医療・介護を支える継続企業の知恵袋          ㈱Kaeマネジメント 代表取締役 駒形和哉

経営者に必要な要素であるK(知識)A(能力)E(経験)を表します。Kaeマネジメントはお役に立つ知識の提供を目指します。

ものがはさまった!

2017-09-11 05:06:39 | 薬局
あきれて…も言えない。

もう既に問題となっているが10月に行われる「第50回日本薬剤師会学術大会」のホームページ上に、何やら関連企画として「銀座飲料企画」がこっそり大きな存在としてある。
何やら7日付でアップされたようだが、学術大会には似つかわしくない思い切った企画だ。
主催団体の東京都薬剤師会が地方から来る田舎者をおもてなしするつもりだろうが、はっきり言って”銀座は何様だ“と言いたい。

「銀座を楽しむ“究極”のコース 『銀座のクラブ体験 あの黒皮の手帳の世界へ』」だと。
何ともなまめかしい。
これが学術大会の特別企画なのか。
「黒皮の手帳」とは、元銀行員の女性が横領した金を元手に銀座のクラブのママとなり、その後も金持ちの客をあの手この手で攻略してのしあがっていく松本清張原作の名作サスペンスだそうだ。
その金持ちとしてターゲットとなるのが、学術大会に参加する金持ち薬剤師に例えているようだ。
しかも「高級クラブ5万円(税別)/お一人様、追加料金なし」とご丁寧に明瞭会計だ。
5万円が高いのか安いのかは分からない。
私はそんなクラブにも行ったことがないし、5万円も払える身分でもない。

さらに驚くのは「対応人数は合計50名様程度と限りがありますので、運営事務局メール宛お早目のご予約をお願い致します」と窓口は運営事務局となっている。
かなり運営事務局は銀座の顔らしい。

などと、こんな話を書いている自分がバカらしくなってきた。
この学術大会って何なんだ?
何のために集まって来るのか。
しかも薬局は女性が多い職場である。
何気なく女性軽視を感じさせる。

この話は他の医療関係者にも流れるだろう。
その時に、他の医療関係者は何と思うだろうか。
薬局って儲かっているんだ。
薬剤師は5万円も当たり前のように払うんだ。
50名の定員がすぐに満員となるくらい鼻の下が長いんだ。
学術大会と言いながら飲み会なんだ。
とはならないのだろうか。
この話が中医協に反映されなければいいと危惧している。

既に問題となっているが、ホームページから削除されるのは11日の朝らしい。
こんな重要な案件にもかかわらず土曜・日曜の対応なのか。
ばかげている。

学術大会に名を借りた破廉恥大会にならないことを願っている。

言い過ぎかも…。





目指すは薬学ブログ第1位
こちらもお願いします!
人気ブログランキングへ
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加