90才まで生きてやる!

生活や趣味をつづる日刊ブログ

その場でスイングこれも一軸!

2016年10月18日 | ゴルフクラブ
20年ぶりにゴルフを再開したのをきっかけに、自分のスイングを一から見直そうと思った。
参考にしたスイングが6つある。

①オージー・モア
②伊澤利光
③イ・ボミ
④中井学
⑤リディア・コ―
⑥片岡大育

①のオージー・モアからは軸を一つにすることを学んだ。
20年前も今も体重移動がどうも苦手だ。
体重移動をすると飛ぶには飛ぶのだが、右や左へと飛び散って? 正確性に欠ける。
ところが、スイングの軸を一つにすると、再現性が高まり、まっすぐに飛ぶ確率が高くなる。
一軸が自分にはあっていることを学んだ。

②の伊澤利光とは20年ぶりの再会だ。
「本物のスイング理論」を読んだ。
伊澤はその場で回転することをすすめている。
回転でボールを飛ばすのだ。

③のイボミからはべた足と頭を残すスイングを学んだ。
頭と両足の三角形を再現するのだ。
また、アイアンではフルスイングしないことを学んだ。

⑤のリディア・コ―からもフルスイングしないことを学んだ。
また、バックスイング始動で手首を後方へまっすぐ引くことを学んだ。
リディア・コ―を通して、レッドベターに再会した。

最後は片岡大育だ。
彼のスイングを見て「その場一軸スイング」という考えに到達した。
再現性と正確性が群を抜いている。
やっと自分に合ったスイングに巡り合った。

自分の体の強いところは、
①背筋
②握力
③大腿筋
まさしく「その場一軸スイング」はこの三つの筋力を使ったスイングだ。

退職していろいろなスイングを学んだ。
それで完成したのが「その場一軸スイング」だ!
構えたところで回るのだ。

これで固める!
『宮崎県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一日に一つのことをするいう... | トップ | 誰よりもまっすぐ飛ばぞ!と... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。