました。

なんとかならんのか!

よい方法を見つけました!
行かないことです!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幸福遺伝子

2015年11月29日 | 健康クラブ
もう十年以上も前になりますが、娘に言ったことばがあります。それは「幸福遺伝子」です。何ごとも、何があっても、幸福に思う遺伝子くらいの意味でした。

娘が東京の大学に行ったばかりのころでした。娘に、いろいろ悩むことがあると思うけれど、ワレワレは「幸福遺伝子」を受け継いでいるから大丈夫!と贈ることばのつもりで言ったのです。

「幸福遺伝子」というのはその時は自分だけの新しい造語だと思っていました。自分にもいろいろあったけれど、ケッキョクいい思い出しか覚えていない、とても都合のよい頭の持ち主だと思ったからです。それでなんとなく「幸福遺伝子」と言うようになったのです。

逆境のなかでも居心地の悪さを感じない!?
なんとかするから何とかなるさと思ってしまう!?
自分をいつも肯定して生きている!?

娘も同じようなことを言っています。これは確実に遺伝したようです。ちなみに息子も同じような感じです。

これはいいのか、悪いのかわかりません。現状に満足してしまうという危険性?もあるからです。物事にはいつも裏と表がありますから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旅に出たい?

2015年11月28日 | 旅行クラブ
近ごろ旅の話をよく聞きます。旅でなくても、どこかへ出かけたという話です。どうしてこうもよそに行きたがるのかとフシギに思います。

もちろん動物だって移動する種類もあるし、鳥や昆虫だってそうです。でも、あれは本能的な生態ですからね。人間のように季節を問わずに自分勝手にいろんな場所に出かけてしまうのとはちがいます。

でも、でも、人間にも本能があるのだと思います。それは出アフリカの昔から何十万年、何万年かけて移動した何世代にもわたる記憶が・・・

え~と、今日は朝早くからわけの分からない書き出しをしてしまって、どこでオチをつくろうかと迷っています。パソコンに向かったら勝手に冒頭のような内容になってしまったのです。

これはどこかに行きたいという本能的欲求かもしれません。本能には従うしかありません。さて、どこ、行こう・・・


出かけたのはケッキョク、とら寿司とイオンでした。とら寿司は「ひさしぶりに寿司食う?!」のノリで、イオンではダウンを買いました。

外に出て冷え込みがいっそう厳しくなっていることに気づきました。寒さが嫌いなワタクシは先祖が遠くスンダランドから来たことを思い出しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

息子メール

2015年11月27日 | 家族クラブ
昨日、息子からめずらしくメールが入っており、「知人にもらったキウィを届ける、ちょっと相談事もある」とありました。キウィはいいものの、「ちょっと相談事」のところが気になりました。息子はあまり相談事をしないからです。何ごとか・・・

メールには車の画像が貼り付けてありました。オープンタイプの中古軽自動車です。いい車を見つけたから買わないか? の相談かなと思いました。

ケッキョク「ネットで見つけたこの車を買いたいんだけど・・・」という自分の話でした。な~んだと思いましたが、ワタクシの若いころと同じで変わった車癖があるなと思いました。ワタクシも旧型ジムニーにこだわって追いかけていた時代があったのです。

「貯金で買うか、ローンで買うか」というので、「そりゃ、ローンでしょ!」と答えました。買うなら自分の給料から買えということです。嫁さんといっしょの貯金には手を付けてはならない。

さて、そんな話をしているうちに、ネットに出ていた車が消えているというので、息子は慌てながら帰りました。

消えたということは買ってはいけないということさ! と、そう、息子が思ったかどうかはまだわかりません。そのうち、メールが来ると思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

のどかぜ

2015年11月26日 | 健康クラブ
のどかぜをわずらってしまいました。

昨日朝起きたら、しぶく低い声が出るではありませんか! 痛みはないものの、のどがつかえるような感じがします。あれっ? そういえば・・・おととい、職場でせき込んでいる男がいた・・・あれか?

職場に行くと、もう一人、声の出ない男性がいました。下痢もともなったそうです。せき込んでいた男性はのどに違和感があると言っていました。

「こ、これは! はやり病ではないか?!」

「冷え込んだからじゃないの?」

「そんな、ばかな!」

重症化する気配はありません。今朝は症状も軽くなっています。しかし、しぶく低い声はそのままです。しぶく低い声もなかなかいいような気がします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

化成肥料!

2015年11月25日 | 菜園クラブ
タント~チョクニュ~に言って、有機肥料はムダが多いと思います。量販店に売っている牛糞、豚糞、鶏糞はほとんど廃棄物ですからね。廃棄物を処理するいうコンタンが見え隠れします。廃棄物処理の片棒を担がされているような感じがします。捨て場のない大量の廃棄物をワレワレ菜園愛好家までもが処理を分担させられているのです。廃棄物の有効活用とはなんかちがうと思います。

近ごろ化成肥料を見直しています。なかなかいいんじゃないのという感じです。化成肥料というのはもちろん人工的に作られた化学肥料です。配合されているのは植物が必要とする窒素、リン酸、カリウムの3大栄養素ですね。栄養素がピンポイントに含まれていてムダがないんですね。だから、畑にやさしい。

化成肥料というと農薬のイメージがあります。人工=農薬です。しかし、そうではありません。植物が必要とする栄養素だけが含まれている、ただそれだけなのです。化成肥料は農薬ではありません。

もちろん、土づくりという観点からすると、化成肥料ではなんともしようがありません。これについては、有機活用の考え方が必要ですけどね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

老後は一人ぼっちがいい!

2015年11月24日 | 人生クラブ
この10年間、一人ぼっちでもできる趣味を探してきました。その結果、次の6つを発見しました。
①ジョギング
②ブログ
③路上観察
④童話創作
⑤ゴルフ(練習場・ショートコース)
⑥菜園
そのほかにも、読書や草むしりなどがあります。

なぜ一人ぼっちなのかというと、いつでも好きな時に好きなだけできるからです。気楽に、身軽にとりかかれるからです。つまり、全部自分で決められるのです。

もしこれが複数の人数がそろわないとできない趣味だったら、いろいろと都合をつけなければなりません。いつでもすぐにというわけにはいかないのです。なにかと都合をつけなければならない趣味はとてもおっくうでめんどうくさいものです。

老後に人が何もしなくなるのは実は趣味によるのではないかと考えたのです。人を必要とする趣味はその危険があります。人が集まらないとできない! 人が集まるとトラブルも増える! そうしてだんだんと趣味から遠ざかるようになります。

その点、一人ぼっちの趣味は自分の都合だけを気にすればいいのです。気にするのは自分の体調と天気くらいなものです。人は関係ありません。

趣味は一人ぼっちで毎日でもできるというのが大事だと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フックからの生還!

2015年11月23日 | ゴルフクラブ
昨日、2週間ぶりくらいに打ちっぱなし(ゴルフ練習場)に行ってビックラおどろいたことがあります。それはボールが大きくフックして(左に曲がって)しまうのです。今までになかった球筋なのでどうしたことかと思いました。

体をちょっと回転しすぎかなと思って調整してみますが、よくなりません。しばらく打っているうちに原因がわかりました。五十肩が原因です!

五十肩が痛くてではなく、反対に五十肩がよくなって、肩の可動域、特に肩の開きが依然と変わっているのです。腕の開きで比べてみると、前より何センチも左側が開くようになっていたのです。そのぶん、左に引っ掛けてしまうのだということに気づきました。

そこで、左の肩の開きを抑え、左右対称に振ると、まっすぐに飛ぶようになりました。

ゴルフって難しいですね。プロが毎日、練習で調整する理由がわかります。体調がビンカンに球筋に反映するからです。

さて、今日も練習に行くかな?


練習場から帰りました。今日は練習場の真ん中あたりで打ちました。ここは常連さんたちが早朝からやかましくおしゃべりしているところなのですが、今日は出かけたのが遅かったので、残党? が少しいるだけでした。

今日ははり切って打ちませんでした。ジャストミートを心がけて軽く打ちました。ミート率は確かに上がりました。

肩の調子がよく、二日続けて打ってもゼンゼン平気です。退職後、練習に励んでも大丈夫のようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アスピリン

2015年11月22日 | 健康クラブ
人間、毎日、元気ハツラツというわけにはいきません。どこか調子を崩してしまうものです。

ワタクシは季節の変わり目に毎年風邪をひきます。ついうっかりうたた寝をして風邪を引いたりすることもあります。

そこで、体調がすぐれない時には、ワタクシはアスピリンを飲みます。これはイレイン・セントジェームズの「シンプルに暮らす100の方法」に学んだものです。

アスピリンを飲むと、少々の発熱やのどの痛みは改善します。症状が治まり、風邪が早く治ります。これは経験してみるとすぐにわかります。

ワタクシは市販の風邪薬が苦手だったのです。症状は抑えられるけど、眠気が来たり、頭がぼ~ッとしたりするのが好きではなかったのです。その点、アスピリンはピンポイントに効きます。熱を下げ、痛みを抑えます。

今やアスピリンはワタクシの生活に欠かせない常備薬になっています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昨夜は飲み会!

2015年11月21日 | 日記
昨夜は内輪の飲み会でやや午前様になりました。それで、今日のブログがこんなに遅くなったのです。

40代2名と50代2名と60代1名が集まりました。

一軒目は居酒屋ふうの店でした。右にカウンターがあり、左に座席? じゃくて、テーブルと椅子がありました。少し変わったつくりでした。出される料理も今までにないようなものばかりでした。サラダがラフランスの入った甘い味つけがしてありました。白子を焼いていただきました。これはおいしかったです。マグロのかぶと焼きの量には圧倒されました。たっぷりいただきました。

二軒目はワインの店でした。ここでは焼きガキを食べただけでした。ワイの店なのに全員ワインは飲まずにノンアルコールを飲んでいました。

40代と50代が多いとはいえ、話題は老後のことではありませんでした。まあ、そういう言えば自分も老後のことを熱く? 語り始めたのはここ2、3年のことだから、それはそうでしょという感じです。

話題はもっぱら同僚のことです。同僚のうら話に花が咲きました。しゃべりながら聞きながら、こんな場が仕事の潤滑油になることを今さらながらに感じました。あれはそうだったのか! これはこうだったのか! ということがうまくつながったり、ほどけたりしたのです。同僚の意外な面を知って、そうだな、それはしかたないなと思いました。みんなで「そりゃあ、しかたないよな」で終わりです。

さて、こんな飲み会もあと4か月で終わりです。べつに特別な感情はありません。淡々とした気持ちです。昨夜は楽しかったという思い出だけが残りました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子宝に恵まれる

2015年11月20日 | 人生クラブ
若いころに「天中殺」という占いがはやりました。まだ結婚していない頃の話です。

その占いでワタクシは「子宝に恵まれる」と出ました。そこに至る詳しいことは覚えていないのですが、「子宝に恵まれる」ということだけが頭に残りました。

「子宝に恵まれる」とはもちろん子どもを授かるという普通の意味です。そこのところをワタクシは「生まれてくる子はよい子である」とかってに拡大解釈していました。

「子宝に恵まれる」という考えは子どもの誕生から子育てまでずっとワタクシの精神的な支柱になりました。ゆるぎない信念でした。ゼッタイによい子が育つと信じていたのです。

その結果は・・・二人の子が元気な子に育ったという点では当たっていました。天中殺、大当たりです!

天中殺ブームはとっくの昔に終わりましたが、ケッコクのところ自分に都合のよいことだけ信じるという性格だけは今も続いています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

退職はトコロテン?

2015年11月19日 | 人生クラブ
昨日も会合で同席した人から「趣味が多いから退職してからも楽しみがあっていいですね」と言われた。

ワタクシは退職後が楽しみだ!
退職後の楽しみに引っ張られているような気がする。
はやくこっちに来いと。

後ろ髪を引かれるような残念無念の気持ちはまったくない。だからといって、今の仕事に後ろ足で砂をかけるような気持ちもない。

就職、退職、はい! 一丁上がり!
まるでトコロテンを押し出すようにするんと抜け出す!
味付けは時には甘く? 時には酸っぱく?

お世話になりました!
ありがとうございました!
これからもがんばります!

送別の辞はこの3文で終わる。

そうこうするうちに退職まであと4か月!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒザの「イチッ!」

2015年11月18日 | 健康クラブ
以前にはなかったことで最近気になるのはヒザの「イチッ!」です。

それはどういうものかというと、椅子から立ち上がったり、階段を下りたりする時にヒザが少しだけ「イチッ」という感じで痛むことです。「痛っ!」というのではありません。また、継続して痛むこともありません。

それは瞬間的な痛みですが、精神的に不安感をあおるのには十分です。とうとうヒザに来たかという感じです。左の五十肩が治りかけてきたかと思ったら、今度はヒザかよ~老化が・・・

ところが、ここ、3、4日、スロージョギングをするうちに、その「イチッ」がなくなってしまったのです。

原因はヒザの油切れ? だったのかもしれません。ヒザをつかわないうちに潤滑油がとどこおってしまっていたのかもしれません。それか逆に庭の雑草取りでずっとヒザを曲げたままにしていたための油切れだったのかもしれません。

どちらにしても、おそるべしはやはりスロージョギングのようです。ヒザ痛に走る運動は逆効果のように思いますが、実際には効果抜群です! 曲げたり、伸ばしたり、適度の圧力をかけることがヒザの健康には大事なようです。

これからますますスロージョギングから離れられなくなりそうです。生活の根幹? 基盤? にスロージョギングをおこうと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

退職まであと4か月!

2015年11月17日 | 人生クラブ
あっという間に退職まであと4か月ちょっとになっていました。

そういえば50台に入ってからだったか、一週間が早く過ぎるように感じます。若いころは週末までがまだかまだかと待ち遠しく感じるほど長かったのが、歳をとるにつれて一日一日がどんどん短くなるように感じます。ということは、楽しい週末もあっという間に過ぎてしまうということです。それもどこかに出かけた時ほど一日が短く感じます。

ところが、週末に一日家にいて、家のことをじっくりやっていると、これがおどろくほど時間のたつのが遅い。仕事をしている平日と比べると、2倍以上遅く感じる。フシギな体験をします。本当はそんなことないんだろうけど、なんだか、一日を濃く生きた感じさえします。

忙しいときは夢中で仕事をして時間を忘れているのであっという間なんだろうなと思います。それに対して、時間を意識して生活していると、時間がゆったりと過ぎていくのを実感するのだと思います。

退職後はスロージョギングと同じように生活しよう。まるで歩いているかのようにゆっくりと。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

特急電車が変わった!

2015年11月16日 | 旅行クラブ
久しぶりに特急電車に乗っておどろいたのは、ドアを入ってすぐのところが広~くなっていることでした。

そうですね・・・相撲が取れるくらい?の広さがあります。ロビーというのかどうかわかりませんが、そこが満員電車のように広くなっているのです。以前のようなせまい抜け道?という感じではなくなっています。

だから、荷物を気にしながら入ったり、降りる時にキュウクツに押し合ったりすることもありません。

もう一つ、荷物が置けるスペースが別にきちんととってありました。小さな小部屋ふうで、ここで車窓を眺めるのもいいなと思ったのですが、そこは大きなトランクを置くところでした。

今回の旅で気づいたのは、大きなトランクを持った団体客がおおぜいいたことです。韓国語や中国語を話す人たちです。そうした旅行者のために、このスペースが設けられたのだと思いました。あの大きなトランクを通路や座席に置かれたら、大迷惑になりますよね。その対策も兼ねているのでしょう。

数や量が増えると、いろんな面で変わっていく・・・団塊の世代にも同じようなことがあったような・・・

もう一つ、特急電車の内装がよくなったのは「ななつ星」の影響もあるのかもしれません。電車の旅が優雅になりつつあるのだと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加