ひびのきおく

かえでのつれづれな日常をつれづれに綴るなごみの時間。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Who can ask for anything more?

2006年04月12日 | 芝居のこと
前々からの宣言通りいってきました『クレイジー・フォー・ユー』!
劇団四季のの輸入ものミュージカルの中ではいちばん好きな作品です。
わりと「重いもの」好きなわたしにしては意外でしょ?

ミュージカルの「原産国」はやっぱりアメリカですし、この作品は王道ブロードウェイ!
やっぱり直球ってすばらしい。
話の内容なんて、boy meets girl、以上!でほんとうにどうでもいいのですが、
あのなんにも考えないままにただただ楽しい!あれがいいんです。
わたしはやっぱり「ベタ」が好きです。

そういった意味では映画の『タイタニック』が好きなのと似てるかもしれません。
あの手錠は一発で断ち切れるけど、鍵はどうってことないところで落としちゃう!みたいなね。
やはり娯楽は娯楽然としていないといけません。

今回の主役ボビーはなんと加藤敬二さん。
彼の主演でこの作品を観るのなんて何年振りでしょうかね・・・。
最後に観たのは確か日生で、ポリーは今は亡き志村幸美さんでした。
高校生の時かな?
なつかしい・・・。

荒川さんの演じるボビーも大好きなのでなんともいえませんけれど
加藤さんはほんとうにこの役が当たり役ですね。
役に合ってる。
ほんとうにその一言に尽きると思います。
終盤のNYCに帰ってきてからのソロダンスにはうっとりです。

新ポリーの樋口さんもなかなかいい出来した。
でも個人的には彼女はソフィやピコのほうが好きかな。

当たり役だなぁと思ったのはもう一人、アイリーンの八重沢真美さん。
もう20年くらい彼女は観ていますがいちばんしっくりくる役ではないでしょうか?
赤毛のわがまま女っぷりがすてきでした。
ランクの頭も景気よくぱちんとひっぱたいてましたし・・・

あと今回ちょっと驚いたのはミンゴ・サム・ムースの三人組の歌で
ムースがバスを歌っていない曲があるのは初めてでした。
バスラインをオクターブ上げて歌ってる曲がありますよね?
サムの西尾さんが今週から復活ですが、サムは目立つ役とはいえ
あんまり踊らないのはちょっと残念です。
その一方で、歌組のミンゴ畠山さんがこんな作品で
がんがん踊っているのを拝見し、なんだか妙に心温まりました。
いや役者さんは大変だ・・・。

まぁいろいろミーハーに書きましたがわたしはこの作品が大好きです。
ジャンル:
その他
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心配ないさ。 | トップ | 愛あればこそ。 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
敬ニさんボビー! (秋生)
2006-04-15 09:48:59
『CFY』私も大好き!!

歌とダンスとキス?がめいっぱい、観てるこっちまで踊りたくなります。(いや~重いんでムリですが)

敬ニさんボビー!!

ご覧になったのですね。うらやましい~

私も、一度はお会いしたい!

あの、しなやかでリズミカルなキレのあるダンスは人々を魅了しますよね。



敬二さんボビー! (かえで)
2006-04-19 21:04:37
一週間で去っていきましたね。

ものすごいレアなものを観た気がします。

もちろん荒川ボビーもまた違うおもむきで大好きです。



歌とダンスとキスももちろんですが、実はわたしがいちばん好きなのは「翻訳」です。

今度はぜひそこに注目してご覧ください。
レアでしたね! (チロル)
2006-04-21 02:25:30
加藤ボビーでご覧になったのですね。

行く予\定のない週にも、月曜日には思わずキャストチェックをしてしまいます…。

普段は重々しい作品が好みですが、

CFYはもはや別格の存在になりました!

四季にも、こういうタイプの作品があるんだなぁと驚かされた作品でもあります^^;
レアですねぇ・・・ (かえで)
2006-04-21 23:09:18
チロル様

忙しくってすっかりネット落ちです。

更新も止まってます。



加藤ボビー、ほんとうに一週間でしたね。

別に狙っていったわけではないのですが、びっくりです。

なんというか・・・もう観られないんですかねぇ。

わたしは荒川ボビーも大好きなのでなんともいえないところですが。



また、そちらにもあそびに行きまーす。

コメントを投稿

芝居のこと」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL