KADOMIUMTANK ソフビブログ

ヘミングウェイの詩にこんなのがある。
「人生は素晴らしい 戦う価値がある」
後の方は賛成だ byモーガン・フリーマン

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

リアルヘッド11月の真頭玩具

2010年11月27日 | インディーズソフビ


演出空間としてシンプルかつストレートに
「下町のおもちゃ」としてソフビの楽しさに
気づかせてくれる、REAL×HEADさんのホームベース、
葛飾区青砥にある真頭玩具。
ひるむことなく師走まで走り抜けてくれそうです。
ブラブラ行ってみましたら、お客さんでにぎわう店内に
リリースされたばかりの新製品をはじめ、
まだ塗装前だったりネコ目をこれから仕込んだりと
製作準備下にあるアイテムがいろいろとひしめき、
多彩なソフビが森羅万象としてひしめく森のような、
いわばCAOS=カオスともいえる状況になっておりました。



ふんばりながら塗装作業を待っているトイレカオQ君の群れ。
ミニサイズなのに手も動き、(なぜかまことちゃんのサバラポーズ)
胴体を便座からはずすことも出来るし、手にするといろいろ楽しめるアイテム。
ロボダッチのトイレロボのプラモとか、水を流す音のする
トイレのキーホルダーとか、子供時分にすごく楽しかったのだけど
今は探すとそういうトイレおもちゃは意外やなかなかないのねん。
そんな駄玩具への追体験的意味合いでも
トイレモチーフのおもちゃは依然そそるものがある。





リアルヘッドさんはトイメーカーとしてカテゴリー分類が
見るお客さん個々に違うのも面白い。
異色のストリートソフビメーカーとして見る人もいれば、
和の空気を取り込んだデザイナーズソフビメーカー的な
位置づけもできる。
そんな見るヒト個々に任せているイメージの可塑性の中を遊弋して
かつ自分の作りたいものを作り、持続しているメーカーさん
なれど、自分はあえてパチ怪人ソフビメーカーとして見ている。

2010年の新プロダクツ・レギュラーサイズのネクストマン、
そしてリリースされたばかりの
スタンダードサイズアイテム、カオスマンXは
昭和のパチ怪獣カードの中に出てきた
あやしげではかないヒーローが漂わせている空気を
明確に継承・リイマジネートしたキャラクターとして
REAL×HEADがこれまでも根底で表現してきた
パチの極北感の強度・濃度をこれまで以上に高めている。

カオスマンXを手にしてカンチャクをコキコキ動かしてると
腕先が分離してカンチャクになってるので、なんとなく
大野剣友会頃の特撮ヒーロー独特のこぶしのはいった
溜めのポーズになっていたり。
フォルムや可動の中に好き者なら見出せる妙なこだわり感と、
昭和独自のヤレ造型を継承したニッチな目線の面白さが
混じり合って、現代にパチ怪人ソフビを生み出すことに
新たな意味が見出されてくる。それはほかでは味わえない
不可思議な脳内の空間創出といえるものだ。

いわばお客それぞれが妄想支援ツールとして
意味付与して楽しめるメーカーさんといえる。
森かつら氏も特に自社の存在を明確には定義せず、
お客のイメージングに任せているようなところもある。
そもそもREAL×HEADはソフビを通して集まった集団の
ようなものであるといつかは言っていたし、
実はメーカーかどうかさえもわからない。

その点をプロダクツのミリキとつなぎあわせて考えると、
REAL×HEADはいわばメーカーサイド、お客の区分なく
ソフビを通して何かを幻視し、さらに不可視な先に向けて進む
関わる者、個々の推進力をリチャージする集団
のようなもの・なのかもしれない。









DR.STRANGE TOYSさんのミュータントジガオス。
先日のパチサミで抽選品としてふるまわれたアイテム。
異形にしてコミカル。エヴァンゲリオンの新装備あたりを契機に
さいきんこういうピンが一斉に惹起してるような
メカやクリーチャー表現が気になります。



一見、和菓子やさんかと。
思わず口に運びたくなる。











某スポーツ新聞の連載漫画に出てくる
スタミナまんまんなオットセイくんと対決するミロクカオスマン。
オットセイくんもこうして真頭の店内に生息してると
妙にハマってません?



新たにリリースされたツートンカラー人造人間カラーの
真夜快速アディオス。「なぜだ、電車なのに人造人間カラー?」
(アクマイザー3のサブタイトル風)と一瞬思っても
そんな意味を超越して現物がさきに存在し、
ソフビとして存在を主張することで
見る者の脳内に塗装パターンとキャラクターから
妄想がかきたてられ増殖、ストーリーと意味がつむぎだされるのが
REAL×HEADキャラクターの独特なミリキ、真骨頂といえます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カイジュウブルー×ITOKINPARK | トップ | パチモンサミット2010冬完 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。