医療・介護を支える継続企業の知恵袋          ㈱Kaeマネジメント 代表取締役 駒形和哉

経営者に必要な要素であるK(知識)A(能力)E(経験)を表します。Kaeマネジメントはお役に立つ知識の提供を目指します。

いい事してんだけどなぁ

2011-06-30 06:40:39 | 薬局
これも経営だよなぁ。

B型肝炎訴訟の決着がついた。
集団予防接種がもたらした悲劇である。
1848年から40年間に渡り旧厚生省が義務付けた乳幼児の集団予防接種において、あろうことか注射器の使い回しが行われていたらしい。
これが原因でB型肝炎ウイルスに感染したとされている。
今回の救済対象となる患者及び感染者は推計で約43万人に上り、今後30年間で最大3.2兆円もの和解金が必要となった。
和解金は、症状などに応じて1人当たり50万円から最大3,600万円となっている。

なぜ今までかかったのか。
そしてなぜ今の時期に和解なのか。
難しい詮索はともかく、患者および感染者にとって、この上もない朗報である。
ささやかな医療関係者としても、この采配には大賛成である。

さて、これはこれでいいのであるが、問題はこれらの財源のやりくりである。
現政府には東日本大震災の復興支援もある。
こちらは1次補正として既に4兆円、2次補正として1兆円を予定、さらに3時補正として10兆円を計画している。
この財源の確保がない中での大判ぶる前は無責任の極みだ。
かつて焼肉チェーンの社長は感染性大腸炎になった方々に、最後まで面倒を看るといいながら、会社は倒産状態になり患者への補償も侭ならない。
会社は有限責任なので倒産するとそれでお仕舞いとなる。

また、東京電力も株主総会で社長が退任した。
こちらは倒産こそしないと思うが、莫大な損出を生み出した責任者である社長は、退任するとその責から逃れ、もちろん今までもらった報酬への返却義務はない。
アメリカだと訴訟になり経営責任者が禁固刑になることもある。
これらの赤字分は、最終的には電気料金値上げと国が肩代わりして増税となる。

今回の和解も総理として必要な大盤振る舞いではあるが、一般企業のように大幅なコスト削減も同時に進める必要を感じる。
ムダ使いを徹底的に削減する。
人件費の大幅カットなどは、常套手段である。
先ずは、国会議員の報酬カット及び定員削減が当たり前だ。

正直なところ「管の顔は見たくない」と言っているのは国会内だけじゃないかもしれない。
こんな経営者がいたら会社の倒産は間違いない。

コンサルとして依頼されても手の打ちようがない。
お手上げだ!


目指すは薬学ブログ第1位
こちらもお願いします!
人気ブログランキングへ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

すっきり梅雨明け

2011-06-29 06:36:36 | 薬局
久々の鹿児島だ。

福岡での第1回ネクスト経営塾(九州ではSPセミナー)を終えて、日曜日は鹿児島に入った。
朝7時20分博多発の新幹線で1時間40分程度である。
鹿児島は黒豚と芋焼酎に魅せられてセミナーを企画した。
九州東邦㈱の社員の皆様が、20人近く手伝いに来てくれた。
この会社とは20数年来の付き合いをしている。

日曜日の午前中にもかかわらず60数名の参加者が集まった。
持ち時間2時間を余すところなく、質問の余地なく話し続けた。
熱のこもった話は聞く側に迷惑かもしれないが、皆さんに伝えたいことは山ほどある。
別な企画で話した時は、参加されていた方から「こんなにネタを話して大丈夫ですか」と心配されたことがある。
「3回に分けてもいけますよね」と笑われた。
出し惜しみはしない主義だ。
情報には旬がある。
とりあえず無事に終了できたことに感謝している。

感じたこと!
見えない不安がある様だ。
もっと身の回りのことに興味を持ってもらいたい。
薬剤師は地域のトータルヘルスケアの担い手だってことに気付いて欲しい。

期待していた桜島は少しご機嫌斜めだ。
頂上部分が帽子をかぶったように雲で覆われている。
ところが今朝のニュースで鹿児島の梅雨明け宣言があった。
タッチの差ってやつか。
残念と言うより、また来いと言う桜島メッセージか。

ところで、あるところにはあるものだ。
いつもの社長が公約通り昨年より1億円上乗せの役員報酬になったと発表された。
詳しいことには興味がないが、その内訳はともかく5億7,225千万円と凄い。
なんと日本一になったようだ。(卸、小売業では)
せめて端数部分でも稼ぎたいとめめしい願望がむなしい。
やっぱり調剤薬局は儲かるのか。
やっぱり調剤報酬は過剰報酬じゃないのか。

いやいや、経営が上手なんでしょうね。
勉強させていただきたいものだ。


目指すは薬学ブログ第1位
こちらもお願いします!
人気ブログランキングへ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

博多炎上

2011-06-28 06:07:18 | 薬局
薬剤師よ 大志を抱け!

って言いたくなるような気持ちで帰って来ました。
実は、先週の土曜日は九州で第1回目の「ネクスト経営塾」(九州ではSPセミナーとなっている)を行なってきました。
15時半から19時までのちょっとロング版です。
今回のテーマは「業界を知る」となっており、薬局を取り巻く経営環境などを、参加者の皆様と一緒に考えてみました。
一緒と言うよりちょっと押し付けだったかな。

事前課題として「座右の銘」を書いてきてもらいました。
その「座右の銘」を使っての自己紹介から始まりです。
意外に「座右の銘」を持っていない方もあり、今回のために勉強して考えて来た方もいました。
これも大事なプロセスです。
参加者には5人ほどのグループになっていただき、これから始めるグループディスカッションのための自己紹介を兼ねた和みの仕掛けです。
お陰様で皆様から笑顔やささやかな歓声などが聞こえてきます。
一人が終わると、どこからともなく拍手がわいてきました。

次に、夢の話です。
「夢は実現する」この言葉の根拠について私なりの考えをお伝えしました。
夢は人生の目標です。
より明確に、より具体的に、そして確りと文章で書き、常に自分に言い聞かせる大切さを伝えました。
実践している方、いるかな?

さて、本番です。
参加者に「医療費抑制」と言う大きなテーマを考えてもらいました。
この言葉から薬局に影響を与える要因を考えてもらうのです。
これが皆さん苦戦していました。
言葉として知っていてもダメなんです。
常に意識する必要があります。
そして、アウトプットしないと身になりません。
と言うより知恵になりません。
今回は、その事を知っていただくために挑戦していただきました。
もちろん皆様から出てきた要因については、私がコメントでまとめさせていただきました。
などなど、私のお時間配分の悪さもあり、後半は少しどん詰まりになってしまいました。
でも、ご安心ください。
まだ5回残っています。

みのもんたじゃありませんが大事なことは何回も繰り返します。

セミナー終了後は楽しく懇親会です。
そこでもしゃべりすぎで翌日は喉枯れでした。
博多は薬剤師の熱気でモンモンしていました。
“薬剤師よ 大志を抱け!”


指すは薬学ブログ第1位
こちらもお願いします!
人気ブログランキングへ


コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

離れてみる

2011-06-27 09:13:47 | 薬局
あなたはどっち。

会社が伸びる、伸びない。
または会社が発展する、残念ながら倒産する。
この違いはなんであろうか。
偉そうに聞こえるかもしれないが、私も10年間雇われではあるが社長を務めた経験がある。
お前はどうなんだと聞かれると、それなりに発展的な会社にしてきたつもりだ。

さて、社長って何だろうか。
難しい定義は学者さんに任せて、私は利益を出す仕組みを考える役割だと思っている。
利益を出すためには売れる仕組みであるマーケティングが必要となる。
利益を生む社員に生き生きと働いてもらうには、仕事へのやりがいを感じてもらう必要がある。
もちろん時代の流を感じ取って舵取りも重要な仕事である。
何気なくいくつかあげつらっているが、これが意外にも難しい。
特に、技術職にとっては自分の専門性を置いといてとなる。
医者が診察をしている内は診療所の域を出ない。
医者が発展的に医業を拡大させるためには聴診器を捨てなければ難しい。
捨てなくても聴診器が主では発展的な拡大は難しい。
薬剤師にも同じことがいえる。

よく現場主義というが、現場を知らずして市場ニーズはつかめない.
しかし、現場、現場では将来の展望が見えない。
現場も戦略も同時に考えられるのはほんの一部の優れもの経営者だと思う。
大企業の社長自ら現場主義と語っている方がいるが、普通はなかなかまねの出来きることではない。
私のような凡人にはもちろんまねなど出来ない。

私が社長を務めていたころ(今も社長なんだけど)、現場にも顔を出すが、どちらかと言うと薬局周辺の付き合いが多かったように思う。
そこからの情報は薬局経営のヒントになった。
医療機関や介護事業者はもちろん、薬局とは関係ない異業種とも交流を深めていた。
傍からみたら遊んでいるように思われていたかもしれない。
また、医療・介護・薬局関係の雑誌社の方ともよく酒を酌み交わした。
彼らは情報の宝庫だった。

経営者と技術者の両立は難しい。

ある方から「迷った時は現場を離れて考えてみろ」と教わった。
それで札幌から東京のセミナーにも通った。
「それでも答えが見えてこない時は海外に行け」とも教わった。
お陰様で雇われ社長の割には海外もそれなりに出かけた。
これが不思議に閃くものがある。
現状を忘れた時に現状が見えてくる。

何が言いたいのかわからなくなってきたが、社長のスキルを磨くには、少し現場を離れて考える必要があるってことが言いたかった。



目指すは薬学ブログ第1位
こちらもお願いします!
人気ブログランキングへ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伝えるメッセージ

2011-06-26 02:02:25 | 薬局

7,743人

少しずつ記憶から遠ざかりそうになるが、被災地では未だに避難所生活を強いられている方々が多数いる。
政府は何をやっているのかと憤りを感じるのは私も同じだ。
そして、未だに被災地では、いろいろな形でボランティア活動も続けられている。

日本薬剤師会の発表によると、今回の東日本大震災に薬剤師が救助活動した延べ人数が7,743人に上ると報告があった。
実人数では1,918人で、どの様にカウントするのか知らないが、1人が4回か4日活動したことになる。

現地では救護所・仮設診療所等での調剤や服薬指導、医薬品の仕分け、管理、払い出しなどが行なわれた。
さらに医療チームに同行して処方支援や医薬品の識別、代替え医薬品の選択など大いに貢献している。
これから夏場に向かって食中毒などの衛生面でも期待される。
こんなに活躍しているのに知られていないのが残念である。

今回の震災で薬剤師とは何か?
何が出来るのかを考える必要を感じる。
また、この様な非常時の裁量権についても検討する必要性を感じる。
医師がいない場合は、薬剤師の判断で処方が出せる。
医師がいない場合は、薬剤師がバイタルサインを確認し対処できる。
医師がいない場合は、薬剤師の判断で注射ができる。
などなど、緊急時には医師の代行が可能であってもいいのではと思う。
実人数の1,918人の薬剤師はなにを感じ、何を次に伝えなければならないのか。

今回の経験を次の薬剤師職能の拡大につなげて欲しい。
それにしても救助活動に参加された薬剤師の方には頭が下がる。

話は変わり、今日は鹿児島にたどり着いた。

先日、ブログ(6/12)でも書きましたが、桜島、篤姫、芋焼酎、黒豚などなど。
博多から新幹線での移動です。

ところで、今回の出張は広島、福岡、鹿児島と移動します。
そこで、それぞれの観光協会にネットで観光案内を請求しました。
広島は日程が近づいていると言うことで、速達で送ってくれました。
メールでも対応していただき、それだけで広島の好印象が募ります。
鹿児島も同様にメールで了解の知らせがあり、宅急便で送られてきました。
観光案内には手書きの付箋があり、いろいろコメントが書いてある。
そして、両者とも送付案内に素敵なコメントとお勧めコースなどが書いてあり、夢が広がる。
もう一箇所はメールも送付案内も無かった。
ただし、観光案内はちゃんと送ってくれた。
それも送料着払いであった。(これはネット上に記載されていたので当然なんだけどね)
ちょっとした業務の中にも心が通う気配りの大切さを感じさせた。

ありがとうございます。




目指すは薬学ブログ第1位
こちらもお願いします!
人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全ておまかせ

2011-06-25 01:24:37 | 薬局
いよいよ調剤料がなくなるかも。

調剤業務の効率化のために自動ピッキング機の導入を積極的に進めている大手調剤チェーンがある。
現在は5店舗であるが2014年度までに200店舗に増やすようだ。
なんとその投資額は20億円程度と見込んでいる。
これにより薬剤師の仕分け業務の軽減から人件費を年間10億円も削減とある。
この自動ピッキング機はかなりの優れもので約130品目も対応可能らしい。
1台1,000万円もするので導入は容易ではない。

さて、最近思うことに調剤とは何かを考えてしまう。
難しい定義はどこかにあると思うが、少なくても「保険薬局業務指針」のP55には、
「保険調剤において保険薬剤師が行なうべき業務は処方せんの確認、秤量・攪拌・分包等の調剤実務行為、患者への服薬指導、調剤録への記入等である」と記されている。
これによると処方せんの確認から始まる。
そして、この処方せんの確認は受付時に行なわれるのではないのか。
と言うことは処方せんの受付は原則的に薬剤師の調剤業務となる。
因みに、「請求業務は、本来、開設者の業務であるので、レセプト作成等は薬剤師であることを要しないが…」とある。
これらの行為の対価として調剤報酬が付いてくる。

さらに、凄いのは錠剤シートをスキャンし、画像で薬の種類や数をチェックするシステムも開発されている。
錠剤の刻印やヒートに印刷された情報を瞬時に確認してしまう。
なかなかの優れものだ。

ついでに調剤行為は、薬局内で行なわれることを原則としている。
従って、FAXで送られて来た処方せんで調剤することは可能であるが、それを患者宅へ届けて処方せんを確認した時点で調剤完了とみなすのは例外である。
この辺もそろそろ時代に合わなくなっている様な気がする。

調剤とは何か。
その報酬のあり方の議論も必要になりつつある。

目指すは薬学ブログ第1位
こちらもお願いします!
人気ブログランキングへ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サポーター

2011-06-24 06:06:28 | 薬局
風当たりが厳しい。

経済産業省までもが後発医薬品を推奨し始めた。
22日の産業構造審議会基本政策部会において社会保障に関する中間提言を発表した。
その中で国民医療費の約2割(7.4兆円)を占める薬剤費の適正化に問題視している。
特に、長期収載品(後発医薬品がある品目)などは2.7兆円支払われている。
この部分を後発医薬品への切り替えや自己負担のあり方、さらにはうがい薬やシップ剤などのOTC類似薬の公的保険からの除外も含まれている。
後発医薬品への切り替えについては既にご存知のように2012年度の目標が数量ベースで30%となっており、現状では達成は難しい。
更なる施策は薬剤師以外へとシフトしそうだ。
もちろんシフト先は医師へとなる。
既にブログでも紹介したが、厚労省では日本版「ジェネリック医薬品に関する事実と誤解」(ブログ6/9)を配布して、医師への使用促進を図る予定になっている。
因みに、ある調査によると医師が後発医薬品に積極的でない理由として「後発医薬品の処方に疑問や不安がある」と応えた医師が85%もいた。
その理由は「品質に対する疑問」(66%)、「効果に対する疑問」(50%)、「メーカーや情報提供体制に対する不安」(46%)などが上位となっている。
この他に「副作用に対する不安」(34%)、「国・厚労省の普及策に対する疑問」(26%)、「安定供給体制に対する不安」(24%)だそうだ。
後半の部分は何だかこじ付けの感がうかがえる。

自己負担の問題は償還制度を導入しているフランスを例に出している。
償還制度とは薬を受け取った時点で全額支払う制度である。
その後、申請をして保険給付分以外の差額が戻ってくる制度だ。
フランスでは先発医薬品を選択した場合、後発医薬品との差額が患者負担となっているらしい。
また、ドイツでは参照価格制を導入しており、参照価格を超える部分は患者の自己負担となる。
そんな制度を導入してはどうかと提案している。
さてさて日本でも同様の制度が受け入れられるのか。
この国は将来の財政破綻よりも、今の票取りが大事な政治家で動いている。

そして度々登場してくるOTC類似薬の保険給付除外である。
今回は例としてうがい薬やシップ剤となっているが、スイッチOTCには他にもある。
そんな薬の保険給付はずしのさきがけにならないとは限らない。

厚労省の後押しをするように経産省が、はたまた財務省が追い討ちをかける。

もう一つ忘れていた。
それは中医協委員の医師がメーカー卸に望むこと「後発医薬品の種類が多過ぎることは、薬局において重要な課題」と嬉しい発言。
さらに「不良在庫が出てくる」とご最も。
それを受けて薬剤師が「私もつ常々後発医薬品の種類が多過ぎて頭を悩ませている」とフォローしている。
これって誰の問題なのか?
医師から出てくることが摩訶不思議!


目指すは薬学ブログ第1位
こちらもお願いします!
人気ブログランキングへ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近わかったこと

2011-06-23 06:53:02 | 薬局
大型商品の登場!

このブログでも紹介したが糖尿病治療薬「アクトス」の後発医薬品が発売になる。
国内売上が500億円弱の大型製品だけに後発市場も注目している。
既に20社が発売に向けて認可の申請をしており、近々に発売となることは間違いない。
ただ、後発品を発売する数社に対し、製造販売の差し止めを求める提訴も起きている。
詳しくは知らないが武田はアクトスを他の糖尿病薬と併用して治療に使うための「組み合わせ特許」を保有していて、この特許期間が2017年まであるそうだ。
これに対して、後発メーカーは出遅れないために“見切り発車”での発売らしい。
告訴されると発売しない機会損出よりも、発売する機会創出(利益)を選択したってことだろう。

国内の医薬品に占める後発医薬品の数量シェアは2010年10~12月で23%となっている。
これを金額ベースにするとシェア9%になる。
如何に医療費削減に効果があるかがうかがえる。
日本ジェネリック製薬協会(JGA)の試算によると、新薬(長期収載品)が全て後発に切り替わると約1兆4,000億円の医療費が抑制できる。
国が意欲的なのもこんな理由からだ。

この他にも6月は脳保護剤の「ラジカット」が特許切れとなる。
ところで、この脳保護剤って何に効くのだろうか? (後で調べます)
さらに年内には「リピトール」や「アリセプト」なども大型後発品が出揃うことになる。
ここしばらくは後発品メーカーにとってお祭り騒ぎになりそうだ。

さて、フランスやドイツは使用中止を決め、アメリカでもリスクが高いと評価された「アクトス」の真偽は如何になったのだろうか。
大型製品は理解できるが、ぼうこうがんのリスクが高いことは諸外国が認めている。
日本だけが結論を先延ばしている。
安全性は大丈夫だろうか。
そしてマスコミも意外に静か過ぎないか。
天下の武田薬品はマスコミにとっても大事なお得意先だからか。
このリスクに対し薬剤師の団体は見過ごしていいのか。
薬の番人は危険性がないと認識しているのだろうか。

かつて「世界の常識、日本の非常識」と言った方がいたが、日本だけが大きく取り上げないのは非常識だからなのか。

私が患者で「アクトス」を服用していたら中止したい。
そんな情報を教えてもらわずに服用し続けて、ぼうこうがんになったら服薬指導をしてくれた薬剤師を訴えるかもしれない。

など、嫌なクレーマーになりそうだ。


目指すは薬学ブログ第1位
こちらもお願いします!
人気ブログランキングへ


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

エンリゾ、お前もか

2011-06-22 06:20:28 | 薬局
今さら。

薬事・食品衛生審議会医薬品評価部門は29日、「ダーゼン」と同じ消炎酵素製剤5成分について再評価実施の要否を審議することになった。
これって何なんだろうか?
再評価の結果、効果に有意性がなかった場合は医薬品でなくなるってことか。
5成分とはリゾチーム塩酸塩、ブロメライン及び結晶トリプシンの合剤、プロナーゼ、セミアルカリプロティナーゼだそうだ。
これらは私が医薬品卸で営業をしていた頃の主力商品だ。
販売しながら本当に効くのかと、どうも変だと思っていた。
消炎鎮痛剤と併用すると効果が増すと教えられた。
既に自主回収になったダーゼンであるが、ネットであらためて効能を調べると以下の様になっていた。
・炎症部位の異常な組織や死んだ組織を分解して患部の清浄化をはかります。
・痰や膿、鼻汁の粘性物質を分解し、それらの粘りをやわらかくします。
・抗生物質の患部への移行をよくし、その効力を高めるといわれます。
これを見る限りかなりの領域で使用していたことがわかる。
整形外科領域、一般外科、耳鼻咽喉科、抗生物質は風邪などにも使われる。
特に、炭鉱での塵肺患者などには大量にしかも長期に使用されており。
私が所属になった地方の営業所では国内で最も大量に使用する小さな病院があった。
そこは炭坑町で塵肺患者を多く抱える労災指定だった。
これが効かなかったとなると、塵肺で亡くなった方に申し訳ない。

こんなことがあると他の医薬品も疑わしい。
例えば「ノイキノン10mg」なんかも今ではサプリメントになっている。
もっと凄いのはサプリメントの方が服用量では多いことだ。
この場合、服用量とは言わず食べる量と言った方がいいのかもしれない。
ネットで調べると1カプセル100mg入りのサプリメントがある。
通常「ノイキノン10mg」は1日3回服用となっている。
それがサプリメントでは1日量として30~60mgと記載された広告もある。
因みに、「ノイキノン10mg」が効かないとは言っていません。

さて、喫緊の課題である医療費削減であるが、本家本元の厚労省こそ再評価が必要ではないのか。
詳しいことは調べていないが、ダーゼンなどは世界で医薬品として販売されているのだろうか。
そして、漢方製剤などはほとんどがOTCでは第2類に分類されている。
これも保険適用でいいのだろうか。
そう言えば、欧米にはシップ剤が見当たらない様な気がした。

こんな所にも事業仕分けが必要だ。


目指すは薬学ブログ第1位
こちらもお願いします!
人気ブログランキングへ


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

賞味期限あり

2011-06-21 07:01:12 | 薬局
居心地がいいのか。

「国会には『カンの顔だけは見たくない』という人が結構いる。」
そして「本当に見たくないのか」を3回繰り返した首相がいた。
何だか見ていて寂しさを感じる。
「ならばこの法案を早く通した方がいい」と落ちがつく。
その法案が通れば見ないで済むのであろうか。
「国会には」から始まっているので、法案が通ると国会から去ると言うことなのか。
かつて同じ様に総理を自ら辞任した方がいた。
その方は次回の選挙には出ずに、国会議員も辞すると言ったような気がした。
ところが舌の根も乾かぬうちに、辞めることを止めるとなった。
尚且つ、その方は「うそをついてはいけない」とか「ペテン師まがい」と自分は別ものらしい。
それにしても国民も国会議員、同胞の党員も辞めて欲しいと言われつつも居続けるのはなんであろうか。

いつもの近所の居酒屋で飲んでいると、62歳の社長が後3年で引退すると話していた。
でも、よくよく聞いていると引退ではなく院政のようだ。
息子を社長にして自分は好きなことをやりたい。
会社の経費も使ってと話している。
それって、違うんじゃないのかと言いたいが、何てったって町内会の顔役には逆らえない。

そう言えば、以前にも同じ様なことがあったのを思い出す。
60歳で引退すると言っていた社長は今年70歳になる。
この延長の10年で何が良くなったのだろうか。
多少大きな会社になったのが成果であろうか。
もしかするともっと大きな会社に成れたかもしれない。

身を引くタイミングは難しい。
でも、いつまでも元気とは限らない。
身を引いたと言いながら、そばにいると口を出したくなるのも仕方ない。
世代交代とは難しいものである。

辞めてからほとんど政界には関わっていないように見える元首相もいた。
何となく潔さを感じさせる。


目指すは薬学ブログ第1位
こちらもお願いします!
人気ブログランキングへ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加