90才まで生きてやる!

毎日楽しく生きる日刊ブログ

宮崎ゴルフ倶楽部で86!

2017年09月20日 | ゴルフクラブ
今日は自治会ゴルフの日だった。
2回目の宮崎ゴルフ倶楽部だ。
スコアーは86!だった。

OUT:42
①6(1)
②3(0)
③6(1)
④4(0)
⑤5(1)
⑥4(1)
⑦4(0)
⑧5(1)
⑨5(1)

IN:44
⑩4(0)
⑪4(1)
⑫4(0)
⑬6(1)
⑭5(1)
⑮5(1)
⑯6(1)
⑰4(1)
⑱6(2)

フェアウェイ(FW)キープ率は61%
パーオン(PO)率は22%。
パット(PT)数35。

よかったのか、悪かったのか、よく分からない。
パーが5つしか出ていないからだ。
パーオン率も低すぎる。

アプローチが1打でグリーンに乗せられるようになったことがよかったことか?
SWの30~50ロングアプローチとPWのショートアプローチがさえていた。
だから、ボギーはとれるようになった。

パーオンか、べたピンアプローチの力を上げなければ80切りは難しい!
今日、80を切ったのは一人だった。
この人はFW率も、PO率も高い。

今日の曇り空のようになんか気もちがスッキリしない。
しかし、ハンディ優勝はうれしい!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

左腕が胸の上にくる!  今井純太郎

2017年09月16日 | ゴルフクラブ
腕と体の関係、特に左腕の位置が大切なんですね。
動画のように、前にならえの状態から左腕だけ右にずらし、左腕が胸の上にくるようにするのがいいようです。
こうして構えると、体の向きがスクウェアーになります。



ちなみに、この原理をワタクシは練習場の鏡の前で発見しました。
ん? あれっ?
という感じで気づきました。

前にならえの状態からそのまま真ん中に構えると、体はオープンになってしまいます。
ぜひ、確かめてみてください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

片山晃の「右手のゴルフ」!

2017年09月16日 | ゴルフクラブ
この人、片山晃さんの「右手のゴルフ」もたいへんにおもしろい!



しかし、どうしてこんなにいろいろなスイングがあるのだろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

腕が体に巻き付くスイング!

2017年09月15日 | ゴルフクラブ
「シャフトを長くすればボールは飛ぶ」と言われている。
遠心力の問題だ。
だから、最初はみんな、腕まで伸ばして打とうとするんだ!



しかし、実際は「腕は縮めた(体に近い)方が回転が速くなる」から飛ぶ。
これは求心力の問題だ。

遠くに行こうとするヘッドを腕で引き戻し、体から離さない動きが必要になる。
遠心力と求心力の問題だ。

その昔、昔、大昔、月がまだすっと地球に近かった頃は、地球の自転は速かったそうだ。
一日が一けたの時間だったらしい。
それからどんどん月が遠ざかるようになってから、今の24時間になっている。

遠くへ放り投げようとして実は離さない、というのが、なんか大事らしい!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワッグルからスムーズな始動を!

2017年09月15日 | ゴルフクラブ
今までのセットアップは固かったなぁ。
慎重に打とうとするあまり、体全体に力が入り、動きが硬直していたのだ。



力を抜き、自然なリズムを取り戻そう。
今までよりも正確に、もっと飛ぶはずだ。

ワッグル!
これもスイングパズルの一つなのだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一生モノのスイング!

2017年09月14日 | ゴルフクラブ
一生モノのスイングはやたらと手順の多いスイングではダメだ。
少ない手順で打てる、シンプルなスイングがいい。

しかも、少ない練習回数でも身につき、それでいて再現性が高く、正確性が高い!
さらに、省エネで、持続性が高い!
ちょうど自転車に慣れるようになった時の、あの感覚だ。

体得するまではタイヘンだけど、一度身につけたら、一生もののスイング!
いつでも、どこでも、同じように再現でき、ゼッタイに忘れない一生もののスイング!

それが左重心スイングかどうかはまだ分からない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スイングはワッグルから始める!

2017年09月13日 | ゴルフクラブ
ワッグルはショ~ジキあまり考えてこなかった。
ボールの後ろにヘッドを固定したまま、すぐにバックスイングに移っていた。

今日の練習からルーティーンの一つとしてかならずワッグルをすることにした!



これはイケル!
バックスイングのきっかけとなるワッグル!
これは自分に合っている。

よりアベレージショットが出るようになった。
ミート率が上がったのだ。

次のラウンドからぜひ使いたい!
特に2分30秒後のところが参考になる!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「パープレイが当たり前」!

2017年09月13日 | ゴルフクラブ

「パープレイが当たり前」
挑戦的な題名だ!

「パーをとるにはどうしたらいいのか!」

その一:ティーショットをフェアウェイ(できればピンをねらえる地点)に運ぶこと
その二:グリーン(できれば2ピン以内)に乗せること
その三:アプローチをワンクラブ(できれば50㌢以内)に寄せること

「ゼッタイにダボをたたかない」ゴルフではどうすればいいのかが見えてこなかった。

「パープレイが当たり前」の気持ちこそ大事だ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山本道場の魚突きドリル!

2017年09月13日 | ゴルフクラブ
以前からすごく興味ある!
魚突きドリル!



トム・リーマンも同じような打ち方をしている。
しかし、どれほどの練習が必要なのだろう?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

右から左へ重心移動は お尻?

2017年09月12日 | ゴルフクラブ
ワッグル1、2の、3~
この人(以前紹介した人)もやっていた!



コースでもやっているかどうかはわかりませしぇ~ん!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワッグル 1,2,3~

2017年09月11日 | ゴルフクラブ
今日も練習に励んだんだが、どうもドライバーが左右に散らかってしまう。
その証拠にフィニッシュが決まらない。
ふと、この動画を思い出した。



左ひざを前に出し、右ひざを伸ばす。
1、2、3~
ワッグルを2回くり返し、3回目に振り抜く。

独特のワッグルだ。
マネてみた。

ボールにフェイスを合わせる時に1、2と数え、3回目に振り抜く!
おお~タイミングがとりやすい!

バックがどうの、インパクトがどうのと、まったく考えない!
左ひざの曲げ伸ばしと右ひざの伸ばしを感じるだけだ。

これはいい!
動画で見ている時はこの人独特のリズムなのだろうと思っていたが、これは使える!

その後、20~30球、打ってみたが、ほとんどフェアウェイ幅に飛んでいく。
まがらず、まっすぐなラインが出る。

毎日、いろいろな動画を見ていて、ヨカッタ!
使えるところは使っていくぞ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

左重心スイングなのに、出てしまうクセ!

2017年09月09日 | ゴルフクラブ
「左ひざを後ろに引かないで、左ひざの上に体重を乗せる」!
これができていないことが多かった。
どうも左ひざと左腰を後ろに引いてしまうクセが出るのだ。



左肩を下に落としてしまうクセも出ている。
いかん!
いかん!

来週も練習だ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小暮博則プロの左重心スイングレッスン!

2017年09月08日 | ゴルフクラブ
「左重心スイング」!
ワタクシは「左重心『背面』スイング」と呼んでいる。



肩を下向きにへ90度落とせるか!
飛ばそうと思っている方向へ背中が向けられるか!

これはかなり勇気がいるぞ!
コースでできれば本物だ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゴルフマシーンになるぞ!

2017年09月08日 | ゴルフクラブ
退職してから1年半、はじめは週に平日だけで4~5回も練習場に通った。
今は平日コンスタントに3回だ。
もちろん、コンペのある週は2回だけれども。

これだけ行ってると、打ちっぱなしの練習も役に立たないわけではないと思うようになる。
まず、いろいろなフォームを確かめることができた。

オージー・モアもやった。
中井学もやった。
リディア・コーもやった。
伊澤利光もやった。
イ・ボミもやった。
田村尚之もやった。
山本誠二もやった。
桑田泉もやった。

自分に合った、コースでも使えるスイングを模索してきた。
それは再現性・正確性・持続性の高いスイングだ。

ケイタイで記録をとり始めた。
スマホにかわってからも続けた。

こうして、ああして。
こうすると、ああなる。
原因と結果の間をウロウロとさまよった。

コツに気づいたときはうれしかった。
急いでメモ帳に記録した。

と、思ったら、次にはまったくダメだったこともある。
練習場ではうまく打てても、コースではダメなスイングもあった。
ドライバーはいいが、アイアンになるとうまくいかないスイングもあった。

コースでも使えて、ドライバーからアイアンまで同じフォームで打てるスイング!
自分の体に合った、ムリのないスイング!
それは打ちっぱなし(練習)⇄コース(実践)の中から生まれてくる。
これはまちがいない。

よく「コースと練習場とはちがう」と言われるが、練習は好条件の中で反復するのが当たり前だ。
コースだけでうまくなるのは至難の業だ。
それに、おカネも時間も体力もない。

打ちっぱなしの練習はゼッタイに必要だ。
しかし、週一回程度の練習では効果は薄いだろう。
せめて、間をおいて2回は行くべきだ。

今も週に3回行く。
フォームを固めるタメだ。
やっと見つけたスイングを体に覚え込ませるのだ。

マシーンになりたい!
そう思っている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1ホール9打の恐怖体験!

2017年09月07日 | ゴルフクラブ
忘れないうちに記しておく必要がある。
昨日のOUT9番ホールの9打だ!

8番ホールまで4オーバーできていた。
パーが取れれば40だ!
と、慢心していたわけではない。

グリーンエッジまで410ヤード・パー4。
距離のあるロングホールだ。

ティーショットはまずまずのできで、フェアウェイ左側に飛んでいった。
230ヤードくらい飛んだが、ピンまではまだまだ180ヤード以上ある。

手に取ったのは今日調子のいいU3.
左重~心~ショット!
グリーン幅に飛んでいって、ボールが見えなくなった。

乗ったか?
グリーン右手前が盛り上がっていて見えないのだ。
乗っていればナイスショットだ。
ここでのパーオンははじめてだ。

そうは問屋がおろしダイコン!
ボールはグリーサイドのバンカーに転がっていた。
右曲がりのコロコロ軌跡を描いて。

嫌な予感がした・・・
じつはSWを家に忘れていたのだ。
AWで打つしかない。

最近、バンカーをインサイドアウトに打つようにしてから、しっかりとバンカー脱出ができるようになっている。
しかし、それはSWでのこと。

嫌な予感がしたのだ・・・
AWでは大きすぎるか・・・

シュッパツ!
悪くない!
うまくヘッドが抜けた!

オ~マイガッ!
やはりボールは飛び過ぎて、反対側のグリーン奥へ飛んで行った。

向こうで自治会仲間が何やら言っている。
ん? なんだ?
え~OB?????

バンカーから元気よく出て行ったボールはOB杭の外までコロがってしまったのだ。
ガ~~~~ン!
なんということだ!

もう一度、バンカーから仕切り直し。
今度は小さくスイングしてみるがやはり大きく、グリーン向こうへ転がり落ちた。
そこからワンピンに寄せる。

パットが入らない・・・
入らない・・・
やっと入った・・・

9打!
近ごろ見たこともない数字だ!

ここがパーなら40!
ボギーでも41!
ああ、しかたない・・・

終わってから冷静に考えてみると、ここは左から攻めるべきだった・・・
またはグリーン手前から攻めるべきだった・・・
ロングホールはボギーでいいと誓った(誰に?)ではないか!

考えればキリがない。
小さいことからコツコツと!
これが一番だ。

そう思って、インに入ってからは、固く、固く攻め、ダボなし、パー3つの42に抑えた。
トータルスコアー87はまあまあだ。
また次回、ガンバる!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加