医療・介護を支える継続企業の知恵袋          ㈱Kaeマネジメント 代表取締役 駒形和哉

経営者に必要な要素であるK(知識)A(能力)E(経験)を表します。Kaeマネジメントはお役に立つ知識の提供を目指します。

期待しているよ!

2012-03-31 07:10:40 | 薬局
次は就職おめでとう!

昨日(30日)、薬剤師国家試験の発表があった。
合格者数は8,641人で合格率は88.31%だったそうだ。
現役の6年制に限ると合格者数8,181人の合格率は95.32%とかなり高い。
今回の受験には10,644人が出願し、9,785人が受験している。
859人は途中下車したのか、やむを得ない事情があったのか。
6年制の合格者数を男女別に見ると男性が3,280人、女性が4,902人と、今でも多少ではあるが女性が多い。
因みに、旧4年制卒の合格者数は男性が283人、女性が176人であり、その合格率も男性が36.9%、女性が40.55%となっている。
とりあえず良かった!

そんな裏腹に、学生時代に受けた奨学金の返済に行き詰る例が相次いでいる。
国内最大の奨学金貸与機関である独立行政法人・日本学生支援機構では、奨学金の返済を求めて裁判所への訴訟が大幅に増加している。
過去5年間で約9倍というから驚く。
奨学金制度には無利子の「第1種」と有利子(基本3%)の「第2種」がある。
詳しくはわからないが1種、2種の違いは親の所得と本人の学力によるようだ。
2011年度の貸与額は新規と継続とを合わせると1兆781億円にものぼる。
不況のせいか奨学金を利用する学生は増え続けている。
11年度は約127万人で10年前の約1.7倍に、延滞額も増え続け10年度は852億円で5年前の約1.5倍となっている。
ありがたいことに私はお世話にならなかったことに感謝している。

私立大学新入生の家計負担調査によると、奨学金を希望するのは全体の66.2%になり、自宅外で74.5%、自宅通学でも59.7%になる。
昼間大学生の実際の利用率は43.3%で平成18年度の40.9%から2.4%も上昇している。
大学生の半分近くが奨学金のお世話になっているのが現実だ。

借りたお金は返さなければならない。
本来ならば、大学を卒業して就職となる。
その仕事の給与から返済となるが、世の中は不景気である。
2012年卒業予定の大学生の内定率は59.9%(11年10月現在)で過去2番目の低さである。
何とか4月には新入社員となって欲しいところだが、なれなかった場合は厳しい。
中には、大学を卒業して数ヵ月後には自己破産手続きを取る若者もいるとか。
何のための大学卒業だったのか。

始めに触れたが6年制薬剤師が誕生した。
2006年に入学した学生は12,000人ほどいたと聞いている。
しかし、5年生になれたのは4分の3ほどの9,000人とか。
3,000人ほどが大学に残ったのか、諦めたのか。
薬剤師国家試験予備校なるものがある。
年間の授業料は約90~100万円にもなる。
今回の国家試験の対策として学生は土日を予備校で過ごしたとも聞く。
その授業料も約30万円前後らしい。

何だか知らない間に所得格差が大きい事を感じずにはいられない。
そんな折、生活保護受給者が増加している。
今年の1月で209万1,902人と過去最多となっている。
そして、この傾向は一過性とは思えない。

せっかくの国家資格である。
大いに国民のために貢献して欲しい。


目指すは薬学ブログ第1位
こちらもお願いします!
人気ブログランキングへ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

引き締めて!

2012-03-30 08:12:32 | 薬局
ヤバイ!

すっかりブログの書き込みを忘れていた。
朝から何をのんびりと構えてしまったのか。

で、なぜ遅れたかと言うと、何人かの方に4月2日の迎え方についてメールを送っていたのが原因だ。
その内容とは、店舗ごとに今回の薬価改定の影響率を調べさせる。
既に出来ていると思っていたが、意外にも把握されていない。(確りしれよ!)
これはパートナーの卸からデータでもらえると思う。
もちろん会社全体のも確りと把握する必要がある。
それを調剤報酬の中に占める薬価部分と掛け合わせると、今回の薬価改定による売上ダウン分が出てくる。
間違っても売上アップとはならないと思う。
これは勝手な予想であるが5%くらい下がるのではないだろうか。
要は現状維持の患者数では5%もの売上ダウンとなる。
こうなると当然のこととして利益も大幅にダウンする。
このことを4月2日にスタッフ全員が理解する必要がある。

さらに、この解消法として出来る限り調剤報酬の算定にチャレンジすることがある。
特に「薬剤服用歴管理指導料」の算定は100%を目指して欲しい。
4月は未だQ&Aも出ていない。
ここは薬剤師の判断で確り取り組んで欲しい。
手帳を持参していない方への対応を薬局内で再度確認すべし。
それだけじゃない。
「特定薬剤管理指導料」も算定用件が変更になっている。
明らかに算定しやすくなっている。
これもやってみなはれ!
小児科では「乳幼児服薬指導加算」も面倒がらずに取り組んで欲しい。
コメント書きも慣れだ。
それから「基準調剤加算」も16日までに届出を済ませ、開局時間の問題は後から考えればいい。

そんな事を薬局内で「今日からやるんだ」と言う意識を高めて欲しい。
こんな所に経営者としての自覚と認識が問われている。

但し、何でもありだけでズルはダメよ。


目指すは薬学ブログ第1位
こちらもお願いします!
人気ブログランキングへ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

聞こえないぼやき

2012-03-29 07:01:43 | 薬局
ある悲鳴が聞こえてくる。

今月も残り少なくなってきた。
そして、「基準調剤加算」の届出の準備も忙しい。
ある医薬品卸の方から悲鳴が届いた。
1月に入ってから急に10錠の小分け注文が増えているとの事だ。
10錠ならまだましで、中には1錠の注文も入ってくる。
因みに、その卸は1錠からでも小分け対応している。
が、しかし、この親切さが仇になっているという。
ある薬局からは100種類を1錠ずつ注文が来たと!
そして、全部とは言わないが1錠の注文にでも添付文書の要求があるらしい。
正直なところコピー代にもならない。
最近の添付文書は情報量が多いので数枚にのぼる。
はぁ~。

さらに悲鳴は続く。
それは配達時間の指定だ。
木曜日は13時から14時まで休みなので、配達は14時以降にして欲しいと時間指定が来る。
卸の配送はダイヤグラム配送になっている。
時間指定への対応は難しい。
とは言っても…。
はぁ~。

これだけじゃない。
薬価改定がさし迫っている昨今は在庫調整が必須だ。
薬局内の在庫はカツカツではないのか。
そこで、始まるのが「大至急!」である。
確かに、見す見す薬価が下がるのに在庫は持ちたくない。
私も申し訳ないが「大至急!」で発注すると思う。
でも、さっき大至急で持参して、会社に戻るとまた大至急が入っているなんて事もある。
それもこれもお得意先のためと重い腰を軽く持ち上げて出かける。
薬局に持参すると先ほど持参した薬が全く同じ状態で置かれている。
箱の向きまで同じだ。
おいおい、本当に大至急だったのかと言いたくなる。
せめて見えない所に移動して欲しい。

今回の薬価引き下げは約6%になる。
しかし、実際は汎用品の引き下げが大きいので7~8%になろうかと思う。
こんな勝手な事があっていいのだろうか。
医薬品の在庫は個人または会社の資産である。
それを有無も言わさず引き下げてしまう。

銀行に預けたお金の6%を税金で持っていくといったら大問題になるのに。


目指すは薬学ブログ第1位
こちらもお願いします!
人気ブログランキングへ


コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

変な話し

2012-03-28 07:03:34 | 薬局
動き始めた。

アインファーマシーズが来期から本格的に在宅医療の分野に進出するらしい。
これは脅威だ。
そして、在宅への取組みが時代の要請だと感じさせる。
特に介護施設などの新規開拓を積極的に取り組むらしい。

先日、ある地方の薬局で在宅の取り組み状況を聞いた。
その薬局では、かなりの高齢者施設への訪問を行っていると話していた。
で、どの様にお届けしているのか確認すると…。
それで大丈夫か?
既に首都圏では診察同行が当たり前のように始まっている。
さらにお届けの仕掛けもずいぶんと手が込んでいる。
今どき薬袋でのお届けでは、届けられた施設側でも困ってしまう。
大手の脅威はある日突然落下傘部隊でやってくる。
と、ちょっと脅かしてしまった。
でも、本当だと思っている。

ところで、今回の調剤報酬改定で薬局から患家までの距離に制限が出来た。
コンパスで16Kmと聞いたが、どれだけの影響があるのだろうか。
ある首都圏の施設訪問を多く手がけている会社は、16Kmの範囲にサテライト薬局を作ると言っていた。
確かに、外来が来なくてもいい薬局であまり設備投資をしなければ家賃くらいで薬局は出来る。
センター薬局で調剤し、サテライト薬局でお届けし(しないかも)請求する。
それはそれで“蛇の道はへび”って奴だ。

その16Km制限であるが介護保険には出ていないような気がする。
介護保険の「居宅療養管理指導」の算定要件にはない。
となると16Km離れたところであっても「居宅療養管理指導」の算定は可能なのか。
調剤報酬では「在宅患者調剤加算」の15点が算定できないだけとなりはしないのか。
15点の算定をしなければただの普通の調剤となる。
患者からはFAXなどで処方せんが届き、それを介護保険で在宅訪問をする。
これはダメか?
どうも医療保険と介護保険の連動性が悪すぎる。
なぜ2年に1回の改定と3年に1回の改定に分けているのだろうか。
現場が混乱するだけだ。

で、これって成り立つのか?


目指すは薬学ブログ第1位
こちらもお願いします!
人気ブログランキングへ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

有効活用

2012-03-27 07:08:48 | 薬局
いろいろ考えてみよう。

各地で調剤報酬に関する説明会が開催されている。
今の段階では取り合えずといった感じの内容となっているようだ。
そんな中でふと思った事がある。

以前ブログでも書いたが「基準調剤加算」の新算定要件として品目数の変更がある。
700品目、1,000品目であるが、これをクリアーして4月16日までに届出が必要となる。
ある地域での説明会で、その届出時に添付資料として薬歴の添付がある。
その説明会で添付の薬歴には「残薬の確認がない薬歴は受け付けない」と説明があったそうだ。
何となくご最もの様な気もするが、残薬の確認が必要条件となったのは4月からである。
これってかなり無理がある。
でも、「泣く子と地頭には逆らえぬ」と言うので、どこかにこっそりと忍ばせておく必要がある。

また、この「基準調剤加算」で気になるのは時間だ。
私の勝手な想像では「夜間・休日等加算」が平日の午後7時(土曜日にあっては午後1時)から午前8時までの間となっている。
これは保険薬局としてのモデル時間に前後1時間を追加した時間だったはず。
このことからすると平日は午前9時から午後6時までを、土曜日は午前9時から正午を持って通常時間と考えているのかと思われる。
従って、これから逸脱する時間帯にはそれなりの理由が必要なのか。
もちろん主たる医療機関の時間帯の記載があるので一概には言えない。
因みに「夜間・休日等加算」は40点となっている。

そこで皆さんが気にしているのが木曜日の午後からの休診である。
中には「基準調剤加算」の返上を考えている方もいる。
でも、私は長い目で見た場合、積極的に取り組むべきだと考える。
店舗を空けていても患者は来ないなどとは言わずに、地域へのアプローチの時間と考えてはいかがであろうか。
例えば、木曜日の午後は病気と薬の関係や栄養指導などの生活改善に関する勉強会の開催などだ。
始めは参加者が少なくても回を重ねることで増えていく。
ひょっとすると官公立病院の門前でもらっていた処方せんが舞い込んでくることも期待できる。
さらに、ゆっくり薬の説明を聞きたい患者への処方せん受付などもいいかもしれない。
お年よりはゆっくり時間をとって説明しないと理解が出来ない。
そして、話を聞いてもらえるのが嬉しいのだ。
早い説明が分かりづらいのは、既に自分でも実感している。(自分の話が早過ぎて!)

せっかく薬局を空けているなら戦略的に活用したいものだ。
テレビなんか見ていちゃダメ。
こんな事もいいかもしれない。
毎週木曜日は薬局の徹底した掃除の時間だ。
コンビニエンスストアの夜中は掃除の時間になっている。
そして、きれいであればあるほどお客が増えるとも言われている。
他業種に見習うことが多い。


目指すは薬学ブログ第1位
こちらもお願いします!
人気ブログランキングへ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いずれ通る道

2012-03-26 06:58:23 | 薬局
気になる対応だが。

診療報酬も介護報酬も重点課題に上げているのが「認知症」である。
この認知症について2002年の時点での予測として、2010年が65歳以上の7.2%に認められるとしている。
この7.2%は「日常生活自立度Ⅱ以上」の数字だ。
「日常生活自立度Ⅱ以上」とは、日常生活に支障を来たすような症状・行動や意思疎通の困難さが多少見られても、誰かが注意していれば自立できるレベルとされている。
簡単に言うと自宅で家族が見守れる状態と考えられる。
さらに進むと「日常生活自立度Ⅲ以上」となる。
こうなると日常生活に支障を来たすような症状・行動や意思疎通の困難さが見られ、介護を必要とするレベルとなる。
このⅢ以上が3.9%となっている。
この予測が当たっているかどうかは定かではないが、Ⅲ以上になると家族では介護出来ない状態となる。
そして、この予測では2025年の高齢者がピークを迎えるころには、Ⅱ以上が9.3%、Ⅲ以上が5.1%となる。
この数字を見ただけでも、これからの超高齢社会は「認知症」へ対応が大きな社会問題になりそうだと想像できる。
ところが、この予測は2002年以降出されていない。
なぜなら予想を遥かに超えるスピードで「認知症」が増えているからだ。
だから今から診療報酬でも介護報酬でも大きく「認知症」を取り上げている。

さて、ここからが問題だ。
それだけ大きな問題を薬局、薬剤師はどの様に受け止めているだろうか。
以前にも書いたが、セミナーに参加している薬剤師に近所の方が、「おじいちゃんがどうも変なんです」と相談に訪れ、ではと言いながら認知症の専門医を紹介できるだろうか。
そして紹介だけじゃダメだ。
「認知症」の診断にはいろいろな方法がある。
多少の時間もかかる。
紹介先の医療機関では予約が可能か、行けば直ぐ診てくれるのかなどのアドバイスも重要だ。
患者も家族も不安を持ちながら診察に行く。
そんな相談が出来るように薬局内に「困った時にご相談ください」のメッセージはあるだろうか。
もちろん「認知症」の専門医を探すのは難しい。
でも、とりあえずエーザイに聞けば分かる。
また、「認知症」の患者を抱えている家族へのサポートも必要だ。
最近では、「認知症サポーター」の認定を受けた薬局スタッフも多く見られる。
オレンジリングをすることが目的ではなく、オレンジリングをどの様に地域に広めて、地域における薬のプロとしてのサポートが出来るかが大切だ。

時間が経つと皆が通る道である。
今の内から整備するのは小さな一歩からかもしれない。


目指すは薬学ブログ第1位
こちらもお願いします!
人気ブログランキングへ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

信頼されるコツ

2012-03-25 06:13:53 | 薬局
どこも同じ。

今回の診療報酬及び介護報酬、薬価の改定でバタバタしているのは薬局だけではない。
病院も診療所も介護事業者も報酬への対応や解釈には悩んでいる。
そんな時に、ある薬局グループでは関わりのある医療機関や介護施設及び介護事業者向けに、今回の改定に関するセミナーを開催したと聞いた。
何と素晴らしい発想であろうか。

詳しい内容は確認していないが、何でも病院の診療報酬から始まり診療所に対応し、介護施設さらに訪問系介護事業者へと段階を追ってセミナーを進めたらしい。
それぞれに関係する時間帯に集まってきて、関係する内容を聞き帰っていく。
常時100名を超える盛況だったらしい。

確かに、この時期は報酬のどこが変わって、どの様に算定できるのか、1度や2度聞いただけでは理解できない。
そんな時に、この様なセミナーがあると助かる。
また、そんな情報提供してくれる薬局は頼もしいパートナーと認められる。

さて、皆さんの薬局では目の前の医療機関にどの様な有益な情報をもたらしているだろうか。
飲み食いの時代は終わりつつある。
自慢じゃないが私が薬局の社長を務めていたころは、ほとんどの処方先がウエルカムであった。
なぜなら病院経営に関する情報を常にお土産としていたからだ。
毎月行われている当社のHSEセミナーの前身は医療機関向けの内容であった。
今は参加者の関係で薬局向けにシフトしている。
ここに毎月札幌から通っていた。
そこで得た知識を医療機関に提供していた。
それと、もう1つ大切なツールは「日経ヘルスケア」である。
ここに書いてある特集や記事はくまなく読んで、処方元の医療機関が必要とする情報をセレクトして持っていったものだ。
だから私が行くと常にアポイントの時間が延長になる。
自慢じゃないよ。
要は、処方元に限らず医師との付合いには情報が最も美味しいと言いたかった。

今回の関係先セミナーは、その意味からも素晴らしい企画である。
伸びる会社は他と何か違う。

因みに、ある個人宅の在宅を主体にしている薬局がある。
ここは地域の医師を集めてはイベントを行っている。
勉強会と称して医師同士が集まりお互いのコミュニケーションを深めるきっかけ作りを提供している。
釣りやゴルフはもちろん。
夏場になると会社の屋上がビアーガーデンに変化する。
開業医は孤独である。
横のつながりが欲しいものだ。

ここにも何かコツらしきを見出すことが出来る。


目指すは薬学ブログ第1位
こちらもお願いします!
人気ブログランキングへ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

押し寄せる波

2012-03-24 07:11:57 | 薬局
気になることがある。

「調剤が好調で」はドラッグストアの決算報告で良く見かけるフレーズである。
もちろん調剤専門の大手も「調剤業務の進展で」となっている。
その他には医薬品卸も「調剤が好調で」となる。
この世の中で好調な事業はと聞かれると迷わず「調剤」となりそうだ。
これを、指をくわえて見ている企業家はいない。

ドラッグストア大手のマツモトキヨシが調剤専門の子会社を設立して、一層の拡大に乗り出すと宣言した。
その名も「マツモトキヨシファーマシーズ」とそのままだ。
今後の展開として全国に向けた調剤薬局の開局・運営を進める。
その他にも薬剤師や登録販売者への専門教育、登録販売者資格取得に向けた支援、薬剤師の派遣・紹介業務などを行うようだ。
既に、ある程度の成熟市場への参入だ。
かなりの荒手を駆使しないと市場からはじき出される。
あえてそれを覚悟のうえだ。

また、総業小売業(GMS)大手のイオンリテールでも「調剤・医療運営部」を新設し、調剤や医療の分野への積極的な進出を図るようだ。
2年前の今頃だったと思うが、その当時のドラッグ・ファマシー事業最高経営責任者が、調剤事業への積極的な進出について経営幹部の了承を得たと話していた。
岡田さんが「うん」と言ったということである。
さらにイオンモールのテナントとして入っている医療機関と連携し、在宅医療へも取り組みたいとも話していた。
これはかなりの脅威となる可能性がある。
私なら具体的な戦略・戦術が画けるが、さてさてお手並み拝見といきたい。

未だ調剤ポイントの行方も定かではない。
既に決着がついたかのように見えるが、このまま静かにドラッグストアなどが諦めるとは思えない。
そうなると処方せんの争奪戦はかなり厳しいものが待ち受けているかもしれない。
今まで来ていた処方せんが、気が付かないうちに来なくなっているって事にならない様に細心の注意を払ってほしい。

もう1つ気になるのは大阪府私立病院協会が今回の診療報酬と薬価改定の影響度についてコメントを出している。
それによると比較的急性期医療を提供している医療機関ではプラスの傾向が見られる。
但し、外来部分を未だに持っている医療機関は薬価のダウン分が大きく影響し、収益性が落ちているとしている。
これはひょっとすると院内調剤から院外調剤になる最後のチャンスになるかもしれない。
門前に場所の確保が無いと諦めるのではなく、もっと薬局周辺の住民に、今からどの様なアプローチが出来るかを考える必要を感じる。
何事も機会と脅威は背中合わせだ。

最後に勝つのは「信頼される薬剤師」がいるかどうかだと思う。
会社全体として「信頼される」とは何かを、話し合ってみてはいかがであろうか。


目指すは薬学ブログ第1位
こちらもお願いします!
人気ブログランキングへ


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2度手間

2012-03-23 07:03:33 | 薬局
忘れぬように。

何のための時間差攻撃か分からないが、知らないと損をしそうだ。
今回の改定で「基準調剤加算」の算定用件が変更になる。
1つは品目数が500品目、700品目が700品目、1,000品目へと変わる。
もう1つは、一部の保険医療機関に合わせた開局時間では要件に入らないと言うことだ。
先ず、品目数の件であるが、こちらは4月1日から導入になる。
従って、今まで「基準調剤加算」の1でも2でも算定していた薬局は、あらためて品目数を確保できた状態で再度届出が必要となる。
ルールが変更になったので致し方ない。
これに関してはブログのコメント欄に質問があり、お答えしていたと思う。
但し、その時は「かも」だったような気がする。
それが正式に厚労省から3月14日付で「平成14年度診療報酬改定における届出の留意事項」として事務連絡が出ているそ宇多。
せっかく700品目をクリアー出来たと喜んでいてもダメである。
確りと届け出る必要がある。
但し、開局時間はまだ執行猶予期間なので問われない。

さらに開局時間は6月末までに再度届出が必要となる。
それによって晴れて「基準調剤加算」の条件が満たされ、7月1日から…同じ点数じゃないか。
無くならないだけでもラッキーと思わないといけない。
わずらわしさが金になる。

それにしてもこの時間差は武士の情けか。
正直なところ意味を感じない。

今回の調剤報酬で何か新しい情報はないかと日本薬剤師会の会員向けページを覗いてみた。
あった、あった!
「診療報酬(調剤報酬)関係」とあるではないか。
そこにカーソルを当てて開くと…平成22年の改定が掲載されている。
驚いてしまう。
日本薬剤師会は日本のために活動しているので人手が足りないのか。
この時期に平成22年度の改定資料を参考にとでも言いたいのか。
これを「手抜き」と言うのか「手つかず」と言うのか。

どうも最近、薬局関係の組織団体がごちゃごちゃしている。
やることをきちんとやれよって!


目指すは薬学ブログ第1位
こちらもお願いします!
人気ブログランキングへ


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ちょっとした工夫が欲しい

2012-03-22 06:43:35 | 薬局
さすがぁ~。

札幌にて2軒の薬局見学を行ってきた。
そこで感心したのは投薬口における工夫である。
昨年から「服用薬歴管理指導料」については「お薬手帳」が必須だと言ってきた。
そして、東日本大震災でも活躍した事例を紹介することを勧めていた。
出来れば大きな壁新聞ならぬメッセージを薬局内に掲げてみてはと提案もした。
その後、何軒かの薬局を訪問したが、そんなものを見かけたことがなかった。
もちろんやるかやらないかはその薬局次第だ。
「お薬手帳」に対する問題意識があれば何とかするはずである。

ところが今回の札幌での薬局視察では見つけた。
最近の投薬口はプラーバシー保護のために隣同士に仕切り板が設置されている。
この仕切り板に「お薬手帳」が何種類かポケット式の入れ物に入っていた。
ポケット式と言っても分かり辛いかと思うが、要はお薬カレンダーの様なものである。
これだと患者に説明し易いし、どの「お薬手帳」が良いのか選択させることも可能だ。
さらに、薬局内には「昨日のお薬手帳算定率63%、目標70%」などと書かれている。
もちろん薬局内であるから患者には見えない。
こうなるとかなり目標意識が高まる。
なかなかやるもんだ。

もう1つの薬局ではお薬手帳ではないが、今時期に売れる「ヴィックスドロップ」が同じ様に仕切り板に並んでいる。
いくつか種類がある様だが取り易いようになっている。
これも何気なく手にとってしまいそうだ。
のどが命の噺家にとってはありがたい。
皆さんもスーパーのレジ待ちで目の前の棚から商品を追加した経験はありませんか。

今回の「薬剤服用歴管理指導料」の算定には、基本的に「お薬手帳」への記載があり、記載するには持っている必要がある。
どうなるのか分からないが、拒否した患者へも算定可となっているようだが、拒否した患者ばかりではおかしな話になる。
もちろん薬歴には拒否の理由などの記載も必要だ。
あまりに拒否する患者が多いと説明の仕方が問われそうだ。
出来れば患者には、その必要性を理解して「お薬手帳」を持参願うか、シールを快く受け取ってもらい自分で貼って欲しい。

どちらにしても無理やりはやめた方が良い。
患者も逃げるが、やらされる薬剤師も逃げる。


目指すは薬学ブログ第1位
こちらもお願いします!
人気ブログランキングへ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加