カドシス4号店

オソオセヨ~ン❤ カドメンから数えること3回目のお引っ越しです。

応答せよ、1988 (ゆっこりん)

2016-10-15 21:38:46 | ビビン韓

秋は忙しくて、久しぶりの書き込みです。

「応答せよ1988」

【制作】演出:シン・ウォンホ 脚本:イ・ウジョン                                                                  【出演者】ヘリ(Girl's Day)、パク・ボゴム、コ・ギョンピョ、リュ・ジュニョル、リュ・ヘヨン、イ・ドンフィ、ソン・ドンイル、イ・イルファ ほか

ドクソンの家族 父が保証人になってしまったばかりに貧しい暮らしをしている。
 ドクソン:ヘリ(Girl's Day)
   父:ソン・ドンイル
   母:イ・イルファ
   姉:ボラ (リュ・ヘヨン)ソウル大生
   弟:ノウル(チェ・ソンウォン) 
テクの家族 母を亡くしてから、同郷のソヌ母に呼ばれて、双門洞へ引っ越してくる
  テク:(パク・ボゴム) 天才囲碁棋士
  父 :チェ・ムソン 宝石店経営

ジョンファンの家族 宝くじが当たって、貧しい生活から金持ちになった。
 ジョンファン:リュ・ジュニョル 
  父:キム・ソンギュン クムソン電子代理店運営
  母:ラ・ミラン
  兄:ジョンボン アン・ジェホン 6狼中

ソヌの家族
  ソヌ:コ・ギョンピョ 生徒会長 優等生
  母:キム・スニョン
  妹:ジンジュ(キム・ソル)

ドンリョルの家族 共稼ぎの家族、ドンリョルは、末っ子で勉強嫌い。
  ドンリョル:イ・ドンフィ
  父:ユ・ジェミョン 高校教師、学年主任                                                                                     母:ワーキングウーマン

                                                             tvNのシリーズ3作目の作品ですが、最後のこの作品が一番良い出来だと思いました。
ドクソンをめぐる三角関係も、夫探しもあるのですが、それよりも親子の情愛、近所の助け合い、友情、恋、今は、韓国でも今は、なかなか見られない、温かな人と人とのふれあいがとっても良かったです。
1988年は、ソウルオリンピックの年、このあたりから韓国では、経済がどんどん発展したのですね~
ボラの学生運動があったり、まだまだ自由にものが言えない時代でした。
当時の歌、ギャグ、服装など、韓国の人が見たら、さぞ、懐かしいでしょうね~
知らない私でもとっても懐かしく思います。服装や、電気製品、おもちゃなど、日本と同じにはやったものもあります。練炭も懐かしいですね~       とにかくそれぞれのキャラクターが個性的、良くこういうキャラクターを考えたと思います。特に、ドクソン、ソヌ、ジョンファンのオンマたち、3人組がとにかくおもしろい♪  踊ったり歌ったり、さすが、ベテラン女優!演技力が素晴らしい!
どのお母さんたちも、子ども達のことを愛していて、特に息子たちに気配りをするラ・ミランの演技は良かったですね~キム・ソンギュンも1994とだいぶ年齢差のある役柄でしたが、良いお父さん役で、特にギャグの連発は、おもしろかった~

  

このドラマ、結構キスシーンが多いです。一番していたのは、ソヌカップルだったかな~ この二人は、良く知っている関係みたいです。ビハインドストーリーでお互いに相手役ということがわかり、びっくりしていました。

コ・ギョンピョ、昨年から、かなり作品を見ています。これからが楽しみな若手ですね~

ドクソンを好きなのに、結ばれなかったジョンファン!本当にドクソンへの思いを胸に秘め、何かとドクソンを気遣うシーンは、良かったです。彼は、独立系の映画に良く出演していたらしく、演技もうまいです。この後に放送された「花より青春 アフリカ編」では、アジアをかなり旅行したらしく、英語もちゃんと話していたし、運転も上手で、頼りがいがある人だと思いました。

テクとドクソンのキスもなかなか良かったです。それにジンジュ!ソヌの妹ですが、お人形みたいにかわいくて~ドラマを盛り上げていました。

秋は、おもしろい作品が多くて、見るのに忙しいです 「またオ・ヘヨン」エリックが素敵です。「野獣の美女コンシム」「獄中花」「シグナル」、楽しみです

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 美しい私の花嫁(ゆっこりん) | トップ | ☆ 祝 ☆ 男子誕生 ☆ »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
レポをありがとう(^.^) (冬猫)
2016-10-24 07:01:56
シリーズ1から出演しているソン・ドンイルとイ・イルファが(主人公の両親役)が好きです。シリーズの雰囲気を保ちつつ違う物語として面白く見れるのは演技と脚本の良さがうまくかみ合っているのだと思います。

今回もこの「応答せよ1988」で注目され売れ始めた若手俳優がたくさんいますよね  脚本の良さが無名に近かった俳優の魅力が引き出し物語の面白さに繋がっているのがわかります。

リュ・ジュンヨル(キム・ジョンファン役)、コ・ギョンピョ(ソン・ソヌ役)、パク・ボゴム(チェ・テク役)・・・今では主演級で活躍しています

それからトーク番組でリュ・ドンリョン役のイ・ドンフィを見て興味をひかれました
「離婚弁護士は恋愛中」「朝鮮ガンマン」に出演していたのに全く気づかなカッタ君

ナングン・ミンの初監督作品(短編映画)に主演していて、仲の良い兄弟みたいでした。後輩のパク・ソジュンに励まされ頑張れたと言ってました。これからが楽しみです。
イ・ドンフィ (ゆっこりん)
2016-10-24 22:12:42
イ・ドンフィも本当に良い味の俳優ですね~
彼は、何か地で演技しているような気がするのですが~

とにかく、出演者同志が仲が良くて・・
「花より青春3」を見ると、本当に良くわかります。
でも、「応答せよ」シリーズの監督はすごいと思います。
出演する俳優の良さを良く引き出していますよね~

いろいろな楽しみ方で見れるドラマですね♪
花より青春 (冬猫)
2016-10-26 08:42:53
「応答せよ1994」に出演していたユ・ヨンソク、ソン・ホジュン、バロの「花より青春ラオス編」を見ましたが、青春真っ盛りな若者の出たとこ勝負的なバックパック旅行でホントに面白くもあり、うらやましかった。

アフリカ編も猫TVで見れるようなったらジェヒ見たいです

ちょっと話が逸れますが「花より~」シリーズを手掛けているナPDの「新西遊記」がlalaTVで始まります。(11/29に第1話先行放送、本放送11/5~)

入隊中のスンギ君はじめ、初期の1泊2日メンバーが出演するアドベンチャードタバタ旅行記だそうで、とても楽しみです

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。