90才まで生きてやる!

毎日楽しく生きる日刊ブログ

ゴルフはつねに「ネクスト」を考える ❢

2017年06月13日 | ゴルフクラブ
ショットをつねに逆に考える習慣が身についた。
つまり、次のショットを考えて打つようになったのだ。
逆思考はゴルフの基本的な戦略だ。

ショートはまずバンカーを避ける。
バンカーに入るとまず今の実力ではボギー確実だ。
右や左、奥にOBがあるホールは手前に落としたり、左右、もしくは奥の空いているところをねらったりする。
横風の強い時はたいていグリーン端をねらって打つ。

ミドルはティーショットを次にグリーンをねらいやすいところに打つ。
左右がドッグレッグになっている時はたいてい逆をねらって打つ。
フェアウェイバンカーにはゼッタイに入れない方向に打つ。

ロングのティーショットは3打でグリーンに乗ればいいと思っている。
フェアウェイキープを心がける。
最後に50ヤード残すより、100ヤードの方が結果がよかったりする。

コース戦略の大事なキーワードは「ネクスト」だ。
つねに次打ちやすいところに打つことだ。

パターでさえ「ネクスト」だ。
ファーストパットは下りを残すより、上りを残すように打つ。
その方が打ちやすいし、ラインが分かっていたりするからだ。

ゴルフがミスを避けるスポーツだということがよく分かる。
『宮崎県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なんと「右」一軸スイング ❢ | トップ | ゴルフ山本道場のべた足 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ゴルフクラブ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。