角倉邦良

地方分権改革実現! 対話と現場主義 - すばやく実行  群馬県議会議員 角倉邦良の活動報告

2017.5.17 どうすれは八ツ場ダムは止まったのか!

2017-05-17 23:55:26 | 日記
着々ととすすむ八ツ場ダム本体工事。痛々しくそして悔しさが滲む工事風景。なぜ八ツ場ダムは止めることができなかったのか。どうすれは八ツ場ダムは止まったのか。この課題について検証し答えを出さなければならない。

今後、政権交代が実現したときに進行中の大型公共事業などに政策転換の行う時に八ツ場ダムの失敗教訓化をしておく必要があります。

八ツ場ダムを止めるためのポイントは自治体の水利権保障、ダムに変わる洪水対策の対案としての利根川の堤防強化、水没予定地域の生活保障などでした。こうした課題について当時の民主党政権が全く備えがなく政権交代すれば何とかなるとの楽観論に立っていたことは間違いありませんでした。

本日、ジャーナリストの方に八ツ場ダムについて話しを聞く機会があり八ツ場ダムの再考をしたわけです。一連の民主党政権の失敗のプロセスを未来に反転させるために是非とも八ツ場ダム問題の再検証を行いたい。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017.5.16 ビールの季節 | トップ | 2017.5.18 清水保育園の制服 »
最近の画像もっと見る