荒木香衣の言い条

声優 荒木香衣の感じたことや日々の出来事をのんびり綴ります

よろしくお願いします

秋の北鎌倉

2016-11-20 | 神社・仏閣
10月末に北鎌倉へ
参拝に行きました。
前回の日光と同じで
ちょっと前のことですが
良かったら、読んでくださいね。

北鎌倉駅




今回は、いつもとは違う
教え子で後輩の娘が一緒です。


まずは、東慶寺へ
北鎌倉駅から、徒歩4分です。



鎌倉街道から入ると




向かって右手に
ギャラリー&ショップ





文学案内板があります。





夏目漱石の
参禅百年記念碑








東慶寺について
寺号ー東慶総持禅寺
創建年ー1285年
宗派ー臨済宗円覚寺派
山号ー松岡山
開基ー北条貞時
開山ー覚山尼

東慶寺は、1285年に
北条時宗夫人の覚山志道尼が
開創したそうです。

封建時代の頃から
「縁切寺」として知られています。


石段





山門




石段から山門への風景は
佇まいが美しく静かで
とても落ち着きます

でも、駆け込んで
縁切りを願った時代は・・・
と、思いを巡らせると
趣も変わってきますね。



拝観料は、200円です。



鐘楼




天井には、龍が描かれているそうです。
知らなかったので、
次回は見たいです。





書院





今回は、松ヶ岡宝蔵が
開いてなかったので、
こちらで御朱印を頂きました。











参道




四賀光子歌碑




「流らふる大悲の海によばふこゑ 
  時をへだててなほたしかなり」
と書かれています。

「人々を救おうと呼びかける、
 大きな慈悲の心に満ちた声は、
 時を隔てても、なお確かに感じられること」

女性の側から離婚できなかった時代に
駆け込めば離縁できる
女人救済の寺として明治4年までの
600年
縁切り寺法を引き継いでいたそうです。


本堂「泰平殿」








御本尊の釈迦如来様を祀ってます。









本堂のお庭の黄色のお花






奥に水月堂が見えます。




水月観音様が祀られてます。
こちらの特別拝観は、
事前予約が必要です。
詳しくは、
松岡山東慶寺のHPをご覧ください。


参道の金仏様








こちらが何かは、
わからなかったです
茶室でしょうか・・・






松ヶ岡宝蔵




入館料は、300円です。
月曜日は、お休みで
9時半から15時半まです。


寺法書や呼び出し状、
駈け込みの実例を記録した
松ヶ岡日記などがあり、
前回見て、
とても興味深かったです。


ショップが隣にあり、
そちらは入館料は入りません。

本当は、この日ここで
写経のセットを買うつもりだったんです。

開いてなくて、
残念でした・・・



さざれ石








井戸





墓所へ続く道です。





戻って参道をよく見ると
ベリーが・・・




可愛い~


お花も可愛く咲いてます




山門へ戻る参道の景色




東慶寺は、尼寺だったこともあり、
たくさんの花々が美しく咲いてます。

空気も穏やかで
落ち着きます




さて、東慶寺をあとにして
次に参ります。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋の日光(大猷院)2 | トップ | 秋の北鎌倉2(浄智寺) »