90才まで生きてやる!

毎日楽しく生きる日刊ブログ

うまくいかないと考えた方がうまくいく!①

2017年08月09日 | ゴルフクラブ
ティショットでミスした場合、早々とボギーねらいに切り替える方が大叩きの危険性が減る。
たとえば、FWバンカーに入った時のエピソード記憶から。

①浅いフェアウェイバンカーから7番アイアンで打ったショット。
ダフリだけは避けたいと思い、はじめからトップ気味に打った。
ボール中央にあたって直線的に飛んでいく。
ランが出て、花道をころがり、グリーン手前20ヤード。
3打目で乗せて、2パットボギー。
引き分けだ。

②ちょっと土手が気になるFWバンカーからU4で果敢に攻めたショット。
トップねらいが、低く出て土手に当たり5ヤードチョロ。
そこからムリして打った7番アイアンがトップしてグリーン向こうのバンカーへ。
やっとこ乗せて2パットのダボ。
負けだ。
この時はトリプルの危険性もあった。

これらのエピソード記憶から得られた教訓は、「ロフトの立った7番アイアンあたりで花道方向をねらってトップ気味に打て!」ということだ。
なんとかボギーで上がれる。
パーをとった時のような気分だ。
『宮崎県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スイングを伝えることの難しさ! | トップ | うまくいかないと考えた方が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。