90才まで生きてやる!

毎日楽しく生きる日刊ブログ

甥の結婚式!

2017年12月09日 | 家族クラブ
おっとっと!
今日は甥の結婚式だ!

昨日思い出した。
赤ちゃんの世話ですっかり忘れていた。
今日は朝からドタバタだった。

午後からなのでもうすぐ出発だ。
帰りは夜になる。

みなさま、ごくろうさま!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

孫の病院通い!

2017年12月08日 | 家族クラブ
今日は退院後1週間目の検診日だった。

朝9時過ぎに産院に入って、出たのは2時だった。
長~い!
待ち疲れた。

これもあれも孫のためだ。
そう思いながらも、ダッコしながらウトウト・・・
あっぶねぇ~

しばらく病院通いが続く。
年内は送り迎えでテンテコマイだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

赤ちゃんの検診日!

2017年12月08日 | 家族クラブ
今日は赤ちゃんの検診日だ。
誕生から2週間がたった。

生後2週間!
飲んで、寝るだけの生活だ。
一日のほとんどを寝ている。

ギャ~ギャ~言わない。
よく飲んで、よく寝ている。

さて、退院から2回目の外出。
今回は産院に滞在することになる。

ミルクは?
オシメは?
沐浴は?

朝からテンテコマイの一日になりそうだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オムツの箱買い!

2017年12月08日 | 家族クラブ

オムツの箱買いをした。
どうせ使うものだからだ。
大人買いだ。

ベビザラスの中をウロウロしていたら、男性店員さんに怪しまれた。
おじいちゃんがなんでこんなところに? てな感じかな?

「オムツ売り場はどこですか?」
こんな時はこちらから尋ねてみるに限る。
攻撃は最大の防御なりだ!

「あちらの方になります!」
へ~い、毎度ぉ~

オムツ発見!
えぇ~い メンドクサイ!
箱買いだぁ~

「新生児用で間違いありませんか?」
レジでサイズを念押しされた。
「まちがいありません!」

ここには介護用はないのだろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二世帯生活は共倒れ?

2017年12月07日 | 家族クラブ
昨夜は自治会ゴルフの忘年会だった。
久しぶりにネオン街に出た。

予定時刻は5時半だ。
余裕をもって5時ちょっと過ぎに着いた。

あら、ビックリ!
もうあらかた席が埋まっていた。
みんなバスで早めに着いたのだ。

上座にスコアーカードが貼り出してあった。
昼間、河川敷でラウンドだったのだ。

・・・みんなスコアーが悪い。
いつも70台のトップ3が80台・・・
いつも80台の会長が90台・・・
一人も70台がいなかった・・・
いったい何があったのだ?

風はなく、快晴!
ゼッコ~のゴルフ日和だったらしい。

だが、気温が低すぎた・・・
朝の冷え込みで入念な準備ができなかったようだ。
トップバターは14をたたいたらしい。

ゴルフからやがて孫、息子夫婦の話へと発展していった。
ふつうに家族のことが話せるのはうれしい。

二世帯生活はゼッタイによくない!
と、力説された、
みんなが言うように「スープの冷めない距離」が一番いいらしい。

二世帯生活だと共倒れの危険性があると脅された。
離婚や家族離散に追いやられた話を聞いた。
ゾッとした。

よかった!
二世帯別居でよかった。
明けたらすぐに早めに引っ越しをするように促そうと思った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新しい生活習慣!

2017年12月04日 | 家族クラブ
赤ちゃんが来て新しい生活習慣が始まった。

➀食事(スムージーだけワタクシがつくる)
➁炊飯予約
➂食器洗い
➃沐浴(赤ちゃん)
➄洗濯&物干し
➅風呂(ワタクシ)

これが朝の仕事だ。
そうこうするうちに宅食が届くので、昼食づくりにかかる。

11時過ぎに昼食をとる。
食器洗いがすんだら、午後からやっと自分の時間だ。

そう考えていても、なかなか予定通りにはいかない。
だいたい1時間くらいの誤差が出る。

もうだいたい慣れた。
きちんと暮らす生活は年内は続く!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お父さんに似てますね!

2017年12月04日 | 家族クラブ
赤ちゃんが生まれてから千客万来だ。
職場の同僚や知人、友人が訪ねてくる。
もちろん息子夫婦の関係者だ。

「お父さんに似てますね!」
これは無難なお世辞だ。
特に男の子だから角が立たない。

「お母さんに似てますね!」
これはあまり聞いたことがない。
女の子に向かって言うと、お父さんに失礼になる場合もある。
難しいところだ。

生後1カ月も経たないから、どちらかに似ているいうことはない。
耳が福耳なところが息子に似ているくらいだ。
うちの家族はみんな、福耳なのだ。

半年もすれば、その子なりのだいたいの顔が現れてくる。
まぁ、元気に育てばいいと思っている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出産と新居と引っ越しと!

2017年12月02日 | 家族クラブ
息子夫婦と赤ちゃんがこの家を出ていく日を考えた。

それは新居への引っ越しが完了してからがいいだろう。
もうアパートには戻らず、ここから新居へ直で引っ越すのだ。

ここにいる間にアパートの荷物を整理し、新居へ運び込む。
アパートの引き払いが完全に終わってから、息子ヨメと赤ちゃんは直接、新居へ移動する。
そういう段取りだ。
新しい巣づくりというところか!

それにしても、出産と新居と引っ越しと、あわただしい年の暮れとなった。
62年間で一番、あわただしいかもしれない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月は師走だ!

2017年12月02日 | 家族クラブ
産院にいる時はあまりダッコしなかったが、家に来てからは腕がダレルほど、ダッコしている。
きっとそうだろうと思った。

息子ヨメは昨日一日だけではまだ物の置き場所や動きがしっくりこなかったようだが、そのうちに動線もはっきりして、手順もよくなるだろう。

赤ちゃんは前からいたような気がする。
突然、現れた気がしない。
フシギなものだ。

この1か月間があわただしい。
ホントに師走だなぁ~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

赤ちゃんがわが家にやって来た。

2017年12月02日 | 家族クラブ
昨日、息子ヨメと赤ちゃんがぶじに退院し、わが家にやって来た。

朝、ポット、湯沸かし器をシャフツした。
テンテコマイでチャイルドシートを取り付けた。
とりあえずすぐに使う物から準備した。

すぐさま産院へかけつけた。
取り付けたばかりのチャイルドシートに乗せた。
車の運転にサイゼンの注意を払った。

それが昨日だったのだ。

今日から沐浴だ。
息子が入れる。
休みでよかった。
平日はワタクシが担当だ。

家族総動員で取り組む!
キマリがあるわけではないのだが、みんなが一致団結している!
てな感じ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

百歳まで生きる!

2017年12月01日 | 家族クラブ
車の後ろで息子ヨメのお父さんが「百歳まで生きる!」と言っていた。
ワタクシはムリだろうと思った。

百歳はムリだ・・・
せいぜい70歳くらいまでかもしれない。

息子ヨメのお父さんは胃がんの手術を二度もして、胃の3分の2を切除している。
ご飯が少しずつしか食べられない。

百歳まで生きるはおそらく希望だろう。
気力かもしれない。

「百歳まで生きる!」
息子ヨメのお母さんが「そうね、そうね」と言っていた。
ワタクシはハンドルを握りながら、うんうんとうなづいた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宮崎神宮&平和台公園!

2017年11月30日 | 家族クラブ


接待三日目、宮崎神宮に参拝した。
西神苑駐車場に車をとめた。

息子ヨメのご両親に「参道の真ん中は神様が通られます」と伝えると、「おぅ~っと」と飛び跳ねるように隅っこに避けられた。
神さまの何がそうさせるのだろうか?

手水のところでワタクシは失態を演じてしまった。
手で水をすするところをひしゃくから直接、飲んじゃったんだ!
神さまにおこらるっど!

「二礼二拍手一礼(二拝二拍手一拝)」
これはうまくいった。
家族みんなの健康を祈願した。

そこからすぐに平和台公園に行くつもりが、途中で秋の植木市があることに気づき、キュウキョ、東苑に方向転換した。
春に比べ、秋は閑散としている。
植木屋の数も少ない。
しかし、ケッコ~な人が植木を買っていた。
ワタクシはなぜか、ワケギ(ネギに似ている)を買った。
植木市で野菜を買ったのだ(プッ)
車の中が臭った。

平和台公園に着くと、すぐに「SIZEN」に入った。
予約なしだったが、うまく空いていた。
昨日、肉食ったので、今日は野菜にしたのだ。

「SIZEN」は好評だった。
「野菜がたくさん食べられてよかったです!」と言ってもらえた。
星3つ~!

平和の塔に向かってビンビン手をたたいて反響を楽しんでいると、知らないオッサンが通りかかって、「ほかのところでもなりますよ!」と声をかけた。
ほかのところでもやってみると、なる!
ビンビンなる!
「ヘェ~そうだったか!」
(知ってたワイ! 地元じゃ!)

かくして、三日目もうまくいった。
とうとう今日が最後になった。
今日は自宅でワタミ弁当を食べる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「休」の謎解き!

2017年11月29日 | 家族クラブ
父親から聞いた話だ。

歴代、長男は「休右衛門→休太郎」の名前を交互にくり返していたそうだ。
おじいちゃんが「休右衛門」なら息子が「休太郎」、そして孫がまた「休右衛門」なのだ。

なんともいい加減な名前の付け方だが、しかし、さすがにご先祖さまもそんなにアホではなかったと思う。
考えてみた。

➀寿命サイクルが短かった時代だから、孫が生まれる頃にはおじいちゃんはもういない。名前が重なることはない。
②先祖の生まれ変わり信仰があったのではないか?
③名前を交互に付けることで命のくり返しを願ったのではないか?

まぁ、そんなとこだろう。

ところで、「きゅうえもん」や「きゅうたろう」を入力すると、「久右衛門」や「久太郎」が出てくる。
「休」の字は出て来ない。
「きゅう」は「久」なのだ。

「久」なら「久しい」「永久」だから長い時間が思い浮かぶ。
未来永劫のイメージだ!
もろに願いが感じられるではないか。

その点、「休」には・・・
ゆっくり体を休める意味しかない!
ご先祖さまはなぜ「休」を選んだのか?

なにか「休」にこだわった理由があるはずだ。
それは謎解きなのかもしれない。
これから「休」について考える。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

接待三日目!

2017年11月29日 | 家族クラブ
接待三日目。
今日は一日中、曇りの予報だ。

二か所、回るつもりだ。
歴史的建造物だ!

それから、何食べよう・・・
なんか会話のネタも尽きたような気がする・・・

ま、ガンバッてみるか!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

息子が孫につけた名前!

2017年11月29日 | 家族クラブ
赤ちゃんの名前は出産の3週間くらい前にやっと決まった。
息子が考えた。

孫の名前は3文字だ。
明治安田生命が発表した男の子の名前ベスト100には入っていない。
ここに入っている名前はだいたい1文字か2文字だ。

最後の一文字を親(ワタクシ)→子(息子)→孫で受け継ぐことになった。
うれしいけれど、緊張する。
生き方を問われているみたいだ。

おじいちゃんがヘナチョコではダメだろう・・・
ハチャメハならちょっとカッコイイか・・・
そんなことを考えチャウのだ。

ただよかったのは今回も命名を任されなかったことだ。
これは助かった!
名前は親がつけるべきだ!

任されたら責任重大ではないか!
ヤだ!
ヤだ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加