90才まで生きてやる!

毎日楽しく生きる日刊ブログ

「逃げるは恥だが役に立つ」ゴルフ!

2017年07月17日 | ゴルフクラブ

「逃げるは恥だが役に立つ」ゴルフ!

レイアップのことだ。
日本では「刻む」と言ってきた。
「刻むは恥だが役に立つ」ゴルフだ。

レイアップは次のショットを考えて打つ。
パー5のホールで多用する。
これは積極的なレイアップだ。

もしくは、ティーショットをしくじって、フェアウェイに出すだけだと判断した時、あるいはグリーンサイドに容易ならぬ池やOBゾーンがある時、レイアップする。
これはどちらかと言うと消極的なレイアップだ。

よくしくじるのが、フェアウェイ内だけれども極端な状況(傾斜・ディポットなど)にボールがある時だ。
今までは普通にグリーンをねらって打ち、とんでもないショットが飛び出していた。
普通と異常は隣り合わせだ。

ここは積極的にレイアップをねらうべきではないか?!
グリーン手前でいい・・・次のショットにかけると。
「レイアップは恥でもないし、役に立つ」!
『宮崎県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いきなりロングは力まない! | トップ | 錯視とたたかう策士! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ゴルフクラブ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。